dashelo の 『さて、見にいこ。』

大好きなダムをはじめいろいろな所を勢いだけで行ってしまう、私の行動を晒す行動日記です
生暖かくお付き合いくださいませ

立ヶ畑ダム、見てきた。

2010年03月25日 00時41分32秒 | ダム 兵庫県
兵庫県神戸市の「立ヶ畑ダム」を見てきました。

このダムには、去年の2009年11月に行われた、
「第8回 Dam Web Ring OFF会 神鉄で行く烏原川のダムめぐり」に参加した際に見学したダムです。

当ブログでも<前半>としてレポしましたが、
少し時間もたってしまったので、今回は石井ダムの後に見学したこのダムを
ブログにアップすることにしました。

さて、この立ヶ畑ダムは、
提高33.3㍍、提長122,4㍍、上水道用水専用を目的としたダムです。
で、このダムですが、重力式コンクリートダムで竣工は1905年、明治時代にできたダムです。
重力式アーチダムではないんですね。




提体の裏側です。




天端、左岸側からです。 アーチってますね。 少し奥に見えるのは取水塔です。




さすが、神戸のダム。なんだか日本じゃないみたい。




この取水塔の中を見せていただきました。
上段、中段、下段をそれぞれ取水できるようにこのような設備があります。




天端からです。
このダムの特徴のひとつはこの減勢工です。
なんでこんな減勢工? 真ん中あたりには、左岸側を右岸側を往復できるようになっている
副ダムも見えます。




ダム湖です。 ダム湖に見える水紋はバッキ装置です。
ダム湖の名前は「烏原貯水池(からすはら)」といいます。




さてさて、いよいよ右岸側から普段は立ち入れない、あの減勢工に近づいていきます。
この角度からのダムがカッコイイ!! 石張りの提体ってすごく色っぽい。




減勢工にも近づいてきました。 右岸側から見るとこんな感じに。




先ほど、天端から見えていた副ダムもこんな感じになっています。




その副ダムの上を渡っちゃいます。 ここからは、提体が正面に見えるので
ダムマニア達はうっとりと眺め入ります。




提体の裾はこんな感じになっています。





向こう側には、職員さんが見えます。
それにしても、この減勢工、すごい迫力です。 レンガで造られています。
私のへたっぴ写では伝わらない(´;ω;`)




先ほど、職員さんが立っておられた場所から。
減勢工越しの提体。



この立ヶ畑ダムはとても古いダムですが、しっかりと働いています。
古いものでも、大切に大切に大事に使われています。

ぜひ、神戸にはこんなステキなダムがあります。
周りは公園にもなっていますので、ぜひ暖かくなったら行ってみてください。
ぜったい、いいですよ。
コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 天ヶ瀬ダム、見てきた。<工... | トップ | 高架橋脚ファンクラブ、「さ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (miz0001)
2010-03-26 11:12:42
このダム良い!
ぜひ見に行きたいです
古いけどちゃんとダムの仕事してるんですねー
Unknown (dashelo)
2010-03-26 19:07:10
miz0001様

こんばんわ!いいでしょ?
神戸には、この他に布引五本松ダムや千狩ダムなど
古いダムがあります。 どのダム登録文化財指定になっています。

桜もありますので、すごくいいですよ!
当ブログにお越しいただき、ありがとうございました。

コメントを投稿

ダム 兵庫県」カテゴリの最新記事