日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

EURO2008最終決戦! ドイツVSスペイン

2008年06月30日 | soccer

とうとうこの日がやって…、キタぁーーーーーーーっ!(山本高広風に)
サッカー欧州選手権・「EURO2008」は決勝戦!決勝戦のカードは、グループB・2位から勝ち進んだドイツと全勝で勝ち上がってきたスペインの対戦となりました!準決勝では、ドイツは点の取り合いから終了間際にラームの決勝点でトルコに勝利、スペインはロシアに3-0で快勝しました。ヨーロッパの頂点を決める最終決戦、ウィーンの夜空に響くのは「歓びの歌」か「禁じられた遊び」か?

両チームのスタメンです!
ドイツ
GK 1 レーマン
DF 3 フリードリッヒ
DF16 ラーム
DF17 メルテザッカー
DF21 メッツェルダー
MF 7 シュバインシュタイガー
MF 8 フリングス
MF13 バラック
MF15 ヒッツルスペルガー
MF20 ポドルスキー
FW11 クローゼ
スペイン
GK 1 カシージャス
DF 4 マルチェナ
DF 5 プジョル
DF11 カプデビジャ
DF15 セルヒオ・ラモス
MF 6 イニエスタ
MF 8 シャビ
MF10 セスク
MF19 セナ
MF21 シルバ
FW 9 フェルナンド・トーレス
ドイツはラッキーボーイ・シュバインシュタイガーが先発、負傷により欠場がうわさされたバラックも先発出場です!FWはポドルスキーとクローゼの2トップ!スペインはシルバが負傷欠場となりましたが、セスク、シルバ、イニエスタ、シャビの「クアトロ・フゴーネス」(4人の創造者)が全員出場!

さあキックオフ!前半はスペインボールで開始。スペインは自陣でボールを回している。セナがサイドチェンジのパスを狙うがラインを割ってドイツボール。3分、いきなりドイツがチャンス!ラモスのクリアをクローゼが奪うもシュートまで持ち込めず。対するスペインはシャビのロングボールにトーレスが合わせようとするもオフサイド。4分、ドイツは左サイドのラームが突破してクロスを上げるが、ボールはゴールラインを割る。7分、ドイツはバラックが左サイドでプジョルを交わしてクロスを入れるが、シュバインシュタイガーには合わせられず。9分、またも左サイドからチャンスを作ってクローゼがグラウンダーのクロス、中央から飛び込んできたヒッツルスペルガーがミドルを狙うがカシージャスがキャッチ。前半10分経過。この時間帯はドイツペースで進んでいます。
11分、スペインは中央からロングボールを入れるもトーレス合わせられず。12分、ドイツがこの試合最初のCKを獲得。CKをシュバインシュタイガーが蹴るが、カシージャスがパンチング。こぼれ球を拾って回してクロスを入れるが、これもカシージャスが抑えました。ドイツの猛攻に防戦一方気味のスペイン、中盤のパス回しからチャンスを作るもクリアされる。13分、スルーパスに反応したイニエスタが飛び出すが、ドイツDFがクリア。ボールはあわやオウンゴールかと思われたが、レーマンが弾いてCK。続くCKは決定的な場面は生まれませんでした。15分、スペインは中央でイニエスタが倒されてFK。このFKをシャビが直接狙いましたが、ドイツGK・レーマンがキャッチ。17分mフェルナンド・トーレスがペナルティエリア内で切りこんでいくが、メルテザッカーが阻止。15分付近からスペインの時間帯となりました。19分、フェルナンド・トーレスが右サイドで倒されてFKを獲得。シャビのクロスにトーレスが頭で合わせるが、バーを越える。
20分経過。スペインペースで進んでいます。シャビがバラックと接触してFK。右サイドからセスクがラモスにパス。ラモスのクロスをトーレスがヘッド!ボールはポストに弾かれる!こぼれ球にカプデビジャがシュートを放つも左に外れました。この試合最初の決定的場面といって良いでしょう。対するドイツは24分にCK獲得。シュバインシュタイガーのセンタリングをプジョルがクリア、今度は左サイドのクロスからバラックがボレー!これをセルヒオ・ラモスが飛び込んでブロック!25分、スペインはカプテビジャが左サイドから抜け出してグラウンダーのクロスを入れるが、レーマンがキャッチ。26分、ドイツ・ポドルスキーが抜け出して誰かに合わせようとしたが、スペインが奪った~。スペインのカウンターはシュートまでには行かず。29分、スペインはカウンターからトーレスが抜け出すが、ドイツDFが追いついてブロック。CKはスペインのファウルがあったのでドイツボールに変わります。
30分、セスクが中央でミドルを放つがレーマンにキャッチされる。33分、中央からのパスに反応したトーレスが突破してシュート、レーマンが飛び出してしまいボールはゴールに吸い込まれた!遂にトーレスにゴールが生まれた!決勝戦先制点はスペイン!2点目を狙うスペインは34分、イニエスタが左サイドで抜け出して、ペナルティ内でラストパス、シルバが合わせるが失敗。ここはシュート打つべきだろイニエスタ!35分、ドイツのバラックが目の上を切ってしまう。非常事態のドイツ。バラックの夢は前半で終わってしまうのか?36分、ドイツは左サイドでFK。シュバインシュタイガーの蹴ったボールは逆サイドに流れてしまいました。37分、バラック復帰。耳の後ろにも血が流れてるんですけど…。また止血作業するのでした。38分、スペインはイニエスタの低いボールにシルバが飛び込むも合わせられません。
前半40分、ドイツは右サイドでFKを獲得。ヒッツルスペルガーの蹴ったボールはセナがクリアするが、ボールはCK。右CKはカシージャスがクリア。こぼれ球を奪うとシュバインシュタイガーが左サイドからクロスを入れるがCK。左CKをヒッツルスペルガーがボレーを狙うが、スペイン選手がクリア。42分、バラックと異議申し立てしたカシージャスに警告が出される。40分からまたドイツの時間帯となってきました。44分、スペインはカウンターからイニエスタが抜け出すと、ペナルティ内で切り返して相手に当たってCK。左CKをショートで繋いでクロスを入れるが、ドイツのラームがクリア。前半は1-0とスペインリードで終了。

スペインのエース、フェルナンド・トーレスに大会2得点目が生まれました。決勝トーナメントでは何度も惜しい場面がありましたがなかなかゴールを奪うことができず。ようやくエースとしての役目を果たすことができました。対するドイツは、まだ1失点と言ってもいいくらい。後半の反撃で同点が奪えるかどうか?でもスペインは守りも良いので崩すのは簡単じゃないかも…。次の1点で試合の展開が大きく左右するでしょう。このままスペインが逃げ切るか、あるいはドイツが同点&逆転するか?後半も目が離せない!

後半先にドイツが動きます。ラームに代わってヤンセンが入る。ラームが外れたことでドイツはどうなるのか?さあ後半キックオフ。まずドイツは開始1分、クローゼが飛び出しますがオフサイド。2分、ドイツは中盤でのパス回しでチャンスを作るが、スペインがカット。対するスペインは右サイドにいたイニエスタが交わすが、相手にブロックされる。4分、スペインはトーレスが裏を通ろうとしますが倒され、ファウルもなし。5分、クローゼがマルチェナに腹部を蹴られる。担架に運ばるかと思われましたが、何とか立ち上がります。6分、スペインがボールを奪うが、クロスボールをヒッツルスペルガーがクリア。7分、ドイツがボールを奪うと、クローゼとポドルスキーにパスを出そうとしますが、スペインがカット。今度はスペインが奪ったボールをトーレスがクロス。シャビがシュートも相手に当たってCK。左CKのこぼれ球をシルバがシュート、ラモスが合わせるも左に外れました。
10分、シャビの低めのロングボールにトーレスがとびでしてシュートを放とうしたが、飛び出してきたレーマンが阻止!今度は中盤でパスが回り始めたスペイン。余裕の表れ?ドイツは2人目にクラニーを投入予定。12分、スペインはイニエスタが中央で倒される。ここでドイツはヒッツルスペルガーを下げてクラニーを投入。13分、セスク→シルバ→最後はセルヒオ・ラモスが狙っていくが右に外れる。14分、ドイツはヤンセンのクロスにシュバインシュタイガーが落としてバラックがミドル!ここは右サイドネットに当たる。今度はシュバインシュタイガーのパスにクラニーが狙うもオフサイド。だんだんドイツの流れになってきたか?15分、左サイドにいたバラックのクロスにクラニーが合わせるも、カシージャスが先にセーブ。同点の匂いがしてきたぞ…。17分、ドイツはボールを奪うとクローゼが中央でドリブル突破。最後は味方に当たってゴールならず。ここでスペインは最初の交代。セスクに代わってシャビ・アロンソを投入。18分、ポドルスキーがボールの無いところ倒される。この後シルバが頭突きをしたとドイツ選手がもう抗議するも認められず。シュバインシュタイガーのFKはダメでした。
20分、今度はシルバを下げてカソルラを投入したスペイン。クアトロ・フゴーネスがバラバラに。21分、ドイツ・メツェルダーのハンドでスペインにFK。このFKをセルヒオ・ラモスがダイビングヘッド!しかしレーマンが止めた。その後のCKをイニエスタが強烈シュート!これをフリングスがクリア。23分、イニエスタが浮玉シュートを見せるもこれもレーマン。ドイツ運も味方?でも守備陣が危ない。24分、ドイツはフリングスがゴール前で合わせることができない。今度は左サイドでヤンセンが倒されてFK。このFKをフリングスが蹴るみたいです。蹴ったボールはカシージャスがパンチング。26分、ドイツ・ヤンセンのクロスにクラニーが合わせるもカピトビジャが抑える。この後クラニーがカピトビジャを倒してしまう。28分、ドイツは右サイドにボールが渡るもクローゼがオフサイド。ドイツ・メルテザッカーを倒したフェルナンド・トーレスに警告。
後半30分経過。まだ1-0でスペインリード。スペインはトーレスが相手を交わすがシュートが打てない。今度はボールを奪ってカウンター。シャビからアロンソ、最後はトーレスが狙うもダメ。右CKをショートで繋ぐも最後はクロスが流れる。ボール支配率はドイツ53%:スペイン47%。ここでスペインは3人目にグイサを投入。対するドイツはクローゼを下げてゴメスを入れる。そのゴメスはスペイン系ドイツ人。いよいよ試合時間も残り10分。ドイツも運動量が落ちてきた?これでは同点は無理だろう。35分、スペインはセルヒオ・ラモスがドリブル突破するが、ヤンセンがクリアする。36分、セナがドリブル、右サイドのカソルラのクロスにフリーのグイサが落として、最後はセナが合わせるも空振り。37分、スペインは右サイドでFKを獲得。FKをシャビが中央にパス。アロンソがミドルも相手に当たる。39分、スペインは左CKを獲得。グイサがサポーターを煽る!ショートで繋ぐと、セナが中央でクラニーに倒されてFK。これは時間的にもダメ押し点のチャンス!シャビが狙うもバーを越える。
残り5分、ドイツはどうする?スペインのプレスでクロスが上げられない。放り込むもオフサイド。42分、セナを倒したクラニーに警告。焦ってるのはわかるが、ファウルは禁物。90分まで残り1分。ドイツはパワープレーでチャンスを掴むと、ペナルティエリア内でファウル!しかし、これはゴメスのファウル。ロスタイムは3分。3分で同点ゴールは生まれるのか?無理か?ドイツは右サイドでクロスを上げるが、ゴメスが届かない。スペインはボール回しで時間を稼いで、アロンソが飛び出るもレーマンが抑える。ロスタイム残り1分。ドイツはラストチャンスにかけるが、パワープレーもスペインがブロック。終了間際にメルテザッカーが倒れるも試合終了!スペインが44年ぶり2度目のEURO制覇!この試合を最後に退任するアラゴネス監督有終の美を飾りました!


最後までスペインの守りは崩れませんでした。攻撃陣もフェルナンド・トーレスがエースの仕事をやってくれましたね。中盤のパス回しからチャンスを作り続け、最後は相手守備陣の心を折るかのように点を決める。スペインの激しく守って華麗に攻めるスタイルは見ていて面白かったです。南アフリカW杯でも華麗なプレーが見てみたいです!「クアトロ・フゴーネス」も2年後には更なる進化を遂げているかもしれません。もし遂げていれば、悲願のW杯制覇もあるんじゃないでしょうか?
それにしても44年間は長かったですね…。84年以降はW杯でもベスト8止まりが続いてました。でも、今回はベスト8でイタリアに勝利。長い呪縛から解き放たれると、準決勝はロシアに完勝。そして決勝でドイツに勝利しました。グループリーグ3連勝、決勝トーナメントは3試合無失点の完全優勝。チームも22戦負け無しとまさに「無敵艦隊」に相応しいチームです。スペイン代表の皆さん、優勝おめでとうございます!
というわけで、スペインの優勝で幕を閉じた「EURO2008」。クリスチアーノ・ロナウド率いるポルトガルが本命に挙げられていましたが、準々決勝で敗退。死のグループCではオランダが3連勝で首位。イタリアがカテナチオ崩壊のあとフランスに快勝。フランスは1勝もできぬまま敗退。決勝トーナメントでは、ロシアがヒディンクマジックでオランダを撃破すれば、トルコの「ミラクル行進曲」と伏兵がベスト4まで上り詰めました。クリスチアーノ・ロナウドの大会と思われていましたが、最終的には「無敵艦隊」のEUROとなりました。次回は2012年でウクライナとポーランドの共催で行われます。4年後も楽しみにしています!



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
コメント (4)   トラックバック (36)

エイシンデュピティ逃げ切りVで春のグランプリホースに輝く!

2008年06月30日 | 競馬

2008年上半期競馬界の大一番・第49回宝塚記念(GI・阪神芝2200m)が29日行われました。ファン投票1位のウオッカ、昨年の有馬記念馬・マツリダゴッホ、春の天皇賞馬・アドマイヤジュピタが参戦しない中、昨年のこのレースで2着、完全復活を狙うメイショウサムソン、菊花賞馬・アサクサキングス、宝塚を制してキングジョージに弾みをつけたいロックドゥカンブ、他にもアドマイヤオーラ、エイシンデュピティ、アルナスラインなどが参戦し、14頭が春のグランプリホースの座に挑みました。

直前の単勝オッズでは、②メイショウサムソンが単勝1番人気(2.1倍)、2番人気には⑧ロックドゥカンブ(6.9倍)、④アルナスラインが3番人気(7.7倍)、4番人気の⑪アサクサキングス(8.7倍)までが単勝オッズで10倍を切っていました。
3年連続で雨の中の決戦は、スタートで⑫カンパニーが出遅れます。ロックドゥカンブ、⑦アドマイヤフジ、①インティライミ、⑨エイシンデュピティの4頭が先行争いをしましたが、最後はエイシンデュピティが先頭に立ちました。アサクサキングスは5番手、メイショウサムソンは10番手でゴール板を通過。2コーナー通過して、デュピティが先頭、ロックが2番手、アサクサは6番手、アルナスラインは7,8番手のところで⑤サクラメガワンダーと並走。その後ろにサムソンがつけている。後方争いでは⑥アドマイヤオーラが11番目、⑩ドリームパスポートが後方から2番手、最後方には10歳馬の⑬アサカディフィートが離される展開で3コーナーへ。
残り600mでまだデュピティが先頭キープ、外からサムソンが追撃開始。アサクサも動いてきました。その外からドリームパスポートや⑭エアシェイディも来ている。残り400mを切って最後の直線!まだエイシンデュピティ先頭、2番手からアサクサキングスが詰めて来るがデュピティがまた引き離す。残り200で外からメイショウサムソンが追い上げて先頭を捉える勢い!間からインティライミが突っ込んで2番手まで浮上。そしてゴール前、逃げ粘るデュピティをサムソンが交わしたかどうか微妙なところでゴール!
ゴール前の際どい勝負の結果、エイシンデュピティが何とか逃げ粘って先着、メイショウサムソンは惜しくも2着。デュピティとサムソンの間に挟まれていたインティライミが3着でゴールしました。

最終成績&払戻金
1 エイシンデピュティ 2:15.3
2 メイショウサムソン アタマ
3 インティライミ   クビ
4 サクラメガワンダー 1.1/2
5 アサクサキングス  1/2
6 アドマイヤフジ   1/2
7 エアシェイディ   1/2
8 カンパニー     2
9 ドリームパスポート 1.3/4
10 アルナスライン   1
11 フォルテベリーニ  クビ
12 ロックドゥカンブ  9
13 アサカディフィート 3.1/2
14 アドマイヤオーラ  2.1/2
単勝
9 1,130円
複勝
9 300円 2 130円 1 680円
枠連
2-6 880円
馬連
2-9 1,080円
馬単
9-2 3,200円
ワイド
2-9 470円 1-9 3,740円  1-2 1,420円
3連複
1-2-9 10,660円
3連単
9-2-1 55,780円


2008年の中央競馬ベストバウト候補の一つに入りそうな今年の宝塚記念は、エイシンデュピティが逃げ切り勝ちで嬉しいGI初制覇を成し遂げました。1番人気のメイショウサムソンは頭差の2着、3番人気のアサクサキングスは4着、アルナスラインは10着、ロックドゥカンブは終盤失速して12着の惨敗、アドマイヤオーラは最下位に沈みました。
優勝したエイシンデュピティに騎乗した内田博幸騎手はJRA・GI2勝目。中央移籍してからは初のGI制覇となりました。内田騎手は今年の3月に移籍したばかりです。今年の上半期は、小牧太、岩田康誠騎手といった移籍組がGIレースを優勝してますね。宝塚記念で逃げ切りVを果たしたのは、98年のサイレンススズカ以来10年ぶりです。
エイシンデュピティは、前回GIに挑戦した昨年の天皇賞・秋では8着に入線しながらも進路妨害で14着に降着したという悔しい思い出がありました。その時の優勝馬がメイショウサムソンだったわけです。その悔しさがきっかけとなったのか、京都金杯で優勝、大阪杯ではサムソンに先着して2着、前哨戦の金鯱賞を制して、宝塚で天皇賞の借りを返したのとともにサムソンにリベンジを果たしたのでした。今後は秋の天皇賞に挑戦予定。サムソン、アドマイヤジュピタ、ダイワスカーレットらを退けて真の古馬№1になれるのか?
2着に終わったメイショウサムソンは、またもゴール前での接戦に敗れました。春の天皇賞ではアドマイヤジュピタに粘られて頭差の2着、今回も同様アタマ差で2着でした。ちなみにアドマイヤジュピタとエイシンデュピティは同じフレンチデュピティ産駒。サムソンにとってフレンチデュピティ産駒の馬は天敵なのでしょうか?こうなったら秋の天皇賞or凱旋門賞は「復活請負人」・岩田騎手に頼むしかない?
そんな中でかなり心配なニュースが。12着で惨敗したロックドゥカンブですが、レース中に故障発生してしまい、診断の結果左後繋靭帯断裂を発症していたことが判明しました。最後の直線で失速、ゴール通過後に岩田騎手が下馬したことで故障して骨折しているんじゃないかと心配していました。幸いにも骨折ではありませんでしたが、靭帯断裂は非常に痛そうです。全治は未定ですが、年内絶望どころか競走能力喪失により引退の可能性もあります。一日でも早い回復をお祈り申し上げます。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
トラックバック (21)