ダプール・バリ 神々の島の台所

インドネシア・バリ島から愛をこめて。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Hard Rock Rising BALI

2015-03-28 00:24:55 | 音楽
今年も始まりました。
Hard Rock Cafe が主催するワールド・バンド・コンテスト、「Hard Rock Rising」。
バリの第一次予選を通過したバンドたちが、29日の日曜日にクタのハードロックカフェでバリ地区ファイナルに挑みます。
その中のひとつに、「The Hydrant(ザ・ハイドラント)」というバンドがあります。



「Rockabilly」というカテゴリーの音なのですが、巷では「ネオロカ(Neo Rockabilly)」と言われたりするみたいです。
メンバーの顔をよく見ると・・・
あ!ベノア湾埋め立て反対のイベントによく出てる人たちだー!

今バリ島で人気のプラガ・ワインのイベントにも出てる動画を見つけました。

Plaga Unplugged // The Hydrant, Jalan Jalan


アンプラグド・ライブなのでアコースティックっぽいですが、
何なのこの歌詞。

Pagi-pagi jalan-jalan
Siang-siang jalan-jalan
Sore-sore jalan-jalan
・・・・・
全身からヘナヘナと力が抜けていくような歌詞ですねえ。
こういう覚えやすい歌詞を国歌にしてくれればいいのになあ。

ちゃんとまともなPVもありましたよ。バリの若手・新進気鋭の映像作家、Erick ESTが撮っています。

The Hydrant Bali Bandidos video by Erick EST


タイトルは「Bali Bandidos」。昔のバリの映像も出てきます。
Bandidos はスペイン語で、邦題をつけるとしたら「バリの無頼漢たち」ですかね。

「Hard Rock Rising」、バリ地区ファイナルの次はインドネシア全国大会、
その次はアジア地区選抜(世界5地域に分かれての地域代表バンドの選出)、
そこで選ばれれば、世界ナンバーワン決勝大会(ハードロックカフェ・バルセロナで最終ライブ対決)、
優勝バンドには、2015年7月に開催予定のロックフェス「Hard Rock Rising Barcelona Music Festival」への出演権、
その後の活動マネジメントサポートなどが贈られる、・・・という果てしなく険しい道のり。

しかも実を言えば、私は特にロカビリー好きでもないのです。
でもでも。
ベノア湾埋め立て反対で頑張ってるバンドというだけで、応援したくなるのですよ。

ちなみに、ウブドでジャズが聴ける老舗の「Jazz Cafe」のマスター(オーナー)も、
埋め立て反対のデモによく参加しています。

こんなバンド、こんな人たちを、心から応援したいです。



この記事についてブログを書く
« ブタキムチいため | トップ | 贅沢なピザ »
最近の画像もっと見る