dashelo の 『さて、見にいこ。』

大好きなダムをはじめいろいろな所を勢いだけで行ってしまう、私の行動を晒す行動日記です
生暖かくお付き合いくださいませ

畑薙第一ダム、見てきた。

2010年04月26日 22時43分05秒 | ダム 岐阜県
静岡県静岡市にある、「畑薙第一ダム」を見てきました。

高架橋脚ファンクラブのさがみツアーの翌日、骨折した足で行くのはどうかと思案しました。
いかんせん、骨折してからまだ三日目。
でもでも、せっかくコッチの方に来てるのに、まっすぐ京都に帰るはどうかと。
いや正直、前日けっこう歩いたので、イタい。出血もしてるしどうしよう。
でも、行きたい。行きたい! よーし!行くぞー!痛み止めも飲むぜー!

・・・で、よく効いたw。薬のんだしか、脳内汁も全開だったのか
イタくなーい! たぶん、薬を飲んで無くてもイタくたかったんだろうな・・・ww。

このダムは大井川の上流にあるダムで、中部電力が所有している発電用ダムです。
日本国内では中空重力式ダムは13基あり、
その中で提高が125㍍ある畑薙第一ダムは世界一のダムです。(←何気にすごい!!)
しかも、提体の中には発電所をそなえてあり、このダムの下流側にある、
畑薙第二ダムとで揚水発電を行っています。





「畑薙第一ダムのしくみ」です。
もう、消えかかってるというか・・・。 「ホローグラビティダム」かっこいい!




大井川をどんどん上流に向かって車を走らせます。 南アルプスの山々が近づいてきます。
雪も降っていました。もう、FOMA回線もとっくに圏外です。
いよいよ、ダムも提体に近付いてきました。
ダムの右岸側に到着すると、このような、プチ展望台?的なモニュメントがあります。




ちょっとの勾配が、今の私にはキツイw
でも、がんばって登りましたよ。で、この展望。
まぁ、想像はついていましたが、もうちょっと・・・、こう・・・、見えたらなぁ。。。




天端です。
稀に車が通ります。 けっこう、広いですねー。




ダム湖です。 ダム湖の名前は「畑薙湖」です。




天端の真ん中あたりまで進んでいくと、テンダーゲートが4門あります。





テンダーゲートの諸元があります。




天端から、下流側です。



そうそう、提体の一番下の部分がもりっとしてる。




左岸側にきました。 ここからは、よく見えます。
「襟」があるので、パッと見は、中空重力式に見えない感じがします。




左岸側は、とても広くてバス停とか、ちょっとしたお店がありました。
もちろん、閉まっていましたが。 季節のいいときは開店してるのかな?
少し奥の方に進むとこのような、遺構が残っています。




この辺が、一番全体がよく見えるかと思われるのですが。
美しい・・・。しばし見惚れて、雪の中をじーっと見つめていました。
発電用ダムですので、きっとクレストからの放流もあるかと思います。
水が落ちていく様は、どんなにか美しいかと想像しつつ・・・。




管理事務所は、左岸側にあります。
その、管理事務所にはこんなものが、フェンス越しに見えます。
なにやら、透明のアクリル板に説明書きがあります。 目が悪いのであんまり見えない・・・。
帰って調べると、この壷の中には、工事関係者の名簿と金銀銅貨が入っているようです。




管理事務所の横手には、こんな遺構が残っています。
あの上に登れたら、かっこよく見えるんだろうな、と。




ダム湖側からです。
中空重力式ならではのタコ足が水位が低い為、よく見えます。




左岸側からの、天端です。
この畑薙第一ダムは、私にとってダムの中で一番「おっかないダム」。
もう、ダントツ一番! 
沢山のダムを見学してきましたが、アーチ式ダムのキャットウォークよりも、
提高が、100㍍をあっさり超える天端から減勢工を眺めるよりも、
この、畑薙第一ダムの天端が、ダントツにコワい・・・。




その、理由はココ!!
普通、ここはコンクリートが詰まってるはず。
な・の・に! 開いちゃってるよー・・・。。。 すんごく向こう側とか見えちゃってるし。
もし、つまづいたりしてこの向こう側に飛び出しちゃった・・・、とか想像したら、
もうね・・・。
腰を抜かし気味で、ココを撮影してたら
うっかり、レンズキャップを転がしていしまい、気を失いそうになりながら拾ったのは
いい思い出です。




この後、畑灘第二ダムも見学したかったのですが、
足のこともあるし、ふもとまでは行ったけど、携帯の電波も無いところで
何かあったら大変ですし、あきらめて井川ダムに向かいました。
クレストから放流してたのが、木々の間からはチラッと見えてのですが。。。残念!
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 高架橋脚ファンクラブ、「さ... | トップ | 井川ダム、見てきた。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ダム 岐阜県」カテゴリの最新記事