Web小説の読書記録

小説家になろうで活動しているゆで魂[ID:456302]です。作者様向け(自分向け)の戯言エッセイも書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

劣等感や敵愾心をモチベーションにしてもいい?

2016-12-31 00:00:15 | エッセイ
「小説家になろう」のサイトにアップするまでもない戯言エッセイです。
基本的にゆで魂の耳タコ、自己満足、上から目線な話となります。

        ※        ※

『どうだろう』って感じです。
私の中でも曖昧な問題なのですよね。

        ※        ※

「なんでこの作品が人気なんだ」
「あの書籍が10万部売れるなんておかしい」

そういう気持ちを執筆のモチベーションにする人って絶対にいます。
その人なりの面白さの尺度を持っており、自分で証明するって感じですね。

だぶん、途中で挫折する人が多いのだけれども、
本当に才能ある人や、メンタルが無敵の人もいて成功者が生まれると思います。

        ※        ※

これって、心が痛む割にはリターンが小さい。(汗)
笑い事じゃなくて切実な問題なのですよ。
執筆が嫌いなわけじゃないけれど、それは一番のモチベーションでないですから。

劣等感とか敵愾心をモチベーションにしてしまうと、
(1)いつか心境の変化を強制される
(2)デビューしてすぐに頭打ちとなってしまう
のいずれかに陥るような気がします。う~ん、闇が深い。

以上、ゆで魂の戯言エッセイでした。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小説は若い人の方が不利なのか? | トップ | 若い人なのに10万文字を書... »

エッセイ」カテゴリの最新記事