インテリア・家具 横浜元町[ダニエル] 家具店主 咲寿義輝のブログ

家具・インテリアショップ 日本の洋家具発祥の地:横浜元町から インテリアに興味のある方への情報ブログ

イギリス ウェールズ・ブランケット ひと手間ひと手間人の出で製作してます。

2012-10-16 | インテリアについて
イギリスロンドンから少し郊外にでると、羊が群れをなしているのを目にすることができる。
ウールはイギリス名産品としても有名な製品の1つ。


この可愛い羊の毛を利用した織物が今回ご紹介するインテリアアイテムです。

ケルト文化から生まれた、独特な幾何学模様。その故郷ともいえるペンブルックシャーにある工房で織られたブランケットがおすすめです。

19世紀当時の織機が現在でも現役として活躍しています。



経糸を巻き取り、それを織機にセットして・・・。とても気が遠くなるほどの時間がかかる手作業がこのイギリスの伝統の織物の特徴です。


時代により、特徴の幾何学模様を少しデザイン変更したり、色を加えたり、コレクターの方は時代の変化をこの織物から楽しむとか。
中には、上の写真のようにクラシカルなソファの張地として使用している方もいます。

使い方しては、ブランケットの名の通りベッドの上で上掛けとしたり、ソファのひざ掛けとして使用したりするほか、カーペットやギャベの代わりとして、リビングや玄関先に使われていたりと、活用度が非常に高い、万能ブランケットです。

今回日本入荷したブランケットは最も代表的な幾何学模様。ダブルクロス(二重織り)によるリバーシブル仕様。
雰囲気に合わせて一枚を使い分けできます。季節によって表情を変えて遊ぶこともできます。


現在では織手の職人さんが少なくなってきている一方で、イギリスの自国の伝統工芸を、もう一度見直そうという活動もあり、ロンドンっ子の間でも最近ブームとなっているそうです。

 
愛着を持って使えば使うほど、毛の風合いもやわらかく味が出てきます。

シングルサイズ
サイズ:W.185×D.255cm ¥33,600[税込]
ダブルサイズ
サイズ:W.225×D.255cm ¥39,900[税込]

取扱い・お問い合わせ ダニエル元町本店 電話045-661-1171
WWW.daniel.co.jp

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 10月14日(日)のつぶやき | トップ | 10月16日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インテリアについて」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事