これってやはり化石? 私のライフスタイル!

ひともすなるブログなるものを、われもしてみむとてするなり

散歩の帰りに、百合を摘んだ・・・野生のタカサゴユリ?

2020-08-06 | 終の棲家の色々



ベスと散歩する時は、ウエストポーチを腰につけます

いくつかポットがあり、ベスのおやつとチーズ
スマホとコインケースと剪定ハサミ
エコパックやポリ袋、ティッシュ

ベスのマナーバックの他に、私のポーチには最低これだけは入れて出かけます

散歩道に珍しい花を見つけたら、ハサミを取り出して切ってお持ち帰り😃

畑の土手や、耕作放棄地で咲く季節の花など

梅雨が明けてから、あちこちで百合の蕾が目につくようになり、日に日に蕾が膨らんできて、半分ほどは咲き出しました

今朝は、家に帰りつく200mほど手前の耕作放棄地の土手で、何本も目立ってきた百合を切り取りました

持ち帰って、バケツに水を入れて、しばらく外に放置

虫がいたら、家中に入れたくないので、対策です

急いでいる時は、ハエ取りキンチョールをひと吹きする事もありますが😅

大きなガラスの花瓶に投げ入れて、出入り口の棚に置きました

そこを通るたびに、百合の香りがほのかにします

何という名前なのか気になって、ネットで調べたらすぐにわかりました

台湾原産のタカサゴユリというらしい

繁殖力旺盛で、野生化してどんどん広がっているらしい

去年より確かによく目に付きます

外来種なので、増え続けると、日本原産の山百合も駆逐されるかもしれません

でもこうやって色んな植物がこれまでも入れ替わってきたのかも

花に罪はないから、しばらくはタカサゴユリを楽しむことにします





コメント

我が家の二都物語が始まった・・・ディケンズの小説とは内容が違うけど

2020-08-05 | 我が家の二都物語(子供 孫)



スマホのアプリで、プーさんの暮らすパリの天気が瞬時にわかるようにしています

今日の午後、iPhoneのFaceTimeで小1時間おしゃべりしていましたが、朝方までは寒くて、毛布を被って寝ていたとか

でも朝からは猛暑襲来のよう

今月末に誕生日がくるので、夏服を一枚縫って送ってあげたいのですが

却下‼️

パリジェンヌは、日本人みたいにおしゃれしないし、パリの夏は短いし、自分でもびっくりするほど持っているから

と、言われてしまいました

コロナ禍で、ドレスアップしてレストランで食事とかも出来ないし、確かに必要無さそうです😪

息子は、2日朝に家族より一足先に出発しました

1日の夜電話を入れると不通😰

お嫁ちゃんに連絡すると、7月末で携帯電話は解約したと教えられました

そして、やむなくLINEのアプリを入れて、LINE🆔を取得したとか

すぐに私のLINE🆔をQRコードにしてお嫁ちゃんに送信

まもなく息子とLINEで繋がりました

せめて出発前に一言話したかったのですが、LINEの無料通話で1分ほど話したかなぁ

我が家の息子って、いつもこんな感じです

しかし若い頃の何でも反発したがっていた息子もすっかり大人になり(家庭を持ち2人の子供もいるから、当たり前なのですが)、私との会話も普通に穏やかになりました




今日は、夕方お嫁ちゃんともFaceTimeでビデオ通話して、息子の新しい電話番号も教えてもらいました

私は、さらにもう一つ、ロンドンのお天気がすぐにわかるように、スマホに登録

我が家の二都物語が とうとうスタートです

プーさんは、一年通った専門学校を先月卒業し、しばらくはパリで仕事をするらしい

息子の駐在は一応4年間

我が家の二都物語は、数年は続きそうです

コロナ禍が世界で猛威を奮うまでは、私の祈りは テロに遭遇しませんように、事故に巻き込まれたりしませんように、娘の夢が叶いますように・・・そんな事でした

今年になってからは、コロナに感染しませんように

と、祈りがひとつ増え

とうとう、息子や息子一家の無事な暮らしをも祈る日々になりました

母親とは、そんなものなのでしょう

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

今日は、ジェノベーゼペーストを使って、バジルドレッシングを作りました




ジェノベーゼペーストが好きな子供や孫たちのために、トトさんはせっせとバジルを育てて、収穫して私にバトンタッチ

シーズン中は、ジェノベーゼペーストを数回作って、クール便で送っていました

もうそんな事も出来なくなりました

作って冷凍したジェノベーゼは、せっせと料理に使い、ドレッシングに使っています

ドレッシングは、冬場に絞った柑橘系果汁(柚子や橙?)と、米酢とオリーブ油とキビ砂糖、潮、胡椒だけ

これからは日々の暮らしの中で、子供たちがすぐそばにいないんだと、思い知らされそうです










コメント

インドネシアバティクでワンピース・・・夏服一枚縫って、一枚処分

2020-08-03 | 洋服 手作り



このワンピースの前に、マレーシアバティックで一枚縫ったのですが

もう一枚のバティック生地があったのを思い出しました

インド更紗の帯を作りたくて、京都の生地屋さんで買ったものですが、帯にならないまま、十年ほど経過してしまいました

洒落帯を締めて、出かけるチャンスもなかなかないように思えるし、そのうち色や柄が年齢的にタイムアウトになりそう😪

今縫えば、今年の夏から数年は毎年着るなぁと思い、さっそく水通し

今回は少し色が落ちました

同じパターンで、ワンダーソーイング

前回のワンピースと比較すると




ハンガーに吊るした格好は、ダボっとしていますが、着るとトルソーに着せた形になります

同じパターンで、素材を変えて作る

洋服ではあまりしないけど、着物なら当たり前のことです

ハンドメイドの面白さです

一枚服が出来たので、先週まで着ていた同じデザインのワンピースを一枚処分しました

夏の終わりにはさらに、減らしたい😅






コメント

ブルーベリージャム・・・半量の砂糖とレモン汁で

2020-08-02 | 



近くのブルーベリーを作っている生産者から、4kgのブルーベリーを買いました

完熟したものを摘んで届けてくださるので、三回に分けて購入

最後の1kgを届けに来てくださったとき、おまけをもらいました

完熟のみを収穫しているけど、手が触れて一緒に取れてしまった物を集めた 完熟手前のブルーベリーなんだそう(ちょっと見ただけでは、違いはわかりません)

重さは600gほどありました

購入したブルーベリーは すぐに冷凍して、朝のヨーグルトに入れて食べています

このおまけはジャムに加工することにしました

砂糖300gを加えて、加熱すること30分ほど

途中アクを何回も何回もすくいとって、最後に大さじ2杯ほどのレモン汁を加えました

火を止めたときは、しゃぶしゃぶだったけど、冷めたらしっかりと固まって、見事なブルーベリージャムの完成

なべ肌に残ったジャムも、洗うのがもったいないぐらい😅

今回は、ジプロックのスクリューロックのミドルサイズに満杯の出来上がりです

まず使いたいのは、ブルーベリージャムのリンツァートルテ😄

私が一番贅沢な焼き菓子と思っているケーキです

楽しみ〜😊
コメント

七月の歩数記録・・・なかなか明けぬ梅雨に、足止めされました

2020-08-01 | 緩やかに年取りたい



7月の歩数記録をチェックしてみたら

やっぱり、納得の少なさでした

それでも雨の合間に、ベスを連れ出したので、先月と同じぐらい

18日に、1万8千歩を超えるほど歩いたのは、やっと晴れた朝に、ベスと散歩して、そのあと息子一家と大隅半島の鹿屋バラ園までドライブしたからです

途中で豪雨のような雨に遭いましたが、バラ園に着いたら、わずかに濡れた程度で済みました

薔薇の最盛期は過ぎていましたが、まだまだ咲いていて、孫ちゃん達とベスと歩き回って楽しいお出かけでした




後ろのバラは生花ではないけど、記念撮影にはぴったし😄




温室は開放してありましたが、雨の影響を受けないので、七夕飾りが❣️

鹿児島は、旧暦で七夕祭りをするのです

短冊には、今年ならではの、コロナに関するものが多く書かれてありました

子供に会いたい‼️

とか

孫ちゃんに会いたい‼️

とか

鹿屋バラ園は、広々としていて、ベス🐕‍🦺も入園できるし、隣は遊園地

秋の薔薇のシーズンには また行ってみたいところです

コメント