日々の暮らしとYogaと

 
Yogaと旅行と楽しい日々の暮らしのブログです。
Yogaインストラクターをしています。

Pappas.でステーキとシーフード

2007-12-24 | ダラスのレストラン
主人の同僚のアメリカ人が、ダラスで1番のステーキハウスだと教えてくれたPappas Bros. Steakhouse。ダラスには美味しいステーキ屋さんがたくさんあるので、賛否両論あるでしょうが、このお店をテキサスNo.1と紹介していた雑誌もあったようです(記事はこちらですが、今は全文読めなくなってしまったようです。)

雰囲気のよいレストランなので、日本からお客様が来た時にお連れすることもしばしば。主人はビジネス・ミーティングで使うこともあるようです。入り口付近のショーウィンドウに、お肉をきれいに並べて、飾ってあったのが印象的でした。



ステーキも美味しかったです☆ 写真はフィレステーキ。
*2010/01/14追記*
今日も日本人のお客様とこのレストランにステーキを食べに行ってきました。最近お肉を控えめにしているので、Bar Entreesの6oz.のフィレステーキを選んでみました。小さめですが、私にはちょうどいい量で最後まで美味しく食べられました。



同じ系列のレストランに、Pappadeauxというシーフードのお店があります。ダラスに住む前、仕事でアメリカに出張した時に連れていってもらったことがありましたが、その時は揚げ物ばかり頼んでしまい、油こくて食べられなかった記憶があります…。でも先日、ケイジャン・スタイルのシーフード料理とサーモンのグリルを試してみたら美味しかったです。私達は食べませんでしたけど、メニューには生牡蠣やCat Fish(なまず)、Crowfish(ザリガニ)などもありましたよ。



私達は今日から旅行にでかけます。みなさま、良いお年を!!
コメント (2)

Happy Holidays!!

2007-12-23 | アメリカでのお料理
12月もばたばたと過ぎていき、気がつけば明日はクリスマス・イブ。早いものです。

季節感を出そうと、お部屋に小さなリースと小さなツリーを飾りました。
でも最近は、アメリカの家によくある大きなツリーが魅力的に感じます。
こうして段々、何でも大きなアメリカに感覚が慣れていくのでしょうか?
こちらはGalleria Dallasの大きなクリスマスツリー 下はスケートリンクになってます。


そして今年もたくさんのカードやプレゼントを頂きました。
本当にありがとうございます。

パーティにも行きました。今年多かったのはカジノ・パーティ
掛け金は偽のお金なので、気が大きくなっても破産してしまっても大丈夫(笑)
ブラックジャックが面白かったです。

さて、アメリカには、人種や宗教によってクリスマスをお祝いしない人もいます。
学生時代のお友達も、ダラスでのお友達も、そういう方はいなかったのですが、
Yogaを教えるようになっていろんな人と出会い、気づかされるようになりました。

ある日、もうすぐハヌカだから忙しくなるの、と言いにきた方がいました。
ハヌカ(Hanukkah)とは、年末のホリデーシーズンにユダヤ教徒が祝うお祭りです。
その方は、クリスマスはしないけどハヌカはお祝いするのだと言ってました。

クリスマスだけでなく、サンクスギビングをお祝いしない人もいます。
以前、子供のクラスで、"サンクスギビングは楽しかった?" と聞いてみたら、
"私達、サンクスギビングはお祝いしないのよ"と言われ、はっとしたことがあります。
それ以降、言葉には気をつけるようにしています。
今回も"Merry Christmas!!"ではなく、"Happy Holidays!!"と言ってお別れしてきました。

それではみなさま、Happy holidays!!
コメント (2)

食器洗い機が新品に!

2007-12-19 | ダラスの暮らし
昨日、ドアベルが鳴ったので出てみるとアパートの修理のおじさんでした。
満面の笑みを浮かべ、"クリスマスプレゼントを持ってきたよー!!"と。
何かと思ったら、食器洗い機を新しいものと取り替えてくれるそうです。
お茶目なおじさんです。

この修理のおじさんは中南米の出身で、第一言語はスペイン語なのだそう。
いつの間にか顔なじみになり、会えばいつも笑顔で挨拶してくれます。

食器洗い機はアパートに備え付けなので、この交換はもちろん無料です。
他にアパートに付いてるものは、冷蔵庫、電子レンジ、オーブン、レンジ台などでしょうか。
引越後すぐにこれらの家電を調達しなくてすむのは、アパート暮らしのよい所だと思います。

修理のおじさんは、取替え作業を終えると愛想良くバイバイと言って帰っていきました。
作業は少し雑だけどいい人だし、食器洗い機も新品になったので、なんだか気分もよくなりました。
最近、この"気分がいい"っていうのが大事だなーと感じます。

もちろん、気分がよくないことも、ときどきあります。
例えば、カスタマー・サービスに電話すること。私は大の苦手です。
担当者に電話がつながるまで長くかかることも多く(15分くらいかかることも)、
それだけでも嫌なのに、運が悪いと電話口に愛想の悪い人が出て、
さらに気分が悪くなることもあります。

他にも先日、眼医者さんで自分のメガネのフレームの微調整をお願いしたところ、
"広げるのね、オッケー!!"と、スタッフの人が手でぐいぐい広げ始めました(汗)
事前にかけ具合の状態も確認しないし、力ずくだし、あまりにも乱暴…
心の中でやめてーっと叫びながら、慌てて、もういいわと断りました。
この眼医者さん、他にもあれ、大丈夫かな!?と思うことがいくつかあったので、
次回行くのはどうしようかな、と思ってる次第です。

と、いろいろ書きましたが、私は良い気分で過ごしてるのがほとんどなので、気になさらずに。
とにかく、せっかく過ごすなら、気分良く過ごしたいものですね~
コメント

やってしまいました・・・

2007-12-15 | ダラスの暮らし
先日、車に擦り傷をつけてしまいました
ピカピカの新車だったのに… ごめんなさい。

幸い傷は小さくて目立たないものだったのですが、
修理に出したら修理代がとても高くて、またヘコンでます
主人は、誰も怪我しなくてよかったと言ってくれて助かりますが、
自分の運転の下手さ加減を知ってるだけに、ほんとうに嫌になります。

反省をこめて、今週は特に用事がなければ家にこもって掃除をしようと思います。
12月は大掃除の季節だし。でも、これって日本人だけの感覚のようですが。

以前にも記事にしましたが、我が家はお掃除にお酢と重曹を使ってます。(こちら)
大掃除もこの2つに頑張ってもらうつもり。

私も主人も肌が強くないので、最近は洗剤も自然派のものを使うようにしてます。
食器用洗剤はSeventh GenerationMeyer'sの製品を。
洗濯用洗剤も今使っているものがなくなったら、次はナチュラルなものを使おうと思ってます。

一年も経つと、いろんな所にホコリがつもっていて驚きます。
大掃除をして新年をすっきりした気持ちで迎えたいですね。
コメント (14)

オースチンで食べ歩き

2007-12-12 | ダラスからの旅
先週末、オースチンに行ってきました。
ダラスは40度(4℃くらい)と凍えそうなのに、オースチンは80度(26℃くらい)のポカポカ陽気
車で3時間30分南に下るだけなのに、こんなこともあるのかとビックリしました。
いつもオースチンが暖かい訳ではないので偶然なのですが、おかげで過ごしやすかったです。

今回も前回( こちらこちら )と同様、ダウンタウンに滞在しました。
美味しかったレストランをご紹介します。(いずれもダウンタウン。)

まずはイタリアンのTaverna
日曜のお昼時に行ったのですが、とても賑わっていていて、ほぼ満席でした。
半袖の人もたくさんいて、とても真冬の12月とは思えない光景です。


アメリカのイタリアンは油っこかったり、しょっぱすぎたりして、残念に思うことが多いのですが、ここは大丈夫でした。
オーダーしたのはピザとリゾット。優しい味付けとちょうどよい量なのが気に入りました。
このお店はチェーン店で、ダラスにもお店があるようです。


次は、夕食に行ったFleming's
オースチンの有名ステーキレストランのうちの一つです。
雰囲気もよく、サービスもよく、お料理も美味しくて言うことなしです。お値段も高級でしたけど。


レストラン以外では、Austin Museum of Artでロイ・リキテンシュタイン展をみてきました。
ポップ・アートも本物を見ると面白いです。
原色の直線やドット、ストライプに囲まれて、不思議な気分になりました。

今回もダウンタウンをブラブラするだけの時間しかなく、それでも案外楽しめました。
有名なBBQ屋さんやアウトレットには寄れなかったけど、また行く機会があるかな??
コメント