ちゃるっと、にゃふっと。
あちゃー!また停止だよ…。
 



やっとアイルランド戦第2テストを見終わりました。飲み会とか色々でなかなか時間を取れなくって。プレッシャーもあったので見るのやめようかなとも思ったんですが。

今回はスクラム、ラインアウト、ハーフ団の判断に注目してテレビ観戦してみました。さて、第一テストでボロボロだったスクラム。

マイボールスクラムが13回
そのうち奪われたのは0回
プレッシャーを受けたのは2回
ダイレクトフッキングは12回
反則は0回(アイルランドボールスクラムでコラプシング2回)

うむ。見事としか言いようがないでしょう。先の試合での数値は把握していませんが、アレだけボロボロだったスクラムを一週間で完璧に修正してきました。なんとダイレクトフッキングが12/13回ですから。特にフッカー中林と塚越。よく頑張った。今回の試合が何とか見られたゲームになったのもこのセットスクラムの安定が大きな要因と思います。でも、7分のトライは6分に犯したスクラムコラプシングが引き金。ミスがトライに繋がってしまいました。ちなみにアイルランドは

マイボールスクラムが10回
そのうち奪われたのは0回
プレッシャーを受けたのは0回
ダイレクトフッキングは0回
反則は1回(アーリープッシュ)

そしてラインアウト。右表の通りジャパンは8/11。数字だけ見れば、まあ普通に見えます。が、そうでもない。最初の1本は絡まれて奪われました。2本目はノットストレート。そしてこの2本のラインアウトミスがアイルランド先制のトライに結び付けられてしまいました。アイルランド陣に入り込んでのラインアウトを奪われジャパン陣内に戻されました。そこからアイルランドが左展開するもパスミスでジャパンラインアウトへ。しかしここでノットストレート。この後のスクラムからの攻撃でトライ。スクラムでは大健闘の中林でしたが、先制トライを与えてしまうミスが起こりました。ミスをしっかりと突いてきたアイルランドは見事ですが、格上相手へのミスが取り返しのつかないことに結びつくことを肝に銘じなければなりません。しかし、その後のラインアウトはほぼ安定。前半30分に再びノットストレートをとられた以外は問題なく確保しました。

そしてHB団のプレー選択です。HB団の全プレー数(PGでのゴール、タッチへのキック除く)は84回でした。そのうち、

HB(村田)
パス 29回 74.4%
ラン 6回 15.4%
キック 4回 10.3%

HB(後藤)
パス 12回 92.3%
ラン 1回 7.7%
キック 0回 0%

SO(廣瀬)
パス 23回 71.9%
ラン 6回 18.8%
キック 3回 9.4%

もちろん前回の試合は記録とっていませんが、キックの比率がもっと多かったはず。そしてランの数も少なかったのではないかな、と。全7キックのうち、私が攻撃的であったと思ったのは3回。村田のDG1回を除いて3回は?がちょっと浮かびましたが、それでもまったくダメダメなキックではなく思えました。私はラグビーのプレーにおいてキックというもの(PG、DG除く)はあまり好きではないので、今回の試合のHB団のプレー選択には非常に好感を持ちました。そしてペナルティ後の速攻。いわゆるPからGoですが、村田が3回仕掛けています。そのうち1回が後半20分の大畑のトライにつながりました。積極的に攻める姿勢が見事に実を結びました。

廣瀬は積極的にラインを動かし、自らランで仕掛けるなど終始積極的に攻撃を仕掛けました。が、そう簡単にトライを奪うことはできませんでした。何故か。アイルランドのタックルがよい(ジャパンよりも)、接点が強い、などいろいろ理由はあると思いますが、ひとつにラインが深すぎるのではないかと。アイルランドは浅いんですよ。そしてHBのパスがフラットなんですね。ジャパンはラインが深いのでパスを受けた時点でアタッカーとタックラーの間合いが比較的広い。そしてアイルランドのディフェンスが正対してタックルに入れる。一方アイルランドのフラットなパスだと、パスを受けた時点でディフェンスとの間合いが狭い。そして既にその時点でずらされている。なのでタックルに入れない。すみません。うまく説明できません。当たっているかも分かりません。

監督の試合後のインタビュー

・世界7位の強国に対して果敢なタックルとそれからやはり日本の強みであるタックルからのこぼれダマのターンオーバー。

・収穫はやはりW杯のときに果敢にタックルに行った、それが基盤となっていますし、そこからのやはり攻撃力というものがこのチームの収穫だと思います。

これが良く分かりません。アイルランドのフラットなラインに対して完全に後手に回ったディフェンス。決してタックルは突き刺さっていませんでした。ましてやW杯でのタックルと同列に語るなどとは、前回のW杯メンバーに対しての侮辱でさえあります。タックルミス15がそれを物語っています。バックスに限らず前に出てのディフェンスはほとんど見られませんでした。一度見られたのは前半34分の大畑のトライに繋がったディフェンスでしょう。このシーンでは次々と前に出るディフェンスが湧き上がりました。このようなディフェンスを80分間できれば勝利も手繰り寄せられたでかもしれません。が、W杯でさえも80分は持ちませんでした。今のジャパンに80分間それを求めるのは厳しい注文だとは思いますが。

積極的に攻撃を仕掛ける、という今回の試合の課題はある程度クリアーできたと思います。が、積極的に仕掛けるだけではトライは奪えません。どうやってトライをとる形を作るか。当たり前のことでずーっと言われ続けたことですが、当たり前のように今回もこの課題を残して春のシーズンを終えました。結局何も変わらなかった。そんな印象です。ディフェンスに関しても結局何も変わらなかった。そんな印象です。まあ、慣れてますからいいんですけどね。

その他いくつか気付いたところ。

・高木の前半最後のところでのシンビン。何度も確認をしたんですが、どうしても反則に見えません。木曽がタックルに入った後に倒れたプレーヤーからボールを奪取すべくジャッカル。もちろんオンサイドの位置から膝を着かずにしっかり取りに行っています。教科書のようなきれいな姿勢で。アレがペナルティだったらジョージ・スミス(Aus)なんて全部ペナルティでしょうが。むしろアイルランド選手のペナルティに見えました。あの状態で高木がボールを出せないということは、ほぼ間違いなくノットリリースでしょう。

・前半43分。アイルランドがモールサイドからジャパンゴールラインになだれ込むもトライ認められず。映像で見る限りはバッチシグランディングしてるが。日本でもビデオレフェリーを導入してもらいたいですね。金かかるでしょうが。

・後半5分の廣瀬のPG。このシーンは高木がシンビンで14人で戦っていたということ。このゴールを決めれば13点差となり2T2Gで逆転できること。これらから、この選択は正しかったと思っています。

・後半2分。ラインアウト後に元木がアイルランドフランカーにステップで振り切られる。触ることさえできず。そんでもってトライを奪われる。元木は相手ボールを強奪するなどいいプレーもありましたが、このような気のないプレーもありました。私は冨岡のほうが好きです。しかし、このトライも元はと言えば小野澤の不用意なオフサイドがきっかけなわけで。

・秩父宮の芝、いつぞやよりはまともですが、ところどころにハゲが。テストマッチに合わせてこれくらいのコンディションは作りこんでくるのがプロってものでしょう。アイルランドに対して失礼でしょう。ホント「聖地」が泣くよ、まったく。

・観客数14,913人。なんとも寂しいですね。全部埋まってないもんね。

・おフランス流ともこれでおさらばですね。お疲れ様でした。

※文中数値データは間違っているかもしれません。ご了承ください。


コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )




え~と、録画失敗でやんす...。日曜日のライブ放送は、出かけて駅までの間に「セット間違えたかも」と思ってました。案の定帰ってみたら失敗でした。あらら。で、20日の再放送をセットしておいたのですが、放映開始から4分しか録れてないじゃん!何故か。息子がリモコンでスカパーオフにしてしまった以外に考えられません。チューナー連動なのでスカパーチューナーをオフにすると自動的にHDDの録画も終了。明らかにソレだ。

ということで、録画みてから感想を、なんて書いたのですが書けません。今日の再放送見てから書きます。楽しみにしてくれてた方(一人だけかな?)、ごめんなさい。


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




あぁ、ジャパン負けちゃいました。新幹線乗ってるところなので、記憶だけで書いてるのであいまいになるかもしれません。まあ、仕方ない、といったところでしょうか。前半の点差で食い付ければアイルランドが慌てる&疲労で、ひょっとしたらがありえるかもとちょいと期待もしたのですが、なにせ高木のシンビンが痛かった。後半開始直後の2トライ献上で、あらら~って。逆に言えばあそこさえ踏ん張れればね。だけど一人少なくて抑えられるほど甘くないですな。

今日の試合は前に出る姿勢やトライを取ってやる、という気迫が見られたし、前回に比べればスクラムとラインアウトを工夫してそこそこ確保していましたし。でも、やっぱりディフェンスなんでしょうね。オーバーラップ作られたり、タックル外されたり、密集サイドをスコーンと抜かれたり。それと、やっぱり接点強いね、アイルランドは。それが故に数的優位を簡単に作られちゃう。ジャパンのオフェンスラインが揃わないシーンを頻繁に見かけましたよ。

でも、前回と違って攻める意思が見えました。ラインがないからとりあえずキック、という安易な選択肢は取らず、継続を意識した攻撃でしたから。まあ、継続すればするほど味方が減っていく、という問題はありますが。アイルランドは最後の方は疲れたんだか、だいぶダレていましたけど、攻める意識を見せてこの点差であればアイルランド相手に良くやったとは言いにくいですが仕方ないかな、と。でも、いい試合をするにはまだまだ足りないところがたくさんですよね。そういえば、最後までおフランス流は見られなかったと思っています(私が理解できてないだけかも)。しかし、今後の方針はどうするのでしょうかかね?

録画したのを見てから詳しく書けたら書いて見ます。でも今日は遅いからダメかな?明日、明後日も山梨に出張だからダメかな?


コメント ( 6 ) | Trackback ( 1 )




アイルランド戦 第2テストのメンバーが発表されました。せっかくなので、貼っておきます。

1.高木重保
2.中林正一
3.山村亮
4.木曽一
5.熊谷皇紀
6.ハレ・マキリ
7.浅野良太
8.箕内拓郎
9.村田亙
10.廣瀬佳司
11.小野澤宏時
12.元木由記雄
13.ルーベン・パーキンソン
14.大畑大介
15.立川剛士
16.塚越賢
17.笠井建志
18.中居智昭
19.伊藤剛臣
20.後藤翔太
21.冨岡鉄平
22.五郎丸歩

注目は...ジュビロの5人!1~4まで全部ジュビロ!もちろん村田さんも。ジュビロファンとしてはなんとも嬉しい限りです。注目のスクラム。フロントローは何とか耐えてもらいたい!中林と村田さんの呼吸で、スパッとダイレクトフッキングよろしく!さらに中林、ラインアウトも注目ですから。木曽、しっかりラインアウト取ってね。タックルもね。暴れちゃだめよ。村田さんは頭を割らないように...。出血でドクターストップはイヤですよ。

それからSO。森田は前回の試合の結果で外されたか。でも、まだ若いんだから成長して帰ってくればよし。経験は必ず生きるはず。国宝廣瀬にはものすごい重圧がかかるでしょう。前回の試合がアレでしたから。キックはプレースでよろしく。ラインをこれでもかというくらい動かして欲しいけど...あんまり得意じゃないんだよね。でも、両WTBを活かせるゲームメイクに期待します。小野澤も復帰したし!冨岡にスタメンして欲しかったなぁ。ガツガツいくあのプレースタイル好きなんだよなぁ。後半のここぞというところで投入かな?

さて、南村さんのRWC2011日本招致組合 Blogにて「6.19赤で埋めようキャンペーン」を呼びかけています。これ、いいですね。サッカーは真っ青になるじゃないですか。ラグビーは赤くしましょうよ。私はレプリカジャージ着て行きますよ、もちろん。秩父宮で歌を歌おう!とかいう動きも以前はありましたが、これって難しいですよね。歌うのってちょっと恥ずかしいし。でも、赤い服だったら着るだけだから。赤シャツくらいだったら恥ずかしくないでしょうし。ちなみに私はたいていジャパンの試合の日は帰りの新幹線はレプリカ着たまんまですから。

6.19が祭りになりますように。ちなみに前の日は前夜祭です(爆)



コメント ( 6 ) | Trackback ( 3 )




ジャパン 12-44 アイルランド

ひとことで言えば完敗。まったくワクワクせず。まったく勝てる気がせず。要因はスクラム、ラインアウトでの完敗とゲームメイクのまずさでしょうか。スクラムの劣勢はきっと予想されていたはず。だとしたら早い球出し意外に打つ手は無いのでは?となればダイレクトフッキングとなるわけだが...。来週までに練習してきてください。ラインアウトはどうなんでしょう。スローが悪い?呼吸が合っていない?ショート使うとか、バックス入れるとか、手は無かったんでしょうか?これも来週までに練習してきてください。しかし、ここまでスクラムとラインアウトが無残にやられる試合は早々目にすることはできません。おフランス流とか言う前に基本のキの字からやり直しですな。

それからゲームメイク。って言うか森田をはじめとするバックスの決まりごとでもあるかのようなキック。おフランス流は?キッキングゲームがお約束?攻撃的なキックもいくらかはありました。が、キック主体のゲームがジャパンの目指すラグビーなのですか?小野澤は今日は欠場でしたが、両WTBの走力を生かすのがジャパンのプランじゃないのですか?おフランス流では扉を開けようとしていたのではないのですか?いつから扉の上からボールを蹴りこむという解釈に変わったのでしょうか。シロウト目ですが、アイルランドバックスのプレッシャーは決して早くも強くもなかったように見えました。解説村上氏は「見ているのとやっているのではプレッシャーの感じ方が違うのでしょう」と解釈していましたが、プレーしている彼らはものすごいプレッシャーを感じていて、蹴る以外のプレー選択ができなかったということでしょうか。しかし、8強狙っているんですよね。プレッシャー強かったら全部キックですか。それで8強ですか。それでいいんですか?解説藤島氏曰く「手詰まりでキック。個々の選手のせいというよりはチームとしての方針。もう少しプログラムされたアタックを準備しておかないと」それって、おフランス流でみっちり練習してきたのでは?

後半38分、大畑が持ちこんだラックから後藤がパスアウト、塚越(たぶん)がキック。味方選手から思わず「蹴るな!」の声が。
後半43分、レフェリーから「Last play」の声。ジャパン選手も「ラスト!」の掛け声。それを無視するかのようにキックする森田。

これって個々の選手のせいだよ、きっと。わたくし的には次戦で森田の起用はありえません。タックルも外されまくって(というかタックルなの?)いましたし、全てにおいてレベルが上の廣瀬で行きましょう。

しかし、得点だけを見れば善戦。正直に言えば50点以上取られると思っていましたから。10点も取れないと思っていましたから。アイルランドは思ったよりも強くなかったです。ライオンズに主力を取られていたことの影響はもちろんあるのでしょうが、もうちょっとガンガンくると思っていたのですが。ノックオンも多かったし、格別タックルが凄いわけでもなかったし。暑さもあったのでしょうけど。でも、接点の強さはジャパンとは格が違いましたね。絡まれまくりましたから。

それから監督のハーフタイムでのコメントが面白い。今日一番面白かったのがコレ。
「セットプレーを修正したい。前半はボール争奪のところでやられていた。戦い方は間違っていないので最後の10分間で勝負をかけたい」

戦い方は間違っていないらしい。キックでOKらしい。前半終了時で既に9-26だが、最後の10分勝負するだけでどうやら追いつけるプランがあるらしい。後半30分までに点差が17点以上に開かない自信があるらしい。どうやらジャパンは凄いらしい。


これだけ言いたい放題でナニですが、甘いと言われると思いますが、セットが完璧にできたらね、キック無しでもっと攻められたらね、もうちょっと競った試合にできたかな、と。今日のアイルランドだったら、ひょっとしてがありえるんじゃないかな、と。そこが難しいんじゃ!と言われるでしょうけど。でもね、残り1試合ですから。来週応援に行きますから。希望を持っていたいの...。

観客数は12,108人。少ないねぇ。寂しいねぇ。しかし大阪のファン。試合終了後に暖かい拍手。優しいねぇ。オレだったら絶対にブーイングだわ。


コメント ( 9 ) | Trackback ( 5 )



« 前ページ