団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

★財務省は反日売国左翼・在日と共謀か

2017年12月11日 | 朝日新聞

  朝日新聞撲滅の機運が盛り上がってきているようです。まずは、足立さんが国会で口火を切ったようです。
  憲法審査会で、イギリスでの調査報告の中で、マスコミがイギリス等では信頼されていないとの例をあげながら、朝日新聞への痛烈な非難に持ち込みました。やはり、足立さんは頭良さそう。
  朝日は、敵に回してはいけない人に手を付けたようです。後に、高山さん達も待っています。どうやら、朝日の詰みは近いようです。 

  産経ニュースより   2017.11.30

  「朝 日新聞は捏造、誤報、偏向のオンパレード」 維新・足立康史氏、衆院憲法審で

 日本維新の会の足立康史衆院議員は30日の衆院憲法審査会で、安全保障関連法や森友、加計学園問題に触れ「マスメディアは偏 向、中でも朝日新聞は捏造、誤報、偏向報道のオンパレードだ」と述べた。

 憲法改正の国民投票の際の情報公開に関する発言で「メディアを正すか信頼度を欧米並みに下げることこそ、国民投票に必要な環境 整備だ」などと持論を展開した。

 このほか「平和安全法制を野党は『戦争法』と呼び、共謀罪を政権が『テロ等準備罪』とするなど政争に明け暮れてきた」と発言し た。

 足立氏は今月、朝日新聞の社説を巡ってツイッターに「朝日新聞、死ね」と投稿している。


  何と、朝日撲滅運動に安倍さんが参加したようです。もう匍匐前進を止める気になったのでしょうか。

  産経ニュースより    2017.11.30

 朝 日批判した自民・和田政宗参院議員のFB投稿、安倍首相がシェア 森友設置趣意書問題

  安倍晋三首相が自らのフェイスブックで、自民党の和田政宗参院議員が書いた学校法人「森友学園」問題をめぐる朝日新聞の報道姿勢を批判する投稿をシェアし ていたことが30日、分かった。これまで首相のフェイスブックは各国首脳会談の内容や政策の進捗(しんちょく)などについての投 稿が多く、他の政治家の投稿をシェアするケースは珍しい。

 首相が共有したのは、25日に和田氏が書き込んだフェイスブックの投稿だ。

 朝日新聞は5月、同学園前理事長、籠池泰典被告への取材に基づいて、同氏が「安倍晋三記念小学校」という校名を記した「設置趣 意書」を財務省近畿財務局に提出していたと報じていた。だが、近畿財務局が24日、同学園の設立趣意書を公開したところ、「開成 小学校」と記載されていた。同紙は報道した事実が異なっていたにもかかわらず、訂正しなかった。

 これを受けて和田氏は25日、自身のフェイスブックで「朝日新聞はこのまま開き直るのだろうか」「提出した設置趣意書のコピー を籠池氏は持っているはず(当たり前のこと)で、朝日新聞はそれを確認せずに報道した」と批判した。

 さらにNHKでの経験を踏まえ、「普通はデスクが、原稿を書いた記者に『確認したのか? 証拠は?』と問い、コピーの確認がで きていないのであれば確定的に報道しない」などと書き込み、朝日新聞の姿勢に疑問を投げかけた。

 首相も28日の衆院予算委員会で、「籠池氏が言ったことをうのみにし、『安倍晋三小学校』という申請があったと報道した」など と批判していた。

  ここで不思議なのが、何故財務省がこんな明らかなことを黙っていたかということです。もしかしたら、安倍さんを失脚させる為に反日売国左翼・在日共と共謀していたのじゃないでしょうか。

  その沈黙の意味を義家さんが追求してくれています。これは大問題じゃないのでしょうか。


  安倍さんが、本気で乗り出してくれたとなれば、いよいよ朝日の終わりは近いようです。何と言っても、正義は我ら安倍総理側にありです。
  一日も早く、朝日新聞の廃刊を見たいものです。これが成功すれば、他の反日売国左翼・在日マスメディアも一気に大人しくなるでしょう。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 主権国家の日本の中に別の国... | トップ | 中国の台頭と米国の無気力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

朝日新聞」カテゴリの最新記事