■財務アナリストの雑感■ シーズン8

会計士兼アナリストによる業界屈指の「脱力系」会計・財務・株式・金融ブログ。不正会計問題を受け、私も「覚醒」しました!

王様クッキーが引いた貧乏クジ ~NHKドラマ「監査法人」第2回に思う

2008-06-22 | NHK土曜ドラマ「監査法人」

第2話のダイジェスト(思いっ切りネタバレ)と雑感を少々書きました。
(ドラマは徐々に佳境に入っておりギャクは抑えてます)
ご笑納下さい。

-----------------------------------------------------

第2回「800億円の裏帳簿」


吉野(勝村政信)は健司(塚本高史)の数字に対する独特の嗅覚を評価して
大手食品メーカー・飛鳥屋の主査に抜擢。それと相前後して飛鳥屋の倉庫では
火事が起こる。ところが飛鳥屋の財務諸表には火災損失の気配さえ見られない。
飛鳥屋経理部に事情を聞くと、
倉庫管理は出資関係のない連結対象外の別会社「あおなみ興産」に
依頼しているためだという。


当然、健司らは「あおなみ興産」調査を主張するが、吉野(勝村政信)は
「あおなみ興産」には監査界の大御所で篠原理事長(橋爪功)の恩師でもある
鈴本会計士(加藤武)が監査しているし手を出すなとの指示。


しかしそのままではドラマは面白くない。
そこで健司は飛鳥屋と「あおなみ興産」の間に不審な経理処理を見つけ、
茜(松下奈緒)は倉庫で飛鳥屋の売れ残り在庫を見つける。


このあたりはカネボウの粉飾手口を彷彿とさせます。
ドラマでは2年前の在庫でしたが
カネボウの場合は、20年以上前のアイスクリームの売れ残り在庫を
飛ばしていたことも思い出しました。
カネボウの域まで達すると一種の「産業遺産」なのかも知れませんが。


健司は名古屋へ飛び同社の保有不動産の価値が大幅に下がるなどして
債務超過状態であること、そして不動産には全て東都銀行の抵当が付いている
ことを掴む。 監査手続というよりは不動産鑑定士の鑑定評価?。
(でも、デジカメで現地の写真を撮れば良かったのに・・・)
突撃訪問した鈴本会計士からも不動産業への転職を勧められた。


さらにここで大活躍するのが、健司らに「あおなみ興産」の諸勘定明細を
提供してくれた飛鳥屋経理部・魚住(西原亜希)。
スパイさながらの活躍で経理部で極秘管理していた
800億円もの裏帳簿を入手

「なぜそこまでして協力してくれるのか?」との健司のツッコミに
「(亡き父親がよく買ってきてくれた自社製品の)「王様クッキー」が好きだから・・・・・。」
とナイスなボケ。
それでいいんかい!クッキー食べれなくなっちゃうんだよー!。


まっ、いろいろあって飛鳥屋が巨額の不良債権を隠すために
「あおなみ興産」を利用していた実態をつかみ、
その裏にはメインバンク・東都銀行が指示した疑いも。


それでも吉野(勝村政信)は
ジャパン監査法人の篠原理事長からの「公表するな」との圧力もあり
飛鳥屋の決算を承認するという。


しかしこれでは、何のために厳格監査派の健司を抜擢したのかわからない。


煮え切れない吉野に対して
ブチ切れた茜が放った第2話最高のセリフがコレ。


茜「あんた見ていると疲れる!。
  いっそ悩まないで弱虫は弱虫らしく生きればいいのに!」


とても上司に対する言葉とは思えません。夫婦間・親子間ならわかりますけど。
監査法人とはなんと風通しの良い組織なのでしょうか。

それでも共感された視聴者は多いことでしょう。(私も、言ってみたい・・・・)
そしてこのセリフに「ドキッ」した会計士先生方も結構いるのではないでしょうか。
さらには、何だかよくわかりませんが日本中の弱虫クンも
多数元気づけられたことでしょう。



そして衝撃のエンディング。
健司が会計士を目指すきっかけは、
健司がバイトしていたバーにジャパン監査法人の篠原理事長が来て
その魅力などを語っていたことが明らかに。
(1話ラスト近くで篠原のボトルキープがあったので予想していました)。

最後に、「厳格監査」を目指す健司は
「ぬるま湯監査」篠原に宣戦布告して次回へ。

                                              以上
------------------------------------------------------------------
(以下は、どうでもいい雑感)


 ○今回は、主人公・若杉健司の設定に疑問を感じたのでコメントしてみました。

  (設定)
  入社4年目。高卒で、昼はガソリンスタンド、夜はバーテンダーのアルバイトを
  しながら猛勉強して国家試験に合格した異色の公認会計士。
  失踪中の妻との間に4歳の一人娘がいる。

  ・・・・・入社4年目で4歳の子持ちということは、受験勉強期間中に結婚して、
  子供ができたという計算。健司はバイトで疲れきってしかも子供の夜泣きに
  悩まされ、そして独身の時よりもはるかに重いプレッシャーを感じながら
  僅かな勉強時間でよくぞ受かったものです。
  1年4カ月フルタイムで勉強してようやく受かった私には到底できない芸当。

    NHKとしては「努力次第でどなたにも公認会計士になれるチャンスがある」と
   伝えたかったのでしょうが、いろんな要素を詰め込んだばっかりに、
   結果として手の届かない超人的なキャラクターとなってしまった感がします。                                                                                     

○前回に引き続き、これも会計士協会への提案なんですが・・・・、
 協会ホームページを開けますと若い男女2人のモデルさんがトップページを
 飾っております。http://www.hp.jicpa.or.jp/

 会計士業界にとって歴史に残るこのドラマを放送している間、
 敬意を表してNHKとタイアップして塚本高史と松下奈緒さんに
 トップページに登場いただけないものでしょうか。
 協会としてもこの程度の茶目っ気はあっても問題ないと思いますけどね・・・。
 
 (提案しても、ぬるま湯監査派の方などからの反対で実現はムリでしょうが)


○しかし、このドラマ何となく「踊る大捜査線」の構図に似てきた感じがします。
 厳格監査を志向する小野寺会計士が室井(柳葉敏郎)・・・・・とかね。
 いっそのこと「踊る監査法人」とかに改題しちゃえばいいのに・・・。


以上、「踊る円盤」でした。
またいきます。 

ドラマ第3回のダイジェストはこちらからご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/dancing-ufo/e/a7a323c498d6bae70ca77bbe0f6b72fd

ドラマ第4回のダイジェストと雑感はこちらからご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/dancing-ufo/e/82f41dc75260ec7e0723413a375d6fff

ドラマ第5回のダイジェストと雑感はこちらからご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/dancing-ufo/e/7b08e713f7de3d896cef25e5d67c485d

ドラマ最終回のダイジェストと雑感はこちらからご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/dancing-ufo/e/b6ffd34f37ac4061352470aab1bf5754

『株』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« ヤマダ電機の08/3期決算に思う | トップ | 法廷会計学vs粉飾決算vs財務... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
笑いました (音次郎)
2008-06-22 13:30:40
TBもさせていただきましたが、「踊る監査法人」は爆笑しましたが、せめて「躍る」監査法人になってほしいです。

それにしても素晴らしいユーモアセンスですね。他のエントリーも読ませていただきます。
過分なご評価に恐縮です。 (dancing-ufo)
2008-06-22 23:34:20

コメントありがとうございました。

この回のギャグの出来はイマイチだと思っておりましたので
望外の喜びでございます。

引き続きよろしくお引立てください。



Unknown (aki)
2008-06-23 13:07:20
勝間さん並の超人ですね、、、

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

NHK土曜ドラマ「監査法人」」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

土曜ドラマ「監査法人」 (音次郎の夏炉冬扇)
「トップセールス」に続いて、NHKの土曜ドラマを2クール連続で楽しんでおります。これまであまりドラマにはなじみがなかったところを舞台にした「監査法人」は、早くも一部では話題を呼んでいるようです。
現役会計士に聞く!ドラマ「監査法人」第2回を見て (NHKドラマ「監査法人」を切る!)
前回に引き続き、4大監査法人で監査業務の経験のある会計士に、 ドラマ「監査法人」第2回の意見や感想を聞いていきます。
ぴったんこカンカン 柳葉敏郎 関連最新情報 (柳葉敏郎 画像・動画 最新情報ブログ)
0604≪宮崎あおい≫ギャラクシー賞のテレビ部門の00066283.html 2...