団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

カローラ王座陥落

2011年01月12日 | 日記

  とうとうカローラが王座から滑り落ちましたね。年度によっては逆転された事もありましたし、軽と比べるとまけていることもありましたが、兎に角デビュー以来王座を死守してきたカローラが過去の数字でも逆転されたそうですからこれは画期的なことでしょう。
  それも、プリウスというハイブリッドカーに負けたのですから驚きです。日本人というのはこういうところを見ても本当に真面目なんでしょうね。私なんか決して手が出ない高級車ですが皆さんお金があるんですね。 

 SankeiBizより 2011.1.4

  トヨタ「プリウス」、歴代首位に 10年販売31万5000台超、カローラ抜く

 トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」は、2010年の国内の年間新車販売台数が31万5000台を超え、これまで車名別で最も多かった1990年のトヨタ「カローラ」(30万8台)を上回り、20年ぶりに歴代首位が入れ替わったことが3日、分かった。

 プリウスは10年1~11月の11カ月間ですでに29万7563台を販売。同12月も28日時点で約1万8000台を販売し、年間での過去最高を更新した。低燃費や従来のHVより割安な価格に加え、エコカー補助金と減税を追い風に販売を伸ばした。…以下略

  全体の販売台数自体が減っている中、歴代首位も変わったのですから本当に画期的といえるのじゃないでしょうか。プリウスが大衆車になったという話もあるようです。
  とは言いながらも、優遇税制が終わった後、どんな動きになるかは分かりませんね。まだ、EVが取って代るのは先のことになりそうですが、それだって本当にそういう時代が来るのかどうかも分からないところです。
  私に言わせれば、「もうぼちぼち車を手放したらどうです。自転車はどうです。」となります。

余計なお世話ですか!

ジャンル:
報道ニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« 世間体 | トップ | ★素晴らしいブログ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事