大東商工会議所 第一工業部会の会員事業所訪問記

第一工業部会の役員が会員の事業所さんを巡回した際の様子をお送りします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

株式会社 共栄製作所

2015年10月06日 13時38分33秒 | 第一工業部会 会員事業所訪問記
第一工業部会の部会活動をより皆様のニーズに沿ったものとする目的で、平成27年度は部会役員による会員事業所訪問事業を実施しています。
10月2日、山中部会長が㈱共栄製作所と下山精工㈲を訪問しました。

◎ 株式会社 共栄製作所 
昭和43年大東市新田境町に、辻本英三さんが個人事業として送風機設計施工業を開業され、昭和48年に法人成。その後新田境町に第二工場を開設し、平成19年には新田北町に第一・第二工場を統合する形で工場移転を果たすなど、順調に事業を拡大してこられました。
しかし、主力製品であった焼却炉分野のファンも焼却炉の減少に伴い受注が減少し、また大手取引先の海外進出やリーマンショック時のご苦労を経て、現在は大型送風機を含め多様な特殊送風機の製造に注力されています。

辻本社長は「顧客に満足いただける品質を維持しつつ、納期は必ず守る!」を金科玉条に、これまでに得られた信頼で、セールスマンを置かずとも多くの取引先から仕事を頂けている現状だそうです。また管内製造業の事業所も若年層の人材確保にご苦労されている事業所が多いと聞いておりますが、㈱共栄製作所では未経験の文系大学生を一から育て、日本のものづくりを担う若手採用応援プロジェクト「ゲンバ男子」にも取り上げられるなど実績を挙げつつあります。
https://bplatz.sansokan.jp/archives/5605

将来を見据え事業承継のことも視野に入れているとのお話でしたが、対応の早さに優れ、将来も「品質」「納期」を金科玉条に考えて欲しいと語る辻本社長には、取引先からの依頼がまだまだ続きそうに映りました。

Q1.今後の事業展開をどのようにお考えですか?
A1.特殊送風機を手作りで製作している関係で価格だけの勝負は出来ず、納期を含めた製品の品質で勝負しなければなりません。また汎用旋盤を扱える従業員が今後より増えて欲しいと願っています。

【事業所データ】
事業内容:各種送風機の設計施工、各種機械加工
所 在 地:大東市新田北町2-13
電話番号:072-871-3119
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下山精工有限会社 | トップ | 日東特殊金網株式会社 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

第一工業部会 会員事業所訪問記」カテゴリの最新記事