だいずせんせいの持続性学入門

自立した持続可能な地域社会をつくるための対話の広場

東白川村「株式会社」

2018-06-05 11:47:31 | Weblog
 学生のフィールド実習で岐阜県東白川村を訪問。白川茶と東濃桧の産地として知る人ぞ知る村である。もちろん過疎・高齢化が進んでいるはどこの山村も同じである。日本中どこでもかつては養蚕で栄えた山間地であるが、養蚕が衰退した後に、この地方では桑畑を茶畑に変えた。お茶は暖かい地方でないとできないけれども、できるだけ寒冷なところで作った方がおいしいものができる。白川茶の産地は標高が高く、限界ギリギリで春先の霜 . . . 本文を読む
コメント

岐阜県白川町黒川地区

2018-06-04 22:53:39 | Weblog
「今、黒川へ新たに農業をめざし、移住して来られる家族や若者が増えています。(現在66人程)・・・なぜこんな山の中に移住、と思い、来られた方々に聞いてみると『コンビニが無いのがイイ』『夜、まっ暗で星空がキレイ』『人が温かい』『古民家がイイ』『不便さがイイ』と私にとっては全く???・・・のことばかりです。物質的な豊かさが豊かだと思っていた価値観を考えてみる時代かもしれません。季節を味わう暮らし、生き方 . . . 本文を読む
コメント

「自分らしく暮らし、働く場」としての田舎

2018-04-05 14:08:23 | Weblog
「従来、過疎地域に内在する価値として、食料生産、環境保全、水源涵養等の公益的機能が挙げられることが多いが、これに加え、『自分らしく暮らし、働く場』としての価値があることについても、本研究会の調査報告を通してあらためて広く認識される機会となることが期待されるとともに、今後の過疎対策のあり方を考えるに当たっては、このような視点を反映した検討が求められる。」 『「田園回帰」に関する調査研究報告書』(総務 . . . 本文を読む
コメント

新年のごあいさつ

2018-01-01 17:35:40 | Weblog
新年明けましておめでとうございます。  昨年はいろいろと感慨深いものがありました。私が環境学に参入したのは、2001年に名古屋大学に環境学研究科が設立されてからでした。それまで地球科学をやっていたので、その蓄積が活かせるものをと思い、自然エネルギーの研究を始めました。  当時はまだ自然エネルギーは篤志家がお金をかけて導入するもので、社会に広く普及する展望はまったくありませんでした。私は日本では . . . 本文を読む
コメント

林勝和尚との対話(10) 生死について

2017-07-16 22:16:19 | Weblog
しばらく前、自分より上の世代の近しい人の死に出会いました。もう少しすると、それに加えて、同年代の近しい人の死に出会うようになりました。最近では、自分より下の世代の近しい人の死に出会うようになりました。最近、Mさんが突然亡くなられました。昨年度のミライの職業訓練校の参加者で、それまでの仕事を辞め、新しい生活に入った矢先の突然の死でした。残された者は、その死の「意味」を考えようとします。そのことによっ . . . 本文を読む
コメント

いなかイジュー相談会×空き家紹介、5月28日(日)西別院朝市にて

2017-05-22 06:33:34 | Weblog
「田舎への移住に興味あるけど、きっかけがない、どこから手をつけて良いかわからない」という方、私が直接ご相談に乗ります。西別院朝市にて。ぜひどうぞ。   だいずせんせいのいなかイジュー相談会×設楽町空き家バンク物件紹介@西別院oneコイン朝市 https://www.facebook.com/events/1896503793938980/?fref=ts だいずせんせ . . . 本文を読む
コメント

田舎移住へのアドバイス

2017-05-21 19:08:00 | Weblog
私は、気がついたら、日本の研究者の中で田舎への移住・定住に一番詳しい一人になっていました。自分自身も田舎に移住して日々実践しています。私が研究として得た知見と自身の体験から、「田舎での暮らし興味あるけど、それがどういうものかよくわからない」という人向けに、アドバイスを考えてみました。Twitterの@daizusenseiでもつぶやいています。   *田舎移住がいつの間にかメジャーな . . . 本文を読む
コメント

四谷の千枚田

2017-02-22 21:47:27 | Weblog
 旧鳳来町(新城市)の四谷の千枚田を訪問した。見事な棚田の景観を前に、鞍掛山麓千枚田保存会の小山舜二氏に棚田の保全活動についてお話を伺った。小山氏は地元住民で千枚田の中に自分の田んぼを持っている。現役時代には愛知県水産試験場の鳳来町内の研究施設で川魚の養殖の研究をされてきた。若い頃から写真が好きで、棚田の風景を写真に撮り、日本の原風景としての価値を発信してこられた。しかし、棚田は減反に端を発し . . . 本文を読む
コメント (1)

林勝和尚との対話(9)

2016-10-01 19:00:02 | Weblog
私 仏教でよく分からないのは、欲についてです。これがなければ苦しみもないというのはわかりますが、食欲がなければご飯が食べられず、生きていきません。そういう欲まで否定しているわけではないのだと思うのですが。 和尚 そうですね。僧侶でも、例えば、戒律によって肉は禁止されても穀物野菜は食べます。何がしか線が引かれていて、ここまでは良いけれども、そこから先はダメ、ということですね。 私 その線引きがよ . . . 本文を読む
コメント

世界情勢対話(2)

2016-10-01 17:07:34 | Weblog
私 こういう世界情勢の中で、日本はどうなっていくのでしょうか。 A まず人口減少ですね。これは止めようがありません。今、仮に出生率が2以上になっても、それが人口減少の停止として現れるためには一世代、つまり30年以上かかります。人口が減り、特に若い人の数が減るわけですから、国内需要はどんどん減少していきます。GDPはここ20年ほど増大せずに横ばいですが、これからは明らかな減少を見せるでしょう。世界 . . . 本文を読む
コメント