フィリピンのほほん生活記ー朝焼けに染められて

フィリピン・タガイタイの景色と日々の出来事を綴ったブログです。

我が家の近隣散歩からパレンケ迄

2021年09月26日 07時06分56秒 | 過ぎし日の思い出

  本日ののほほん生活記


 2021.09.26. (日) 午前5時50分 霧 気温 23.8 ℃ 湿度 74.4 % 北北東 2.3m 軽風②









議会下院は21日、オンライン上の広告や動画配信など特定のデジタルサービスの提供に12%付加価値税
(VAT)を課する下院法案第7425号を承認した。議会上院や両院協議会を経て、大統領が署名して
成立した場合、比国内でサービス提供を積極的に行っている米フェイスブックやネットフリックスなど
グローバルIT企業への影響も大きいとみられている。23日付英字紙ビジネスワールドが報じた。(澤田公伸)
                                    2021.09.25.(マニラ新聞から)






我が家の、前面道路は、ラグナ州.サンタロサからつ続く、サンタロサ~タガイタイロードと、云う国道ですが、


東南アジア、サミットでの、要人を迎える為との、大義名分で、片側一車線道路を、片側二車線道路への、


拡幅工事が、行われたのです。此の工事も、遣り易い処から、工事を始めると云う、フィリピンらしいいい加減さ、


工事の完成は、全ての工事が、終わった時でしたね、此の工事区間での、一番の難所は、我が水道の、


取水口が在る、崖地でしたね、工事も目処が着き、一番遅れた地点は、お隣シラン町でしたね、以前から、


此の道路は、マニラ首都圏からの、観光客の車で、週末や、休日は、渋滞していたのです。母屋側の、


対面側に在る、我が車庫の、隣に在る、一番目の、義妹が経営する、ティンダーハンは、道路拡張に拠り、


税金が高く成るので、市役所に、廃業の相談に、行った処、係員に税金が高く成っても、道路が広く成り、


良くなるのに、止める人はいないと、一笑されたようだ、我が家左タール湖側に、昇ると約1Km先が、


外輪山道路、タガイタイ~カランバロードの、T字路交差点、此処から眼下に、タール湖が、見下ろせるのです。


此処が、サンタロサ~タガイタイロードの、起点ですね、此処の直ぐラグナ側に、道路側には、フラワーショップと、


交番がそして、フルーツショップが、此処の花屋の前の、路上で子供達が、終戦直後の、幼児時代、近所の、


お朝な馴染みと、共に遊んだ、メンコを、していましたね、懐かしく思い出が、国は違えど、遊び心は、


同じなのですね、何度か見たのですが、懐かしさに、涙迄、滲んで来ましたね、(涙) 我が家から、街道を眺めて、


来ましたが、道路が拡幅されたので、多くの店が衣替え、新しい業種の、準備も、していたのです。市役所の、


係員が、義妹に説明したように、道路が拡幅され、新たな希望も、生まれたのですね、m(_ _)m









 本日の起床は、午前5時05分でした。夜明け前の、暗さの中、私はサボン(軍鶏)の声を、聞きながら、


むっくりと、起き上がりました。恒例と成った、電気ポットの、スイッチを、感で探し当て、スイッチを入れた。


湯沸かし器は、2百Vの威力で、直ぐに沸き立つのです。こうしてゴキちゃん探索、敵が雲隠れする前に、


浴びせるのです。必殺仕事人を、脳裏に浮かべ、残念ながら、隠遁の術を、駆使する、ゴキちゃんは、


見付かりません。次回の楽しみですね、仕方なく、湧いた熱湯で、ネスカへを、溶かして、飲みましょうね、




 フォトチャンネル  マニラ新聞

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 親戚のバランガイでの誕生会 | トップ | フィリピンの風俗習慣 »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Tomy)
2021-09-26 09:32:15
おはようございます
私が移住したころは、タガイタイの道路に歩道と呼べるものは皆無でした
道路拡幅工事とともに、歩道らしきものが整備されてきましたね
相変わらずガードレールはないし、歩道もあちこちで途切れますが・・・・
でも歩道ができるまでは、道路の端の雑草の上を歩いていたもんです
ゴミはあるし、犬のうんこはあるし、道路の端を歩くのは嫌でしたね~
今の歩道は結局下水管のカバーのようなもんなので、ところどころで下水管の蓋と言うか窓みたいなものがあります
フィリピンですからね~、これが外れて落ちたりなんて事故もこれからありそうですね
Unknown (タガイタイ.ダニエル)
2021-09-26 09:50:04
 トミーさん・お早う御座います。

 何時も故国日本と、比べてしまいますが、
昔から人の歩く道は、
在りませんでした、雨の日に道端の、
草むらをを、歩くのが、精一杯、
汚れずに歩くには、
車道を車に、轢かれないように、
気を着け、歩くのみでした。
我が家の前面道路は、車の通行が多い、
道路ですが、歩道が在っても、
繋がっていなく、車道部分も、
通らざるを、得ないのです。やはり車優先の意識は変わらず、人の事は、考えていないですね、
マニラ首都圏では、歩道が在り、羨ましいです。
ダニエルさんへ (タコぼん)
2021-09-26 11:40:02
タガイタイの工事は本当に早いですね ナガなどは道路工事も遅く 日本で3か月間で終わる工事も1年はかかりますよ! 埋めては雨が降り 穴ぼこの繰り返しで先に進みません   笑”
税金を払う人が多いから 進むのかな?

コメントを投稿

過ぎし日の思い出」カテゴリの最新記事

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 335 PV
訪問者 172 IP
トータルトータル
閲覧 3,747,915 PV 
訪問者 901,346 IP 

文字サイズ変更

ブックマーク

  • RSS1.0 RSS2.0