日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

12月の朝日杯とホープフルS、そして来年のクラシックへ。東スポ杯2歳ステークス

2014年11月25日 | 競馬

勤労感謝の日の振替休日だった24日は、東京競馬場で第19回東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ・芝1800m)が行われました。数多くのGⅠ馬を輩出しているこのレース、昨年ははイスラボニータが勝ち、後に皐月賞馬へと出世を果たしました。今年はどの馬が来年のクラシックに名乗りを上げるのか?そして、前日は波乱続出で的中無しに終わり、4億円以上がキャリーオーバーとなったWIN5の結果はどうなった?


東スポ杯2歳ステークスには、新潟2歳ステークス2着②アヴニールマルシェ、札幌2歳ステークス2着⑦マイネルシュバリエ、父はディープインパクト、母の父キングカメハメハという③グリュイエール、 ハービンジャーの初年度産駒⑨クラージュシチー、府中1800mの新馬戦を勝っている①サトノクラウン、オグリキャップの孫⑤ストリートキャップ、2連勝中の⑧ジャストドゥイングなど2歳馬13頭が参戦しました。
スタート前、サトノクラウンがゲート内で立ち上がる仕種を見せたが、何とか無事にゲートを出られた。④ペガサスボスが好スタートを切り、グリュイエールが前に出るも掛かってしまう。それを横目にマイネルシュバリエが鼻に立ってレースを引っ張る。2番手集団にはグリュイエール・ペガサスボス・ストリートキャップの3頭が並び、アヴニールマルシェはその後ろの5番手追走。6番手ジャストドゥイング、7番手⑥グァンチャーレ、その後ろの8番手グループにはサトノクラウン・クラージュシチー・⑪ソールインパクトの3頭。11番手スワーヴジョージ、12番手⑩エミネスク、最後方13番手に⑫ディアコンチェルト。
3コーナーを回り、シュバリエが単独先頭、ペガボス単独2番手、ドゥイングとアヴニールが5,6番手で並び、ソールが大外に持ち出し、クラージュは馬群の中。4コーナーから最後の直線に差し掛かり、マイネルシュバリエがまだ逃げるが、真ん中からジャストドゥイング、ソールインパクト、外からストキャ、スワーヴ、大外からエミネスクと先頭争い横一線。残り200mでソールが僅かに先頭だが、クラージュシチーとサトノクラウンも上昇。ラスト100を切ってアヴニールマルシェがインを突いて抜け出したかと思いきや、ゴール前でクラウンが馬群を割ってアヴニールをかわしてゴールイン!サトノクラウン最後の最後で逆転勝ち!ライアン・ムーアの豪腕でライバルを捻じ伏せました!


東京スポーツ杯2歳ステークス全着順&払戻金
1着①サトノクラウン    1分47秒9
2着②アヴニールマルシェ  クビ
3着⑪ソールインパクト   3/4馬身
4着⑩エミネスク       クビ
5着⑨クラージュシチー   ハナ
6着⑬スワーヴジョージ   1/2馬身
7着⑥グァンチャーレ     クビ
8着⑫ディアコンチェルト  1馬身1/4
9着③グリュイエール     ハナ
10着⑩ジャストドゥイング   クビ
11着⑤ストリートキャップ  1馬身1/2
12着⑦マイネルシュバリエ  クビ
13着④ペガサスボス     クビ

単勝 ① 810円
複勝 ① 240円 ② 120円 ⑪ 560円
枠連 [1]-[2] 1,040円
馬連 ①-② 1,020円
馬単 ①-② 2,440円
ワイド ①-② 400円 ①-⑪ 2,930円 ②-⑪ 1,140円
3連複 ①-②-⑪ 8,130円
3連単 ①-②-⑪ 40,850円


来年のクラシックを占う一戦は、直線での激しい先頭争いの末、サトノクラウンがゴール前差し切って優勝しました。残り200m時点では馬群の中にいて、前塞がりと厳しい位置にいましたが、残り100mを切ったところで一気にこじ開け、先に抜け出したアヴニールマルシェを捕らえました。アヴニールもインを上手く突いて勝利を確信したはずが、最後に逆転負けで2着。前走の新潟2歳ステークスに続いての重賞2着なので、どんだけ勝ち運がないんだろうと思います。今回の結果で「シルバーコレクター」と呼ばれそうですね。2番人気だったクラージュシチーは5着、3番人気のグリュイエールは序盤で掛かってしまったことが響いて9着に終わりました。
勝ったサトノクラウンは、10月25日の新馬戦に続いての2連勝で重賞初制覇。デビュー戦では2着に1馬身半差の快勝、今回は前走より2秒近くタイムを縮めました。クラウンは父がマルジュ、母・ジョコンダⅡという血統。マルジュ産駒がJRAの重賞を勝ったのは今回が初めてとなります。同産駒には98年香港ヴァーズに勝ち、99年のジャパンカップで2着に入ったインディジェナス、クイーンエリザベス2世カップ(香港)で2勝を挙げたヴィヴァパタカなどがいます。
鞍上のライアン・ムーア騎手は、今年の重賞初勝利。今月8日から短期免許を利用して来日し、すでに11勝を挙げています。来日直前にはコックスプレートとメルボルンカップの豪州2大GⅠ競走を勝っており、今まさに絶好調です。来週のジャパンカップでは、ジェンティルドンナに騎乗予定。またも豪腕が炸裂するか?


さて、衝撃の的中無しから一夜明けた24日のWIN5、またも波乱は起きたのでしょうか。
対象1 京都9レース・秋明菊賞 ①ムーンエクスプレス(4番人気)
対象2 東京10レース・西湖特別 ⑯トーセンマイティ(2番人気)
対象3 京都10レース・花背特別 ⑯ダノンバトゥーラ(2番人気)
対象4 東京11レース・東京スポーツ杯2歳ステークス ①サトノクラウン(4番人気)
対象5 京都11レース・醍醐ステークス ①マコトナワラタナ(3番人気)

というわけで、今回のWIN5は「①-⑯-⑯-①-①」の組み合わせ。789票が的中し、払戻金は154万1,710円でした。この日は前日同様1番人気が全敗で、4番人気以内の馬が勝利しました。それに1番と16番しか1着に来てませんねえ。いつも思うんですけど、キャリーオーバー分がある時のWIN5は、堅い決着で配当も安くなるんですかね?


来週・11月30日は東京競馬場で第34回ジャパンカップが行われます。JC3連覇を狙うジェンティルドンナ、凱旋門賞に参戦したハープスターとジャスタウェイ、皐月賞馬・イスラボニータ、ダービー馬・ワンアンドオンリー、さらにはフェノーメノとスピルバーグの春秋天皇賞馬、不振脱出を狙うエピファネイアなど豪華メンバーが集結。海外からはアップウィズザバーズ(カナダ)、トレーディングレザー(アイルランド)、アイヴァンホウ(ドイツ)の3頭が出走します。国内外のGⅠ馬が多数参戦する今年のJC、これを見逃したら後悔必至になるかも!




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ