なでしこBLOG

短歌と俳句のおもしろコミュニケーション広場

暮しの悲喜こもごも  

2017-12-07 12:14:04 | 撫子のくらし

皮むきを  していただいた  サトイモを  

湯がいて料理   昼餉用なり  

 

     味付けに、新生姜・テンサイオリゴ糖・ダシしょう油・コウナゴを。  

  湯がいたサトイモ・人参などと、グツグツ煮込む  。  

      一人分   。    

里芋は、地場産物の初物です。  

残り分  保存食用  無駄のない  

使い方にて  食べ方・工夫  

 

街角の  畑で青菜  芽を出して  

生長を待つ  楽しみごとよ   

この日本  農業の舵   取り策は  

モンサントへと  売り飛ばす策   

 

モンサント  海外のクニ   自然とか  

土地を破壊   プラント造る  

 

その土地に  日本固有の  種子を撒き  

日本に輸出  買わざるをえず  

( こうなる日が、近づくよ。国民が団結し、防ぐ手立てを。 )  

( 米の籾・麦の種子・大豆の種子・固有の花の種子・・・・など。 )  

チリ・アルゼンチンやウクライナなどで、米を作らせ、

籾をモンサントが、日本に輸出よ。  

アベノミクスに反対の  農業団体を困らせる策よ  。  

自民党が、それに追随。  

みんなで、一致団結で阻止よ  。  

モンサントは  毒食らわば皿まで  式よ  。  

 

 

 

 

『手作り料理』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 街角の朝と花(水仙・百日紅... | トップ | 人と花と便り   »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (tempo1078)
2017-12-07 14:38:49
里芋ですね。

あの「ぬめり」の感触が
好きです。

岩手には、
「二子里芋」「津志田里芋」、

私の知る限りでも
2箇所のブランド里芋があります。

コメントを投稿

撫子のくらし」カテゴリの最新記事