zoolog ずーろぐ

パンダとかマレーグマとかホッキョクグマとか なぜかクマばっかり会いに行ってます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

出すタイミングを思いっきり逃したネタシリーズ・その1

2010-12-13 18:39:20 | 旅行
ここのところ更新頻度が低いのはテストやら課題やらで忙しいというのもありますが、どちらかというと書くネタがないっていう理由もあったりします。

だからと言って一応世界中から見られるモノである以上、私的な日記をひたすら書きためるというのもどうかなあと思うわけです(まあ実際見てる人はほとんど知り合い(ry

・・・と、ここで以前ブログのネタ用にと撮影したものの封印されたネタが数多くあることを思い出したので、しばらくそれで頻度を稼ぐことにします(苦笑


ということで、あの死ぬほど暑かった今年の夏休み。父親とドライブに行き、山梨県は上野原を通った時の話。


これは何でしょう?

一見すると公民館のようにも見えるこの建物。実はあるものの「乗り場」なのです。


正体はエスカレーター。「コモア・ブリッジ」というそうな。

これがあるのは中央線の四方津駅前にバブル期に造成された住宅地「コモアしおつ」。
「駅前」と書きましたが、四方津駅は甲州街道沿いにある一方、新たに造成された住宅地は山の上で、高低差は実に88メートル。
そしてこのエスカレーターはコモアしおつと四方津駅を結ぶためのエスカレーターなのです。

エスカレーターはご覧のように1基しかないので、朝~昼間は下り、夕方~夜間は上りとされているみたいです。
それでは逆の需要はどうすればいいのかというと―


斜行エレベーターも2基あります。
写真はエレベーター内から撮影。箱の下にレールがあるのが見えますが、むしろケーブルカーと言いたくなるくらいの斜めっぷりです。

この時は山の上のスーパーに車を置き、エスカレーターで下りエレベーターで上ってきたのですが、下りエスカレーターが怖いったらないんだなこれが。


こんな感じでひたすら下へ下へと続くエスカレーターが見える。左側で止まってた自分は途中で何人か右を歩いて行く人に追い越されたけど、とても歩けたもんじゃありません。まあ高所恐怖症ってのもありますが(ぉ

で、前述のようにエレベーターは斜めなので、


現在地表示も斜めです。下側のエレベーターホールで待ってるときに撮影。
階数ではなく距離数で表示されてるのもなんとも珍しい。これによると全長200メートルらしいですな。

所要時間はエスカレーターで8分、エレベーターで4分だとか。長い。長すぎる。

運行時間は「早朝から深夜まで」としか出てないんだけど(現地には詳しく書いてあったんだけど撮り忘れた)、果たして終電まで動いているのだろうか。エレベーターの中から脇に階段があるのは見えたんだけど、それは悲惨すぎる・・・
ちなみに四方津駅の下りの終電は0時54分らしい。これに接続するのは新宿23時54分発。意外と遅くまであるのね、と驚いたのは自分だけ?


ちなみに乗ってて思ったのだけど、

朝出かける。下りのエスカレーターに乗る。
→乗ってる途中で忘れ物に気づく。
→でも降りられないから、下まで行ってエレベーターで戻る。
→ところがエレベーターは往復8分かかる。だからけっこう待つ。
→結果遅刻

というシチュエーションは十分にあるよなあ・・・
ここに住んでる人はほんと大変だな、と思ったのでした。



<おまけ>
なぜ山梨に行ったのかというと―


旧笹子峠にて、これを撮るためでした。
周りに線路なんてないのに、廃線になったとかでもないのに、何故か静かに佇んでいる朽ち果てた踏切―

以前本で読んで一度行きたいと思っていたのですが・・・付近で工事をやっていて騒がしく、なんともイメージが崩れてしまい悲しくなったとさ。



<予告>

タイトルで「その1」となっている通り、たぶん今後もこういうネタが続きますw
この時期に季節感をまるで無視して猛暑の時に撮った写真とか出てきますが、どうか気にしないでくださいw
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 出すタイミングを思いっきり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事