ちゃるっと、にゃふっと。
あちゃー!また停止だよ…。
 



先週の土曜日は長男の運動会。このあたり(遠州)では秋に盛大な祭りがあるからなのか、小学校は春に運動会をやるケースが多いらしい。で、運動会ですが、父に似ず(?)徒競争ではイマイチの3位。パワー系の綱引きで勝利するなど、それなりに頑張っていた模様。

さて、その運動会の振替休日が月曜日に。なぜか私の会社も月曜日が休みに設定されていたということもあり名古屋にあるポケパークに行ってきたんですよ。ポケパークって何かというと、愛知博のサテライト会場として開設されている中途半端なポケモン遊園地です。月曜日ってことで、ガラガラを期待して行ったのですが...甘かった!浜松~掛川の小学校がどうやら集中して振替休日になっていたという事実と関係があるのかわかりませんが、パークの係員によると「月曜日としては異常な混雑」だった模様。1時間待ちは当たり前。人気のアトラクションは5時間待ちなんても。

到着直後にのった「ピカチュウの森」なんてディズニーランドで言うところの「ダンボ」なわけですが、これも2時間待ち。しかし、ここのアトラクション。言ってしまうと「子供だまし」なんですわ。何もかもがちょろい。スケールが小さい。安っぽい。でも、ポケモン。もうそりゃポケモンですから...。どうやら子供たちにしてみたら同じネズミでもディズニーランドよりも格段に楽しかった模様。

混んでいたこともあって乗れたアトラクションは5つ。しかし、アトラクションのそれぞれが500円~800円とえらい高いので、金銭的には正直助かりました。「パスポート」システムになっていないのでこれが困るわけです。子供×2+大人×1で1,500円/回以上はかかることになるわけで。観覧車なんて800円×4人=3,200円って...。

最後にグラードンと一緒に記念撮影をして終了。子供は大満足のようだったので良しとしましょう。しかし、さすがポケモン。ものすごいビジネスモデルを考えるもですわ。3月~9月の約半年でこれだけの投資を回収をして利益まで出してしまうわけですから。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日本代表 10-15 カナダ代表

残念ながらの敗北。録画を夜見た、結果を知っていた、ということもあって相変わらずウトウトしながらの観戦。で、明日は忙しいのできっともう一度見ることはしないだろうから、簡単な感想を2点のみ。

・BKに縦に走られると止められません。何故でしょう。するするっと抜かれる悪い癖は、一体何年前からのもの?

・最後のトライ。あれ最初からやって欲しいんですけど...。何故あれくらい積極的に前半から攻められないのでしょう?

もう、アイルランド戦の前にみんなで生まれ変わってもらうくらいの気持ちでお願いします。前回W杯のときのように。


コメント ( 6 ) | Trackback ( 3 )




最近よくキャプテンズランという文字列を見るのですが、これってなんなのでしょうか。最近の言葉なのでしょうか?こちらのレポートにも

>明日、秩父宮ラグビー場でキャプテンズランを行い最終調整となります。

とあります。どなたかキャプテンズランってどんなことをするものなのか教えていただけませんか?


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




一昨日の興奮も覚めやらぬうちに、スーパーカップ決勝戦のジャパンメンバーが発表されましたね。で、注目は...やっぱり村田さんいないじゃん!くぅ~。怪我治らないかぁ。アイルランド戦間に合うかなぁ。さて、ジュビロ勢を見てみると先発は山村のみ。高木は先発どころかリザーブからも外れてしまいました。あちゃ~残念。中林はきっと途中出場で『ナカバコール』に応えてくれると思います。そして、マキリが怪我したってことでFLは浅野が先発。で、ここで提案。木曽は如何?3列も難なくこなしますよ。本人に聞いてみたところ3列の方が好きだって言うし。いい仕事しまっせ~。萩本監督、どうよ?そんでもってやっぱり触れるべきは五郎丸。じつは五郎丸、ちゃんと見たことないんです。意識して見たのは一昨日が初めて。ってことで注目。

メンバーどうこうというよりも、しつこいようですがアイルランド戦につながる試合が見たいんです。誤解を恐れずにいえば、負けてもOK。可能性を見たい。エキサイティングな試合を見たい。そしてなにより、夢、を見たい。勝ち負けはこの際おいといて、アイルランド戦で「もしや!?」と期待を持てる、そんな試合をしてもらいたい。こんなこと考えてるのはきっと少数派...?


コメント ( 8 ) | Trackback ( 1 )




日本代表 23-16 ルーマニア代表

昨晩はちょっとウトウトしながらのテレビ観戦だったので、本日もう一度見直してみました。で、感想ですが、『フランス流はどこへいった?』

みなさんのBlogは比較的好意的な意見なので、私はちょっと辛口で。読んでいてムカつくかも知れませんがご了承ください。観にいけなかった「ひがみ」と理解して頂いても結構だと思います(笑)

昨日はタックルが甘いと書きましたが、FWはそこそこ頑張っていたと思います。でも体格差もあってかコンタクトした際に1m、2mとラインを下げられていました。まあ、このあたりは仕方ないところでしょうね。激しくタックルに入っていたというよりも、ルーマニアがガンガンぶつかってきてくれていた、という印象です。ところがBKのディフェンスは悪かったですね。ルーマニアのBKが展開力ほぼゼロということでBK勝負がほとんどなかったことで助かったと思っていますが、もっとしっかりタックル入りましょう。特に縦に入られたときの適応能力はほぼゼロ。スルスルっと面白いように抜かれたシーンが3回。前半のトライシーンもそうでしたが、縦に入られたときにタックルに入れないと致命傷になりますから。韓国戦は観ていないのでラグビー愛好日記の情報になりますが、どうやら韓国戦もタックルの甘さが目立っていた模様。このあたりは修正が出来ていなかったということになるでしょうか。まあ、タックルが1週間やそこらでガラッとよくなったら、誰も苦労はしないわけですが。

ディフェンスが結果として「破綻」したように「見えなかった」ことの大きな理由としては、ルーマニアの攻撃力があまりにも低かったから、だと思っています。FWは体格差を利用してガンガン前に出てきましたが、それだけ。まるで体をぶつけることを楽しんでいるような感じで、体をぶつけたあとにどう攻めるのか?ということが見えませんでした。BKでの攻撃力が期待できないということもあって攻めのオプションがキックで前進しかなかったということもあるのでしょうが、もっと攻撃がしっかり組み立てられていればまったく違った展開になっていたと思います。特に、前半はあれだけ地域、ボールを支配していながら6点しか取れていませんから。

それから目立ったのはキック処理のマズさ。上空で風がまいていたのか難しい局面もあったようですが、ハイパントを誰も取りに行かないってどうよ?どうにもジャパンはキック処理が安定しませんね。ロングキック全盛のこの時代にこのあたりのスキルアップをしようとする意思があるのだろうか?と首を傾げてしまいます。後半38分に水野がバンザイでキャッチミスという、バックスリーとしてあるまじき失態を犯しましたし。

さて、フランス流。Jスポ解説の村上さんも言っていましたが「練習の成果」って今回の試合で見ることができたのでしょうか?言ってしまうとフランス流が見ることができたのか?強引に結びつけるのであれば、後半36分のトライは「扉を開けた」と解釈できなくはないですが、特にフツーのプレーですよ。五郎丸の安定したキャッチと強いランニング、ラックの連取、小野澤と大畑のランニングスキル。どっちかというと個人技で開いた扉。組織としてどうやって扉を開けようとしたのか。明らかにバックスのスキルで上回るジャパンが何故ほとんど展開攻撃ができなかったのか。前半にワクワクしたシーンは小野澤がランした3回のみ。これって小野澤の個人技にワクワクしただけ。ルーマニアのスローペースのゲームに付き合ってしまったということも一員かもしれません。でも、ジャパンの生命線はスピードじゃないの?スローペースをどうやって打破し、得意なフィールドに持ち込むか。そのあたりも課題になるのでしょう。辛口になりますが、攻撃面でもほとんど見るべきところはありませんでした。

とは言え「テストマッチ」。勝つことが何より大事。それわかります。萩本監督の試合後のインタビューでも「泥臭くポイントを挙げていくことを重視」。それもわかる。最後に競り勝つことができた。これは評価できます。でもさ、フランス流を声高く宣伝してきてさ、未だに見えないんですよ、そのフランス流が。香港戦は見えたのかもしれませんが、如何せん完全に格下。韓国戦でもどうやら見られなかったらしい。今日のルーマニアを見るとこれも格下といっていいかもしれません。が、もう勝つのだけで精一杯で練習の成果が発揮できていない。そんな印象を受けてしまいます。結果として「勝った」という事実で何とかつなぎとめている。これが「負け」てしまっていたら...。果たして最終目標である「アイルランド戦」につながる一戦になったのでしょうか。

と、ガラにもなく辛口になってしまいましたが、まあ、所詮テレビ観戦ですから。現場で見ていたらもっと純粋に勝利に喜んでいたかも。さて、その他の雑感。

・観客、5,603人。平日とはいえ寂しいですな。

・やっぱ日本国歌だけ独唱はずるくない?

・山村の開始早々のタッチキック。笑った。

・森田のキックは飛距離がでます。DGもいい。大きな武器。でもムラがありすぎ。出すところはしっかり出そう。

・やっぱりスクラム押されると厳しいですね。マイボールスクラムを奪われたシーンもありました。ファンは胃が痛んだことでしょう(笑)

・辻。タックルいいよ、やっぱり。でも捌きが...。FWプレッシャーきつかったことを割り引いても村田さんの方がいいね(思い込み?)

・やっぱり小野澤は特殊。廣瀬が国宝なら小野澤はなに?天然記念物か。

・大畑CTBも悪くないかな?と思った。大畑-小野澤のラインはなんかやってくれそうな気配がある。

・元木。存在感なかったなぁ。

・五郎丸。ワンプレーで存在感を見せ付けました。たったワンプレーで評価はできませんが、FBとしての可能性を感じました。スターの器なのでしょうか。

・中林投入時の「ナカバー!!」の掛け声は、残念ながらテレビでは聞こえませんでした(爆)


コメント ( 10 ) | Trackback ( 2 )



« 前ページ