ちゃるっと、にゃふっと。
あちゃー!また停止だよ…。
 



高校ラグビーの盛岡工vs大工大をビデオ観戦。いやー、盛岡工惜しかったねー。あと一歩まで追い詰めたんだけど自力に勝る大工大の勝利。盛岡工は前に出るディフェンスでプレッシャーをかけたけど、後半ちょっと足が止まったかな。対する大工大はしっかり後半修正してきた。いい試合だった。

しかし、あくまで主観だけどレフェリングにいくつか???が。ニ回目のアレもレイトチャージに見えたし、アドバンテージの解釈も???だったし。花園は一発勝負。負けたらおしまい。その勝負に一年、いや三年間の全てを懸けている選手たち。ひるがえってレフェリーはどうか。その一戦に全てを懸けているであろうか。そこまでの要求は酷だとしても、彼らのその思いをしっかり受け止められているのだろうか。いくつかの笛の中の一つ、そんなことになってはいないであろうか。もちろんレフェリー諸氏にはボランティアで頑張って頂いていることは理解しているのだが...。

高校ラグビーだけではなく、だけども。生活かかっている社会人の方がある意味切実ともいえるけど。

ビーマガ冒頭の藤島氏のコラムは興味深かった。選手とレフェリー、互いの信頼関係は、互いを理解し尊敬することから生まれるのであろう。レフェリーについても以前からずーっと言われていること。こちらも強豪国にはなかなか追い付けない。

レフェリー諸氏、偉そうですまぬ。


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




今日から実家のある神奈川へ帰省。途中御殿場付近から雪が降ってきた。掛川っ子の息子たちは雪を見て大はしゃぎ。せっかくだから横浜インター下りて雪遊び。思いがけないことで大喜びのふたり。でも南に下った横須賀では雨になってた...。



コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




観客が8,838人入ったとの事。うちの子供二人のようにノーカウントも含めるともっと実際は多いんだろうね。Jスポでも矢野さんと梶原さんが驚いてたね。会社の知り合いの人で9月の近鉄戦が初ラグビー観戦の人がいたんだけど、今回も来てた。どうやら子供がラグビー好きになったみたい。子供たちにもっとたくさんラグビーを観させてあげて。だから、ホームでの試合をもっと増やしてあげて。何より大事なのは、ラグビーが大好きな子供がたくさん増えること。ヤマハさん(当然見てないだろうけど)そのあたりも宜しくお願いいたします。


うちの子供たちは相変わらずなわけだが...。ちっこい方は試合中に寝てやがるし...。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さくっと冷静に書きましたが、実際悔しいですよ。優勝を夢見てましたからね。ホームで優勝をかっさらわれた訳だし。本当にいいチームだと思って応援してきたし、優勝できる力もあるチームだと思ってるし。東芝のFWに対する一つの回答を明示してもらいたいというのもあったしね。でも本当に悔しいのは選手やチームスタッフの方々でしょう。目の前に届くところにあった優勝がするっと逃げてしまった。いや、逃がしてしまった、かな?月並みですが、その悔しさをバネに来季も頑張ってもらいたいですね。こちらも頑張って応援しますよ、もちろん(この書き方だと余計に冷めてるって言われそう)。

ん?来季ってMS杯や日本選手権もあるだろって?いや、あの二つはいまいち燃えないんですよね。実際優勝チームが3つとも違ったらどこが一番強いってことになるの?それは恐らく大多数の方がトップリーグの勝者というでしょうね(オレだけ?)。だからです。あとの二つはオマケ。トップリーグ勝者が真のチャンピオン。チャンピオンの安売りはいらないですよ。ということで、これからは来季を見据えてちょびっとづつ若手を使うとか、SO大田尾、CTBレオン、FBウィリーでいってみるとか。それで優勝できればもうけものといった感じで。実際は優勝して欲しいけどね。勝手ですが。

でもMS杯、日本選手権をやるくらいだったらホーム&アウェイで倍の試合数やってもらいたいね。何でか?だってカップ戦はヤマスタでやらないもん。つまらないじゃない。シーズンが9月から3月まであって、ホームでの試合がたったの3試合だよ?おかしくない?半年で3試合。考えられないね。トップリーグにしたって、なんでNEC戦とかクボタ戦を花園でやるよ?いくら関西協会所属だからって常識的におかしいって。博多の様にチームがない地域でやることに意義はあるけど、花園でやることに何の意義も見出せないよ。もうちょっとホームタウンってものの意味を考えてよ、日本協会。このネタで今度協会にメール入れときます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ヤマハvs東芝戦、テレビで見直してみた。で、感想。いい試合じゃーないですか。某ラウンジでは「決勝戦にしてはレベルが低い、海外はもっとレベルが高い」とか書かれてましたが、いまさら当然の事言わないで下さいよ。同じレベルだったら、ワールドカップで優勝してますって、おいおい。

さて、東芝のラグビーはつまらない、モールゴリゴリじゃん。と思ってたし、実際つまらんと書きましたが、ごめんなさい、そんなことありませんでした。思い違いでした。お詫びして訂正いたします。何故か?ヤマハはそこそこの戦いが出来ました。内容では完敗だったけど大崩れしませんでした。力があれば東芝とも拮抗した試合ができるということです。モールもそこそこ止められました。何が言いたいのかというと、東芝とヤマハ以外のチームのレベルが低すぎるということです。要するに東芝のモールを止められないチームが悪い。東芝を責めてもそれはお門違いではないか、と。つまらなくしているのは東芝じゃなくて弱小FWとまともなディフェンスができないチームと言うこと。FW戦はつまらないとよく言われますが、最低限あのくらいの力がベースにないととてもじゃないけど海外じゃ通用しないでしょう。東芝とヤマハ以外のチームレベルが上がることを切に願います。生意気な言い方ですが。

と、ここまで書いて解説の村上氏と同じ事言ってると気づきました。まねしたわけじゃないんですよ(笑)以前聞いたときには「まあ、そうかも知れないけどさ、つまらんものはつまらんのよ」と思ってましたが、忍法変わり身の術ってことで。そういえば村上氏、東芝の優勝予想してましたね。ビンゴ。

前半は拮抗していました。風下でテリトリー、ポゼッションともに不利な状況でしたがよく耐えました。モールもしっかり止めました。風下での1トライ献上は上出来でしょう。

で、問題の後半ですね。トータルでみるとそんなに悪くはなかったと思いました。ただ、
・レオンに対するプレシャーがきつく、プレイの自由度を失っていた。
・スクラムを押し込まれた。
・接点で東芝の方が上だった。コンタクト後に東芝はしっかり前に出ていた。
・あつーくなってペナルティを食らった。

といった理由で攻撃にリズムがつかめなかったでしょうか。加えて、勝負を分けたプレーがいくつかあったと思います。まず後半1分。マクラウドのランにマットソン振られてインサイドの中林との間をするっと。ミスマッチをさっくり衝かれました。

後半18分の木曽のスタンピング。実際は踏んではいないように見えましたが、あれペナルティは厳しくないですか?その前に東芝の選手がボール離さないからいけないわけで...。その直後に立川のランにレオンが珍しくミスタックル。そのまま突っ走られました。

ヤマハトライ後の後半28分、東芝のキックオフ。絶妙の位置のキックにより澤田がキャッチするもタッチの外へ。東芝絶好の位置でラインアウトへ。直後にナイスディフェンスで外に押し出しマイボールラインアウト。が何をあせったのかクイックスロー。レオンがプレッシャーでつぶされる、と。キックオフはホント大事ですねー。

そして直後にウィリーのシンビン。おい!相田さんよ!あれちがくないかい!?ウィリーはスタンピングしてないだろ。ちゃんと見てろよ。オトが痛がってるのは反対側の腕じゃんか。って事でしばらくゴール前に釘付けにされ、FW・BK一体となったモールでトライ。7点差に追い上げた直後だっただけにこれが痛かった。

とまあ、トライを取られたときにはしっかりとヤマハのミスがありました。
その差は少しだったのかもしれませんが、すべてで東芝が上回っていた、ということで完敗。

レオンのディフェンスや要所でのジャッカル(←この言い方好きじゃないけど他に良い言い方ないので)、モールを止めたFWの頑張り、ピンチのときの強烈なタックルなど、ヤマハにも見所はたくさんありました。
あともう一つ。外で勝負できるウィングが欲しいなー、と。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ