ダプール・バリ 神々の島の台所

インドネシア・バリ島から愛をこめて。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

銀のナツメグ

2015-09-05 23:35:51 | バリごはん&食材・スパイス・ハーブ
イギリスの童歌「マザーグース(伝承童謡)」の中に、『 I Had a Little Nut Tree 』という歌があります。



歌詞を抜粋して載せますね。(訳はテキトー)

I had a little nut tree,
Nothing would it bear
But a silver nutmeg
And a golden pear;

The King of Spain's daughter
Came to visit me,
And all for the sake
Of my little nut tree.

Her dress was made of crimson,
Jet black was her hair
She asked me for my nutmeg
And my golden pear.

僕は小さな木の実が実る木を持っていたんだ
銀のナツメグと金の梨が実る木だよ

スペイン国王のお姫様が僕を訪ねてきて
僕の木を見たいと言ったよ

お姫様の服は深い赤色
黒い髪がよく映えてキレイだった
お姫様はナツメグと金の梨を欲しがった


通説によると、この童謡は1500年くらいに作られたのではないかと言われています。
あれ?歌詞の中に「silver nutmeg(銀のナツメグ)」というのが出てきますね。
さあ、今日はその「ナツメグ」の話です。



ナツメグは、今では肉料理やお菓子になくてはならないスパイスとして世界中で愛用されています。
インドネシア名は「Pala」、バリ名は「Begarum」、和名は「ニクズク」。
特に日本のみなさんもハンバーグを作る時は入れる方が多いのではないでしょうか。
Wikipediaによると、
「種子は肉荳蔲という生薬名で、収斂、止瀉、健胃作用がある。
東洋医学では、気管支炎、リウマチ、胃腸炎などの薬として処方される。」とあります。


(この画像はWikipediaより)

ナツメグの果実の中に、真っ赤なレース状の種衣に覆われた黒い種があります。
この赤い種衣が「メース」と呼ばれ、種と同じような香り・味のスパイスとなります。
一方、その黒い、硬い種の殻を割って中から出てきた仁の部分が「ナツメグ」と呼ばれます。



実はこのナツメグ、インドネシアのモルッカ諸島(インドネシア語では Maluku)が原産地なんです。
その頃はモルッカ諸島の中でもほんの小さな島々(バンダ諸島)にしか生育していなかったナツメグの木ですが、
ヨーロッパの人々がその種が持つ数々の薬効を発見して以来、非常に高価な値段がつき、
イギリスなどでは金や銀と同じ価格で取引されていたそうです。
冒頭の童謡に「銀のナツメグ」というフレーズがあるのも、この歴史があるからなんですね。
16~17世紀にはポルトガル、スペイン、オランダ、イギリスが激しくその利権を巡って争い、
特にオランダが支配を始める頃には、ナツメグの木がある島々に住んでいた多くの住民を虐殺して
この「銀のナツメグ」を独り占めしたという悲しい記録が残っています。

ちなみに、このナツメグ、ちょっと危険なスパイスでもあります。
少量ですがミリスチシンという成分を含んでおり、多量に摂取すると記憶の混濁、興奮状態や混乱状態を招き
視覚の歪みや妄想観念などの幻覚誘発の作用もあることが報告されていて、
特に妊娠・授乳中の女性や子供には注意が必要とのこと。
でも普通にスパイスとして常識の範囲で使うには問題ない、と複数のサイトに書かれておりましたので
それほどビビらなくてもいいみたいですよん。







バリ島ウブドの情報はここ!

【APA? インフォメーション・センター】 お宿・アクティビティやスパのご予約、トランスポートなど、日本語で安心&快適滞在をお手伝いします。