dashelo の 『さて、見にいこ。』

大好きなダムをはじめいろいろな所を勢いだけで行ってしまう、私の行動を晒す行動日記です
生暖かくお付き合いくださいませ

大滝ダム、提体内を見てきた。

2009年05月20日 23時19分34秒 | ダム 奈良県
さて10時30分になり、集合場所に集合しました。
この時、思ったより人が多くてびっくりしました。

職員の方に先導されて、天端左岸側まで歩きます。
その少し前に撮った写真です。
監査廊に、人が3人歩いているのがわかりますか?
いかに大きいかということが、比較するとわかります。




そして、「エレベータに乗るので15人ずつになって下さい。」
とのことで、適当に人数を振り分けます。
私は、一番前あたりにいたので一番最初のグループになります。
そして、提体脇の階段を下りていきます。
すぐに、あの監査廊に続きます。




階段から、いよいよ監査廊に足を踏み入れたとき、
「おぉ~!!」とか、「これは!!」とかダムマニアからは歓声があがります。
明るく、開放的なので監査廊という気がしません。
運用が開始されたら、ここだけでも、開放してほしいなぁ。無理かな。。。




そのまま、エレベーターに乗り込みます。
エレベーター内にあったダムの正面図です。
B5Fまで降ります。




エレベーターから降りたところです。





傾いてる・・・。
でも遅れないように一枚撮って、小走りで追いつきます





左岸側減勢工出入り口になります。 ここから、出てきました。




そして、見上げた景色にまたもや歓声を上げる私達。
この時、私達はひとつになりました。(…と勝手に思い込んでいます。)





職員の方から、それぞれの放流設備などの基本的な説明がありました。
説明があった後、「この後10分くらいの撮影タイムがありますよ。」
そして、自由に見学して下さい。とのことで、さっそく写真撮影・・・ではなく、
職員の方々(2名、いらっしゃいました。)に詰め寄る私達。
貴重なお話がたくさん聞けました。




見学はここまででした。 
この後、またエレベーターで天端に戻って解散です。
提体がまだ新しいので、そのコンクリートの色とクレストゲートの緑の色、
空の青さのコントラストにやられました。
だた、私の撮影技術の未熟さで、それが表現できませんが(´・ω・`)。




最後になりましたが、案内していただいた国交省の方々、
ある掲示板を通して、縁を結べたダムマニアの皆様、
とても、楽しい時間を共有できたことを感謝します。
ありがとうございました。
また、どこかのダムでご一緒できたらいいですね( ´∀`)人(´∀` )



この後、三重県、蓮ダム→大阪府、狭山池ダムに行きました。
そのレポは、また後日。
コメント (1)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大滝ダム、見てきた。 | トップ | 蓮ダム、見てきた。 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (人形)
2015-10-12 21:33:50
だしぇろさん、ご無沙汰振りです。
ゴブサタブリと言う日本語はありませんね(私的語です)

今日、大滝ダムに行ってきましたよ。天気も気候も良いのに見事な過疎っぷりでした。笑 
前から気になっていたケーブルクレーンに登ってみました。天端を渡って急勾配な通路を歩き、渡廊下的な階段を昇ってクレーンのレールの上に到着です。
黒部他5つのダム建設に使用されたと書いてありました。ここでドローンを飛ばしている動画をyoutubeで観て一度行ってみたかったので目的が叶いました。(^^)v
堤体内の監査廊にも行けましたが、エレベーターは休止中でしたし、ウイング部の階段も途中で封鎖されていたので下まで降りることは出来ませんでした。
で、防災ステーションなる立派な施設があったのですが、開店休業状態でした。内部の見えない自動ドアの前に立つとなんとオープン!!正面には受付!当然無人!
これ、勝手に入ってえーの?と思いつつ順路の案内通りに進むと「豪雨体験室」たるものやミニシアター、動く模型を使ったダム建設の手順など社会見学的な設備が満載でしたが係員が誰もいないと言う不思議。
てか、管理者は誰?国交省?奈良県?民間委託?採算が合わないなら閉鎖すれば良いのに、この放置っぷりはいただけませんねえ・・・
まあ、自分的にはそこそこ楽しめたので面白かったですが。

ダラダラと乱文すみませんでした。

だしぇろさん、またブログ更新楽しみにしていますよ!
気長に待ってまーす。笑

コメントを投稿

ダム 奈良県」カテゴリの最新記事