ぶちぶちワンコの日記

ダルメシアンと暮らすOLの徒然なる日記

トイレの話⑥

2017-01-29 21:53:40 | うちのワンコ
ああ、トイレネタばっかりでとうとう⑥まで・・・
ということで、引き続き”大”について。

ウンの方はオシッコに比べて、寝たままでも出る時は勝手に出ます。
とりあえず吠えて呼ばれますが。
”出るよー!シーツの上にちゃんと出るか分からんよー!”という風に。
(ベッド汚れるのはイヤよ。アンヨやシッポが汚れるのもイヤよ。)
そう、放置プレーは✖。
回収は即行が原則。
でないと、でないと
後が色々大変。
1分の遅れが1時間のイロイロアレコレに。

ということを見越して呼んでくれていたのか?
自分の身のまわりの快適さを追求することに関しては、やたらと冴えわたるオツムの持ち主だし。
そういえば、さっきシーツを蹴っ飛したっけ・・・とか自覚していた?

まあ、たとえシーツがちゃんと有っても、ブツが大物なので、シーツを”出”と共に操作してオシリ周りに停滞しないようにする必要が有ったんですが。
例えるならば、ソフトクリームをコーンにうまく載せるのと同等のスキルが必要と言えばよろしいでしょうか。

その為か、リカさんは飼い主が傍にいる時は、呼ばなくていいからか、無言でお出しになるのです。
だからあまりくっ付いているとキケンです
なので、五感を駆使して、キケン察知です。
予兆としては、そこはかとなく香る香り。
そしてシッポが持ち上がり、
(地面に垂直に上げる力は無くても、水平方向ならイケるらしい)
そして米粒サイズからのープチトマトサイズに変化する出口。
(こんな状態にならない限り、凝視する事もないですよね、ホント)

産まれました~3つ子です~


”ふぅ~、じゃ後よろしく”
拭いといてね~

元気な時はオシリ触られるのが嫌そうでしたが、要介護になってからは、”何かお忘れじゃございません?”とご不満の声があがるように。

かまわれたくないタイプだったのに、こんな所でもかまってちゃんに大変身。
介護、全ての行動二人三脚ってことですね。





にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« トイレの話⑤ | トップ | トイレの話⑦ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんはm(__)m (みなみママ)
2017-01-30 18:13:56
例えが大変わかりやすいです~!


ソフトクリーム(笑)




介護をされている中で 本当に色々な事案がリカさんから発せられていたのですね(*^^*)



おかげで私はいつも勉強になります
m(__)m



排泄行為を快適にしてあげることも
飼い主としての使命~!

確かにうちも お散歩あとに手足を拭いたりお尻を拭くときは
フガフガして嫌がりますが
介護が必要になった時は
おとなしく拭かせてくれるかしら~
みなみママ様へ (りか)
2017-01-30 21:17:39
いや、キタナイ話で申し訳ございません。
でも、毎日身近で見てると、だんだんマヒしてくるものでした。
まあこんな事ができるのも、可愛い我が子?だからこそですね。

介護状態になってから良かった事、それはお手入れし放題だった事。
早業でフキフキしていた耳も、綿棒とシートでじっくりゆっくりホリホリできました。
そして感謝の眼差しをもらえます。
タイミング (ララのママ)
2017-02-01 20:01:37
そうそう、回収は速やかに、
ソフトクリームキャッチがベストですね(笑)
とにかくそばに居ればお互いに安心でしたっけ。

阿吽の呼吸、チームワークですね。
ララのママ様へ (りか)
2017-02-01 20:42:45
ずっと傍にいられれば、他に何もしなくてもよければ・・・
多分、介護と言えどもお互い幸せな時間なんですけどね。
思えば生涯の中で、これほどの一体感、共同作業をした感が有ったのは、最後の1年ですね。
困難を乗り越えてこそ、ベストパートナー。

コメントを投稿

うちのワンコ」カテゴリの最新記事