でりら日記

日々の雑記帳

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NHK大河ドラマ 風林火山 第34回 「真田の本懐」

2007年08月26日 | 今週の勘助
 女は強し。されど、男もまた。

 勘助、やっと信濃へ帰還。「皆勘助の無事を祈っておったぞ」の晴信の言葉に一同の顔は微妙。
そしてもっと微妙だったのは真田幸隆。忍芽、捨て身の戦略で兄を説得する。

 真田幸隆、は、全く朴訥といおうか、素直な人物として演じられている。その真直ぐさが非常に好
ましい。勘助の鉄砲傷を癒した僧に恩義を感じて素直に家紋を決めたり、言葉通り寺を建立する
事を忘れていなかったり、たとえ妻にでも、いや妻だからこそ云えないような事も臆面もなく言えた
り。これなくしては彼たり得ない。(だからこそ勘助と親交を持ち続けていられるともいえるが)

 小笠原長時。
 儂は、そんなにも民百姓を苦しめてきたか?の言に、臣下のいらえは無かった。それだけじゃな
いんですよ小笠原様。「武田の人望に負けたのじゃ!」がこんなにも心に響く。そして京都へ落ち
延びる長時、最初の頃とは随分印象が変わってしまったけれども、個人的には好きなのでもう少
し観たい。

 こうして、余り画面に出てこなくても威信が各地に伝わるようになってきた晴信。その晴信が景虎
に勝てるかを勘助に問う場面。そう、数年に亘る監禁生活でかなり老け込んだけれど、その間に
掴んだ事は必ずやねちこく策に活かされ練りこまれる筈。「勝てるか?」「勝ちます」これでこそ軍
師。

 しかし勘助、本当に老けたな・・・

 そして次回、別の戦の火蓋が斬って落される模様。世の中で最も恐ろしい女の戦い。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 未放送話『奇士神曲』獄一 嘆... | トップ | 魔人探偵脳噛ネウロ 第122話... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今週の勘助」カテゴリの最新記事