日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

少しでも首位との差を縮めようぜ!

2008年07月09日 | HAWKS

ようやく連敗を7で止めた福岡ソフトバンクホークスは、8日から西武ドームで埼玉西武ライオンズとの2連戦。連敗すれば自力Vが消滅する可能性もあるので、1つでも勝って差を縮めたいところです。

火曜日の第1ラウンドは杉内俊哉が先発。大村直之が欠場、3番に松田、5番・ファーストにレストビッチ、6番・中西、7番・辻、8番・長谷川、9番・高谷と6番以降は若手主体という打順に。高谷は今季初めてのスタメンマスクです。柴原・小久保のベテラン組が故障でスタメンから外れている分、若手組には結果を残して欲しいところでした。
1回、ソフトバンクは1死から川崎がセンター前ヒットを放つと、3番・松田がショート内野安打で1,2塁と先制のチャンス。松中三振で2死後、レストビッチが三遊間を破るレフト前ヒット。2塁から川崎が生還し1点を先制します。その裏、マウンドに上がった杉内は、1死をとった後、栗山に内野安打を許しますが、中島を3塁ゴロ併殺打に打ち取って無失点。2回には2本のヒットで2死1,2塁とピンチを迎えましたが、細川を2塁フライに打ち取って同点を許しません。
3回、杉内は2死から栗山に四球を与えると、続く中島を打ち取ったかに思われましたが、打球は川崎と中西の間に落ちてしまいます。記録は2塁打、1塁から栗山が生還。アンラッキーな形で同点に追いつかれます。大村だったら余裕でキャッチできたんだけどなあ。
同点に追いつかれた直後の4回、先頭の中西が右中間への2塁打でさっきのポカを帳消しにすると、辻の犠打で1死3塁と勝ち越しのチャンス。長谷川、高谷の連続四球でチャンスが拡がりますが、本多が2塁フライで2死。川崎は遊撃ゴロで3アウトかと思われましたが、西武遊撃手・中島が悪送球!2人が生還して勝ち越しに成功します。なおも2,3塁とチャンスが続きましたが、松田は2塁ゴロに倒れて追加点ならず。この回は相手のミスで2点を奪い、3-1としました。
杉内は4回にこの日初めての3者凡退に抑えます。5回も2者連続三振で2アウトと勢いづいたかに見えましたが、片岡にヒット→盗塁を決められて2死2塁。ここで栗山にレフト前ヒットを浴びて1点を返され、1点差とされます。なおも一発が出れば逆転の場面でしたが、中島をライトフライに打ち取って3アウト。何とか1点を守りきりました。
ソフトバンク1点リードの7回、ここまで3打席全て出塁している川崎が内野安打で出塁。松田四球で無死1,2塁、このチャンスに松中に打順が回りましたが、結果は遊撃ゴロ。松中は全力疾走で併殺を逃れました。1死1,3塁となったところで、西武は先発の石井一久に代えて山岸を投入。対するソフトバンクはレストビッチの場面で代打に柴原が登場。その柴原は2塁ゴロ。2塁はアウトとなりますが、柴原セーフで1点追加します。柴原は代走・明石と交代。続く中西が山岸のカーブをレフトへ弾き返すと、打球は左翼手の頭上を越えてフェンス直撃。1塁から明石がホームへ突入、セーフで1点追加かと思われましたが、ベース踏み忘れでまさかのアウト!中西の好打も台無しに終わりました…。王監督が猛抗議するも判定は覆らず。結局7回は1点のみ。
7回の悲劇で流れが傾くかと思われましたが、杉内がそれを食い止める好投を見せます。その裏の西武の攻撃を3人で抑えると、8回も3者凡退。6回から3イニング連続で3者凡退と完投する勢い。9回、ソフトバンクは先頭の本多が右中間を破る3塁打でダメ押し点のチャンス。続く川崎がセンターへの犠牲フライで1点を追加して、西武との差を3点に拡げます。その裏、杉内は西武打線を3人に抑えて試合終了。ソフトバンクが杉内の完投勝利で5-2と西武に勝利しました。


西 武-ソフトバンク 13回戦
(西武7勝6敗、西武ドーム、18:00、13486人)
H 100 200 101  5
L 001 010 000  2
【投手】
(ソ)杉内-高谷
(西)石井一、山岸、星野-細川
【責任投手】
(勝)杉内16試合7勝5敗
(敗)石井一15試合7勝5敗


西武との第1ラウンドは杉内の好投と川崎の猛打賞で勝利しました。先発の杉内は打者33人に対して117球、被安打6・7奪三振・2失点で今季7勝目。6回以降はパーフェクトピッチングで、「おかわり君」中村を3打席連続三振に仕留めました。完投勝利はこれで5度目。先発投手が勝利投手になったのは、6月19日の東京ヤクルト戦(神宮)での大隣以来12試合ぶり、実に21日間も白星がありませんでした。ソフトバンク先発陣もう少し頑張って欲しいですな。
打線のほうは10安打で5得点。ベース踏み忘れさえなかったら6点で勝っていたし、中島のミスさえなかったら1点差で辛勝だったと思います。(明石が踏んでいて+中島の送球ミス無しだったら2点差)まあ勝ったから良かったけどさ。川崎が4打数3安打、4打席連続出塁で勝利に大きく貢献。レストビッチは3打数2安打、2試合連続タイムリーでスタメン起用に応えました。中西も2本の2塁打。2本目2塁打はの幻の打点でした。杉内のパートナーを務めた高谷にも今季初安打が出ました。長谷川と辻は無安打に終わりましたが、今後も期待したいところ。今後1軍に定着するためには、粗削りなところをちゃんと直しておいたほうがいいと思います。特に守備が悲惨なので…。だってお見合いと交錯があるんだもん。それにこの日は中西が川崎とお見合いして一時同点にされたんですから…。
これで勝率を5割に戻したソフトバンク。楽天がオリックスに敗れたため同率3位に浮上、首位との差を5に縮めました。9日も勝てばゲーム差が4になるかも?7連敗した後は連勝を続けてよ。それに少しでも首位との差を縮めておくことも大事ですよ。

追記:王監督が明石の踏み忘れに関して5分間も抗議してギリギリのところで退場を逃れました。試合後も「世界中に今日の映像を流してほしい」と相当おかんむりだったそうです。世界中に今日の映像を流してほしい>だったら、Youtubeでチェックするしかないね。俺だってあのジャッジは納得いかないし。みんなそうでしょ?



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
コメント (2)   トラックバック (16)