歩くたんぽぽ

たんぽぽは根っこの太いたくましい花なんです。

いよいよですよ

2018年05月26日 | 日記
ユーロから2年、いよいよ来月にロシアW杯がはじまる。

今回は諸事情につき見る気はなかったのだが、書店に雑誌が置いてあるとついつい立ち読みしてしまう。

私は根っからのサッカーファンではないが、どういう訳か昔からドイツのサッカー選手が好きなのだ。

日韓W杯の時はクローゼが好きだったし、その後はエジル。

エジルは特に同じ年というのもあり、感情移入が甚だしい。

エジルが好きってだけでここ8年くらいはずっとドイツを応援している。



今日は夫Kと外に出ており帰りに書店に寄った際スポーツコーナーへ行くと、やはりサッカー関連の雑誌がたくさん出ていた。

どれも似たり寄ったりであまり魅力を感じなかったが、1冊斬新な雑誌があり思わず買ってしまった。

何がいいってポジションが立体的に表示されているので一目でわかりやすいという点。

ありそうでなかったこの見開き。




『WORLD SOCCER DIJGEST(日本スポーツ企画出版社)』



一応何冊か確認したが、ドイツ代表メンバーは2年前とほとんど変わっていない。

初めて見る選手はトップのヴェルナー22歳のみ。

ドイツの守りは変わらずバイエルン最強軍団、ノイアー、ボアテング、フンメルス。

とりたてて強調するのも変だが、エジルだけでなくボアテングとフンメルスも私と同じ年という親近感。

改めてメンバーを見るとクロースもいるしミュラーもいるしで、今はまさにドイツの黄金期なんだと再確認。

このメンバーでW杯に出場するのはきっとこれが最後だろう。



この雑誌は私のようなサッカー素人にとってはとてもいいが、監督情報が載っていないのが唯一の難点。

ドイツはレーヴ監督を含めて好きなのだ。



とにかく、いよいよ、祭りがはじまります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アリバイのない人

2018年05月23日 | 空想日記
家にこもって作業していると、人に会うことがない。

時間的に切羽詰まった状態だと尚更だ。

田舎のように家の近くに人見知りが住んでいる訳でもないし、

挨拶するのは隣人と大家さんくらいのもの。



そこではたと気づく。

私にはアリバイがない。

もし万が一近所で空き巣事件が起きたとして、

私にはアリバイがないから疑われたら終わりだ。

夫に証言してもらうにしても、

ドラマ情報によると確か身内の証言には証拠能力がないのだとか。

恐ろしい。



ちなみに最近テレビで見たサスペンスミステリーで面白かったのは、

アガサクリスティ原作(原題「アクロイド殺し)三谷幸喜監督の『黒井戸殺し』。

映像化は難しいと言われた小説だが、見せ方が巧妙で見入ってしまう。

機会があれば是非。



よく考えたらアリバイのない人なんていっぱいいるか。

くだらないことを考えるのはやめて仕事しよ。


柄にもなくバラ。人からもらったものだけど、案外悪くない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AWAKEN AKIRA

2018年05月14日 | クリエイター
まずこの動画を見て欲しい。

AWAKEN AKIRA


TABI LABO記事「不朽の名作『AKIRA』オマージュへの思い」



これは4月27日に公開されたAKIRAのオマージュ作品『AWAKEN AKIRA』。

これはカリフォルニアのクリエイティブカンパニー、ALT-Cを運営するAsh Thorpさんが、

中国在住のビジュアルアーティスト、Zaoeyoさんと共同でつくったCGアニメーションだ。



今まで何度か触れたが、このアニメ大国ニッポンで生まれ育った私の一番好きなアニメが『AKIRA』と『Ghost in the shell』だ。

これは子どもの頃から変わらない絶対的な確信。

だからといってグッズを買いあさったりするわけではないのだが、

『AKIRA』と『Ghost in the shell』のことになると平静を保っていられなくなる。



そんなやつがいきなり『AWAKEN AKIRA』を観せられてノックダウン。

あまりにもアキラ。

忠実な構図にCGという立体感が加えられて、世界がより鮮明になった感じ。

キャラクターが最後のアキラ以外出てこないのも現実感を高めている。

当初完成まで3ヶ月を予定していたのに結局1年かかったのだとか。

1分に満たない映像に注ぐエネルギーがすごい。

どういう感情かわからないけど映像を何度も見返していると涙が出てきた。

最近涙腺壊れてるかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

序の口

2018年05月13日 | 日記
なんてことない作業にもかかわらず、

それが終わりなき反復作業だと実感してしまった時に訪れるあの虚脱感はなんだろう。

途方ない未来への脱力。

足元から前方に続く道は数キロ先でぼやけてその先がよく見えない。

いつまでこれを繰り返せばいいのだろう。

そう、このお茶づくりを。

私は毎日毎日お茶をつくり続ける。

この先もずっとお茶をつくり続ける。

なんてことだ。

容器を洗って、お湯を沸かし、パックを入れお湯を注ぎ、

10分経ったらかき混ぜ、残り半分冷水を入れ冷蔵庫に入れる。

あっという間にお茶はなくなり、また洗浄から始まるお茶スパイラル。

終わりなきお茶づくり。

これが営みというやつか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天人の音楽Ⅰ

2018年05月08日 | 映画
The Tale of the Princess Kaguya OST 30.The Procession of Celestial Beings I


アーティスト:久石譲
曲:天人の音楽Ⅰ
アルバム:かぐや姫の物語 サウンドトラック(2013)



4月5日に日本を代表するアニメ監督の高畑勲さんが亡くなりました。

子供の頃は高畑監督の作品が怖くてあまり好きじゃなかったけれど、

大人になって観ると他に代え難い深い感情を呼び起こしてくれる唯一無二の監督なのだと感じました。

中でも高畑監督の遺作『かぐや姫の物語』は生涯心に残る作品です。

水彩で描かれたような画が話題になりましたが、

それは作品をつくる一つの要素ではありますが、全てではありません。

画、ストーリー、音楽と全ての構成要素がとてつもない相乗効果を生む希少な作品です。

『かぐや姫の物語』の根底に流れているものに触れるだけで、

それが何なのかわからなくともその感動から逃れることはできません。



非常に印象的なのが最後天人がかぐや姫を迎えに来る場面。

それをこれでもかというくらいに演出するのが久石譲のこの「天人の音楽Ⅰ」

この場違いな明るさと浮遊感に脱力し絶望します。

善も悪も超越した存在が大勢を携えて月からおりてきます。

恐怖と同時に羽衣で優しく包み込まれるような不思議な感覚に襲われ、

自分の中にうごめく感情に理解が追いつかず戸惑う頭でもって、

かぐや姫が連れて行かれる場面を観ているとなぜだか涙が噴き出してくるのです。



もしまだ『かぐや姫の物語』を観ていない人がいたら、一人で観ることをおすすめします。

高畑勲監督のご冥福をお祈りいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Aマッソ、ENGEIグランドスラムトライアルにて

2018年05月06日 | 日記
1ヶ月遅れて録画していた「ENGEIグランドスラム」の事前のトライアル番組を観た。

わざわざ録画してまで観るのは、私の好きな芸人Aマッソが出ているから。

本編出場の三枠をかけて若手芸人がネタで勝負する番組なのだが、

結論から言うとAマッソは本編に出ることはなかった。

でもやはり一番心に強烈な何かを残したのは彼女たちだったと思う。

テレビ的にはアウトなのではと素人に思わせるくらい攻めたネタがこちら。

これは違う番組の映像だが本筋は変わっていない。




本当好き。

すごくヒリヒリする。

会場が引いているのが伝わってくる。

ネタ全てに共感しているわけじゃないけど、Aマッソという存在に強く共感。

テレビでもっと観れますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どの面さげて、どこへ向かうの

2018年04月30日 | 音楽
MOROHA『Tomorrow』



YouTubeで作業用ミュージックを流している。



洋楽なら聞き流せるのに、邦楽はときに日本語歌詞がうるさい。

集中力が切れて隙間のあいた無防備な頭に、とめどない言葉が流入してくる。



ラップなのか、語りというのか、声の高い日本人歌手が待った無しで言葉をボンボン投げてくる。

ギターのシンプルなリフレインと言葉が音として私の心臓にバンバンぶち当たる。

意味なんてまだ読み取れていないのに、この胸に込み上げてくるものは何だろう。



飛び飛びで耳に入る断片的な言葉が鏡みたいにありのままを突きつけてくる。

「身近で容易い欲に溺れた」

「優しさが嬉しかった、反面どうにも苦しくなった」

「どの面さげて、どこへ向かうの」

「結果的には嘘つきじゃねえの」



これが共感なのか、なんなのか、どうしようもなく涙が出てくる。

これが琴線に触れるというやつか。



夢を語る歌はたくさんあるが、現実を多少知ったつもりの人間はもうあまり聞く気になれない。

そんな「つもり」をあっさり超えてもっと現実を突きつけてくる。

それでいてまだもがけと言うのか。

なぜそれがこんなに励ましになるのか。



そうか、私はまだ終わっていなかったんだ。

開き直りでもなく純粋に熱くあっていいんだ。

これは大人青春歌。



どこかで、出来もしない年相応の振る舞いをしようとしていたのだろう。

いろんなことを知ったつもりになって自分の冷え切った心を他人事みたいに分析している。

上下の少ない安定した心を穏やかさだと勘違いしていたのかもしれない。

諸行無常に身を任せあとは同化し流れていくだけだと遠くの方で感じていた。

その流れに抗うことは出来ないけれど、自分の中にある純粋さを大事にしてもいいじゃないか。

醜くてもいいから、偽善も偽悪も捨ててもっとまっさらに生きたい。

大丈夫、まだこれからだ。

今からだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よせあつめ小話

2018年04月27日 | 日記


ため息は風に乗って



さきほど窓を全開にして作業をしていたときのこと、

ボロロロロとカブ独特のエンジン音をたて郵便屋さんがやってきた。

ガチャンと郵便物をポストに入れる音がしてそのあとバイクにまたがったのだろう一間置き、

二階の部屋まで聞こえる大きな声で「あ〜」とため息。

それと同時にカブが走り出してまた隣で止まり、隣で止まり遠ざかっていった。

雨の日も風の日も暑い日も寒い日もお疲れ様です。



初めての結婚記念日



我ら夫婦が入籍したのはちょうど1年前のおととい。

1日過ぎた昨日の会話から抜粋。

夫「そういえば明日結婚記念日だね」

私「あ〜そういえば昨日だわ」

夫「あれ昨日だっけ?」

私「そうだね」

二人「、、、」

そして二人で爆笑。

だめだこりゃ。

もともとそういうの向いていないとは思っていたけど、当日に一言も話題に出ないとはね。

二人とも全く抜け落ちている。



ある1日の行動



コーヒーを淹れようとして挽いた豆にお湯ではなく水を注ぎ気づいてやり直し、

やっとお湯が湧いてポットでお湯を注いでいたら傾けすぎて蓋がドリッパーの中に落下。

喉が痛くて買ってきたペアコールトローチという舐める形の薬を口に入れた瞬間に噛み砕くし、

その薬を舐めすぎて口の中がザラザラするし、

活発な活動に有効だという25分睡眠(昼寝)を実施しようとしたら3時間寝てしまうし、

味噌汁の味見をしようとしたら唇を火傷するし、

冷蔵庫にラップしまうし、私ってこんなにぼけてたっけ?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空想日記

2018年04月27日 | 空想日記
唐突にふと思ったのだけど、なんで生命は後世に種を残したいのだろう。



「それが生命の本能なのさ」とか言われても納得できない。

私が知りたいのは、なぜそれが本能として授けられたのかということ。

生き物は種を存続させるために様々な工夫をし、長い年月をかけて進化をしてまで種を残そうとしている。

その涙ぐましい努力たるや、人間の想像を軽く超えてしまう。

ハナカマキリの見事な擬態、深海魚の発光、類人猿の脳の発達とあげたらきりがない。



子孫を、種を残す。

地球上の全ての生き物がその一点に関して例外なく(厳密には知らないし働きアリとかは除く)同じ方向を見ている。

とても不思議な話だ。

まるで本当に天地創造した誰かがいて、生き物に「生き延びよ」「種を残せ」という使命を与えたもうたかのよう。



「そもそも種を残したいなどという意志や本能はどこにも存在しないよ。

単に遺伝子のやりとりのあれこれの結果を見て人間が勝手にそう意味付けしただけの話。」と言われたら何も言い返せない。

現実は得てして想像より淡白なもの。

それでも煮え切らないのは、わたしがロマンチストだからなのか、なんなのか。

「事実は小説より奇なり」ともいうからね。



なんでも調べればすぐにわかるだろうけど、あえてそうせず想像の畑を広げたい。

空想するためには、知っていることと知らないことのバランスが大事だ。

知り過ぎてもいけないし、知らな過ぎてもいけない。

しかしそれは半々というわけでもないから難しい。

その比率がきっかりはまったときに、きっと頭の中でカチリと鍵が開く音がするでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画シャーロック・ホームズ

2018年04月20日 | 映画


『シャーロック・ホームズ』
原作:アーサー・コナン・ドイル(キャラクター創造)
監督:ガイ・チッリー
脚本:マイケル・ロバート・ジョンソン、アンソニー・ペッカム、サイモン・キンバーグ
音楽:ハンス・ジマー
主演:ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ
配給:ワーナー・ブラザーズ
公開:2010年(日本)





『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』
原作:アーサー・コナン・ドイル(キャラクター創造)
監督:ガイ・チッリー
脚本:ミシェル・マローニー、キーラン・マローニー
音楽:ハンス・ジマー
主演:ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ
配給:ワーナー・ブラザーズ
公開:2012年(日本)



今更という感じもするが気分転換のつもりで映画『シャーロック・ホームズ』を観た。

アマゾンプライムにあったのでなんとなく見始めたら結局2作目の最後まで観てしまった。



シャーロック・ホームズといえば、中学生の頃に小説を読んだ。

シャーロック・ホームズについて多少は知っておかなければという義務感で読んでいたら、

結果的にまぁまぁはまったという感じだったと思う。

と言ってもシリーズ9作中5作目までしか読んでないけど。



その中で衝撃的だったのはホームズが日常的にコカインを服用していたことだ。

時代背景もあるが、世界的な有名人のリアルな人間性は子どもだった私にとって非常にショッキングな事実だった。

今でもその当時抱いた背が高くやせ細り神経質なシャーロック・ホームズと、背が低く恰幅の良いワトソンの対比が強烈に残っている。

そういう意味では映画『シャーロック・ホームズ』のコンビはビジュアル的に原作と逆だ。

ワトソンにジュード・ロウはスマート良すぎる。

しかしロバート・ダウニー・Jrもイケメン良すぎる。

エンドロールの最後にもあるように原作からはキャラクターしか使用していないからなんでもいいのだろう。

ロバート・ダウニー・Jrのホームズは原作ファンのイメージをぶち壊す新しいものだったが、それはそれで面白かった。

変人度はやはり映画でも欠かせず、家主の女性がホームズについて「〜と、〜と、コカの葉しか口にしない」と言ったとき、

間接的な表現ではあるが(あくまで翻訳だが)このエンタメ映画でもコカを口にしているという不健康ぶりに妙に納得した。



2作とも娯楽として満足度の高い映画だった。

いかにもエンターテイメントらしい要素がふんだんに盛り込まれており退屈しない。

それもそのはず、監督がイギリスの名監督ガイ・リッチーだというから驚きだ。

ガイ・リッチーの映画は昔結構好きだった。



サスペンスミステリーというにはあまりに非現実的だが、キャラクターが魅力的でテンポがよくそれなりにストーリーも面白い。

リアリティのある社会派サスペンスが観たいときはだめだが、暇なときに何も考えずに楽しい映画を観たいときはおすすめだ。



原作のホームズが少し恋しくなったので、また最初から小説読んでみようかな。

きっとまた違ったシャーロック・ホームズに出会える気がする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時空を歪める新時計

2018年04月19日 | 日記
作業中パソコンの時計を見ると、「16:15」。

ややあって飲み物をとりに居間へ行くと最近買った電子時計の赤い数字が目に入った。

「16:45」。

そんなばかな、ありえない。

いつの間に30分も経ったのだろう?



ご飯を食べているときに赤い文字盤を確認すると、「18:45」。

ややあってまた時計を見ると、「19:30」。

あれさっきまだ18時台だったのにもうこんな時間。



こんなことが何回か続き私は気づいた。

あの時計がこの家の時空を歪めているのだ。

珍しく忙しいというのに、変な物を買ってしまった。



……

忙しいときってなんでこんなに時間が経つの早いんだろう。

「ややあって」が一瞬にして消える。


ユーフォルビア飛竜、ガニメデくん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

倫理崩壊と頑固おやじ

2018年04月09日 | 空想日記
高校生の頃「倫理」という選択科目があり、私はそれを選ばなかったけれど、今更その内容が気になっている。

わざわざ高校の授業で学ぶ倫理とはなんだったのだろうか。



大人になって年を重ねれば重ねるほど世界のいろんなことがわかっていくのだろうと思っていたが、

少しずつ年を重ねてたくさんの知識と思しきそれらに触れれば触れるほど益々わからなくなっていく。

自分でも信じられないくらい何にもわからない。

荒れた大海で思考の渦にはまってしまったとでもいうのか。

それとも灼熱の砂漠で方向が定められた直線上をおぼつかない足取りで歩いているのだろうか。

どちらにしても嫌だな。



昼のワイド番組で弁護士が「あなたはそれが正義だと思っているのですか?」と誰かを問い詰めていた。

セ、せ、正義!?

勝手にその言葉はもう効力を持たない過去の遺物だと思っていたから、不意をつかれた。

言葉とは意味を辿っても終着地点がない不思議な生き物だ。

それをみんな無自覚に理性をもって、最大公約数として認識された意味を意味として認定してる。

もちろん「意味」は時間を経て変化もするし認識に多少のズレはあるだろうけど、修正可能な範囲内だ。

しかし倫理を扱う言葉は非常に繊細で取り扱いが特に難しい。

最大公約数がないといっても過言ではない。

それだけに皆使うのを避ける。

そういう意味ではあの弁護士はすごいのかもしれない。

自分の中にある正義を信じている。

正しいかそうでないかは横に置いて結局はそれしかないのかもしれない。



システムを理解する能力ばかりが上達して、その代わりに自分の考えが薄れていき、無機質になっていく。

そしてぼんやりと大きな何かに同化していく感覚だけが残る。

私の倫理観は多分結構崩壊している。



家のトイレに私の好きな押井守監督の『凡人として生きるということ(2008、幻冬舎新書)』という本を置いている。

トイレでしか読まないからまだ半分くらいしか進んでいないけれど、結構面白い。

内容が面白いというよりは、押井守の頑固おやじ感が面白い。

うたい文句はこうだ。

ーーーー
世の中は95%の凡人と5%の支配層で構成されている。
が、5%のために世の中はあるわけではない。
平凡な人々の日々の営みが社会であり経済なのだ。
しかし、その社会には支配層が流す「若さこそ価値がある」「友情は無欲なものだ」といったさまざまな“嘘”が“常識”としてまかり通っている。
嘘を見抜けるかどうかで僕たちは自由な凡人にも不自由な凡人にもなる。
自由な凡人人生が最も幸福で刺激的だと知る、押井哲学の真髄。
ーーーー

彼は若さこそ価値があるなんてデタラメだ!そんなデマに扇動されるな!と言い切る。

独断も独断で、明確な根拠がないのが斬新だ。

強いて言えば、理屈の根底には押井守の人生がある。

だから読んでいてとても人間臭い。



最近の傾向として何でもかんでも条理をわきまえ過ぎているのかもしれないと思う。

現実的であろうとするし、中立的であろうとする。

それは物事をより正確に捉えようとする努めだが、そのせいで「正しく」なりすぎる。

「根拠ある正しさ」を武装した戦士は一見強いが、鎧のクッション性が足りず思わぬ攻撃にあい一瞬で粉砕してしまう。

案外強いのは理不尽な人間臭さだったりして。

今こそ救世主頑固おやじ戦隊の活躍どころだ。


道端の花。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満開おとぼけ桜

2018年04月09日 | 日記
数年前に友達からもらった植木の桜が少し遅めの花を咲かした。

去年の秋に少し暖かい時期があって、その時春と勘違いして花をつけたまぬけな桜だ。

そのためか本当の春になっても他より少し動きが遅かった。

なんだかおっちょこちょいでかわいい桜。

誰が言っていたのか、人が人間以外の生き物をかわいいと思うのは無意識に擬人化しているからなんだとか。

確かに形容詞が物語っているね。



こっちがちゃんと世話しなくても、春にはちゃんと花を咲かす健気でかわいいやつ。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近好きな落語家

2018年04月06日 | 落語
文化放送の「サンキュータツオと渋谷らくご」というラジオ番組が結構面白くてよく聞いていた。

残念ながらつい先日最終回を迎えてしまい、楽しみが一つ減ってしまった。

落語初心者や全く知らない人でも落語を楽しめるような番組だった。

もっぱらYoutubeばかりを頼りに落語を聞いている私にとっては、

新しい人を発掘するのにとてもありがたかった。

その中で一番印象に残った落語家を紹介しようと思う。

九代目雷門助六師匠の弟子、31歳の若さで真打になったその名も雷門小助六師匠だ。

なんでこんなに耳に残るのかはわからないが、声が特徴的なのは大きいかもしれない。

何と言ってもまじめな感じがいい。

私はどうやら古典落語をしっかりやる人に反応してしまうようだ。

サンキュータツオの番組では「抜け雀」をやっていたけど、

Youtubeの音源が一つしかなかったのでそれを載せておく。

雷門小助六師匠の「両泥」は23:57から。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静かな黄昏時

2018年03月29日 | 空想日記
頭の中をすっきりさせたくて、体を伸ばす。

電気もつけず暗いまま、少し涼しくなった風に当たると気持ちがいい。

窓から低い橙色の日が差し込み、部屋に長い影を落とす。

こういう時間帯には非日常的な物語の気配を感じる。

音楽をかけるならフジコヘミングが奏でるショパンのノクターンがいいだろうか。

ゆっくりと静かに、いつの間にか日は暮れる。

こんな時間が毎日あったことを、なんだかちっとも思い出せない。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加