小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

テニスのチャレンジって、何なの?

2018-07-15 16:14:41 | Weblog
テニスでは、「チャレンジ」、という、変なものがある。

(1)「選手は、ライン際のイン、アウトの微妙な判定に対し、ビデオ判定を要求(チャレンジ)する権利を持つ」

(2)「1セットにつき3回まで」


(1)、は、わかるけど、(2)、の意味がさっぱり、わからない。

どうして、回数制限をつけなきゃならないの?

スロービデオによる検証や、コンピューターの方が、正確なのに?



プロ野球で、セーフか、アウトの、判定では、チャレンジなんて、変なものは、ない。

スロービデオによる検証が、行われている。



どうして、テニスでは、(3回まで)、という、回数制限をつけなきゃならないのか。

その意味が、さっぱり、わからない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 人に、甘ったれるな、という... | トップ | ドコモ光の勧誘はきわめて悪質 »

Weblog」カテゴリの最新記事