青空貴族の楽園

人生は一度きり
やりたいことはすべてやるがいい
そうすれば新しい明日が拓けてくる
希望を胸に前進あるのみ 

涙が枯れるまで

2018年06月24日 14時34分06秒 | 日記


雨がひとしずく
駅のベンチ濡らす
街の景色も
ぼんやりと薄曇り
あの日みた景色と
同じねと誰か呟く
想い出のスクリーンが
走馬灯のように蘇る

あああ
涙が枯れるまで
囁いていて欲しい
私が眠るまで
ずっとそばにいてね
あああ
涙が枯れるまで
抱きしめていて欲しい
私が眠るまで
強く抱きしめて


やがて日は沈み
街に灯がともる
家路を急ぐ人の群れ
後に続き電車に乗る
いつもと同じ帰り道
ふと寄った喫茶店
熱いカプチーノが
ほんのりと胸を焦がす

あああ
涙が枯れるまで
囁いていて欲しい
私が眠るまで
ずっとそばにいてね
あああ
涙が枯れるまで
抱きしめていて欲しい
私が眠るまで
強く抱きしめて

あああ
想い出の人たち
今は誰もいない
私はただ一人
明日へと向かうの
あああ
永遠の星たち
降り注ぐ大地に
想い出の小径を
照らしてくれるの

ラーララララララララー
ラララララララララー
青空貴族



 

本日の一曲  

 ポールモーリア グランドオーケストラ 

 「シバの女王」 お聴きあれ

  ⇓

  

  

  

 

  

『家族』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Goodbye again | TOP | タンスの角に足の指をぶつけ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 日記