ダプール・バリ 神々の島の台所

インドネシア・バリ島から愛をこめて。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あの「揚げ肉ダンゴ」を作ろう

2016-02-23 01:44:20 | ごあいさつ
今日のバリごはん。



右上から時計回りに
 バリ風揚げ肉ダンゴ
 テンペのカリカリ甘辛
 テンペとジャガイモのココナツミルク・カレー
 小魚のカリカリ揚げ

ここで「バリ風揚げ肉ダンゴ」の作り方。
ウチではお義母ちゃんはこれを「スロンデン」と呼ぶのですが、どうやらこの名称はウチだけみたいです。
(ふつう、Serundeng というとココナツ・フレークのふりかけみたいなものを指します)
あ、そういえばワルン・テガスでもよく出てくる、あのおかずですね。あそこのは大豆入りですけど。
私のお料理教室でサテを作ったことがある方は簡単にできるはず。サテ・リリットのアレンジですよ〜

用意するもの。
 ミンチ肉(ブタでも鶏でも)
 ココナツ・フレーク(ミンチ肉と同量くらい)
 ヤシ砂糖(ちょっと甘めが美味しい)
 塩(適量)
 バソ・グデ(少なめ)



まず、ココナツのフレークにヤシ砂糖を溶かし込みます。



ヤシ砂糖がすべてココナツに馴染んだら、他の材料を加えて



すべてをよ〜く混ぜます。



手で白玉みたいな形に造って



オイルでじっくり揚げます。ヤシ砂糖が入っているので焦げやすいです。気をつけて。

できた!



もっちりサクサク。
甘さだけが際立たないように、塩もちゃんと適量入れるのがコツかな。

いただきまーす



ごちそうさまでした。

バリより愛をこめて。



この記事についてブログを書く
« 祭礼モード終了 | トップ | おすすめのドライ・ココナツ »
最近の画像もっと見る