ダプール・バリ 神々の島の台所

インドネシア・バリ島から愛をこめて。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ElectroHell & VoltVet !

2015-10-14 22:47:20 | お店紹介
悲しい話題はちょっとお休みにして・・・
今日は例の、デンパサールにできた「私の憧れの人」のお店をご紹介します。

まず、その人の名前は Bobby。
バリ島のパンク・バンド「Superman Is Dead」のヴォーカル&ギターの人です。



彼は以前から「ElectroHell」という服のブランドをオーガナイズしていて、
他のメンバーや友人のショップでTシャツなんかを販売していたのですが
今回、デンパサールの Jl.Veteran に自分のお店をオープンさせたのです。

ショップ名は Electrohell Shop Heritage dan Voltvet Eatery & Coffe。

場所は Jl. Veteran 11A, Denpasar 、ププタン広場のすぐ北。
ちょっと前に話題になってたケーキ屋さん「アンジェリーク・シラキ」が撤退した場所を借り上げて改装しました。



右側に「エレクトロ・ヘル」のショップ、



そして左側に、 Eatery & Coffe の「フォルトフェット」。「Voltvet」はインドネシア語読みでこうなるんです。



「Voltvet」は、Voltage(ボルテージ) とVeteran(通りの名前)をくっつけて命名したそうです。
Veteran(フェテラン)通りは、さっきも書いたように「ププタン広場」の横を南北に走る通りで
オランダの植民地時代に建てられたバリで一番最初のホテル「Bali Hotel(現在はINNA BALI HERITAGE HOTEL)」も
このショップのちょっと南にあります。そう、あのチャーリー・チャップリンも滞在した由緒あるホテルですね。
壁からチャップリンも覗いてますよ〜



美味しいコーヒーも飲めるみたいです。



店内には古き良き時代のバリの写真も。



実はですね・・・、
ちょっと前に記事に書いた1930年代の映画「Legong, Dance of the Virgins」に出てくるキャストの写真が飾ってあるんだそうです。
おそらく上の画像の右端のお婆ちゃんがそれだと思うんですが、
このキャストの(たぶん)曾孫にあたる人がボビーの友達で、
あのロカビリー・バンド「The Hydrant」のヴォーカリスト・Marshello 君なんだそうですよ。
おもしろいですね。

それでですね、この「Voltvet」にはですね、
なんと!影武者特製の「手羽先」がメニューにあるんです!!!
ボビーが気に入ってくれて、自分の店でもぜひ出したい、と言われれば
断る理由なんて何一つありません。
嬉し涙を流しながら、レシピを事細かに伝授させていただきましたとも。

しかもVoltvet のメニューには「Chicken Wing Yummy」と、私の名前を捩って書いてあると言うんです。
もう号泣です。

デンパサールに行かれた方、ぜひ「Voltvet」にお立ち寄りくださいませ。
この記事についてブログを書く
« バリアンの不思議な話 | トップ | 今日のバリごはん »
最近の画像もっと見る