年金暮し団塊世代のブログ

男寡になった団塊世代の年金の現実と暮らし向きをブログで。 今や仕事になった鳥撮り(野鳥撮影)の成果もアップします。

ザ・リッツ・カールトン東京 (2008年2月)

2008年03月04日 | 定年・再雇用・年金

2月中旬の定年記念旅行で、東京に3泊しました。
東京で外資証券会社に勤めている愚息が手配してくれたホテルが、東京ミッドタウン内にあるザ・リッツ・カールトン東京 です。 デラックスダブルでした。

東京は土地が高いので、名のある高級ホテルでも部屋の広さは普通30平米程度ですが、リッツ・カールトンは52平米もあり、広々感がありました。 バスタブとは別にシャワーブースがあり、シンクが2つありました。 アメニティーはブルガリの「オーテブラン」でした。

(↓)は、ホテルの部屋から見える東京タワーとお台場の景色です。 夜景も綺麗でした。

   

ちなみに、帰宅後「一休。com」で調べてみると、デラックスダブルの素泊り価格は約6万円/部屋(二人)でした! 法人契約しているので半分位になると愚息は言っておりましたが、それでも私めやおっ家内には もったいないくらいの超高級ホテルです。 恐らくもう泊まることはないでしょうね、こんなホテルには…。

   


コメント   この記事についてブログを書く
«  | トップ | コーヒーカップ(#15) : ロ... »

コメントを投稿

定年・再雇用・年金」カテゴリの最新記事