団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

★安倍総裁3選

2018年09月21日 | 日本再生

  安倍さんの3選が無事決まりました。これで、心置きなく憲法改正に取り組んで貰いたいものです。

  とは言え、やはり日本人というより自民党議員も党員もまだ目が覚めていないようです。それとも、覚めることがないもの達が多く混じっているという証拠でしょうか。
  まさか、石破が恥ずかしげも無く次の総裁選を狙うなんて言わせる程に党表するバカがアレほどいるとは思いませんでした。
  どこを、どう評価したら投票出来るのでしょうか。何とも情け無い。


  その証拠のような世論調査もあったようです。未だに憲法改正に反対する人達が減らないようです。流石、石破に党表する人がいる国だけのことはあります。
  もしかしたら、安倍さんの念願もかなわないなんてことも有り得そうな数字です。やはり、日本人は滅びを選ぶのでしょうか。

  何時もの阿比留さんが、そんな世論調査について書いてくれています。

  産経ニュースより     2018.9.18

 【産経・FNN合同世論調査】根 強い自衛隊違憲論 「護憲派」にはジレンマも

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が15、16両日に実施した合同世論調査では、67.1%が自衛隊は 合憲と回 答する一方、違憲だとの答えも22.1%あった。内閣府の調査では9割が自衛隊を評価している中で、国民の一定数が憲法9条と自 衛隊の存在の整合性に納得しておらず、違憲論が依然、根を張っている現状を表している。

 支持政党別にみると、自民党支持層と日本維新の会支持層で合憲の割合が高く、それぞれ76.3%と68.8%だった。

 ところが、憲法改正に必ずしも積極的でない公明党支持層では66.7%と平均を下回り、安倍晋三政権下での改憲に反対 する立憲 民主党支持層では合憲が56.7%、逆に違憲が34.4%に上った。

 自衛隊は明瞭に憲法違反だとの立場をとる共産党の支持層では、合憲が38.1%どまりで、違憲が54.8%と逆転して いる。護 憲派とされる政党を支持する層のほうが、自衛隊は違憲状態にあると認識していることが分かる。

 9条改正は必要ないとの回答は、共産党支持層で64.3%、立憲民主党支持層で58.9%、社民党支持層で55.6% に達し た。

 また、自衛隊を違憲だと回答したうちの46.6%が9条改正に反対しているほか、9条改正は必要ないと答えたうち 31.2%が 自衛隊は違憲だと回答した。自衛隊が違憲であればただちに9条を改正するか、自衛隊を廃止するのが立憲主義の道筋だが、そうはし たくないというジレンマもうかがえる。

 自衛隊が合憲か違憲かの判断に大きな男女差はみられないが、10・20代の男性で違憲が30.0%、50代男性でも 29.7% に達していた。

 秋の臨時国会に、自民党の憲法改正案を提出する安倍首相の方針に関しては、賛成は38.8%で、反対の 51.1%が 12.3ポイント上回っている。

 ただ、安倍内閣支持層では賛成が64.7%(反対25.4%)と大きく跳ね上がり、自民党支持層でも賛成が 57.5% (反対30.8%)に上り、安倍首相の方針は支持層の後押しを受けている形だ。

 世代別にみると、10・20代の男性では賛成が60.0%と高いのに対し、60代以上の男性では36.5%と低 い。女性 もまた10・20代は47.8%が賛成だが、60代以上では24.4%にとどまり、世代間で意識の差が甚だしい。

 戦力の不保持を定めた9条2項に関する問いでは、安倍首相の「2項維持、自衛隊明記案」支持と、石破茂元自民党 幹事長の 「2項削除、戦力保持明確化案」支持はともに22.2%で並んだ。

  とはいえ、自民党支持層では安倍首相案支持が36.2%と石破氏案支持の24.6%を11.6ポイント上回っている。同様 に、安倍内閣支持層では首相案支 持が39.8%、石破氏案支持が20.5%と倍近い差がついており、2つの案では首相案の評価のほうが高いといえそうだ。 (阿比留瑠比)

  さて、正念場のこの秋、憲法改正はどうなるのでしょう。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ★ウイグルは中国国内問題か? | トップ | マドゥロ (ベネズエラ大統領... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本再生」カテゴリの最新記事