一歩前へ!

さもない暮らしの小さな幸せを発見して一歩づつ歩んでいけたら・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

美ヶ原高原と雲上のリゾートホテル

2013-09-29 11:11:20 | トレッキング

とある雑誌で、美ヶ原に群生するマツムシソウの写真を見てから、いつか行ってみたいと思っていました。

時期は9月上旬を予定していましたが、美ヶ原高原に泊まってみたいホテルがあり、そこはいつも満室。

たまたま、一部屋だけ空いていたので、9月12日になりました。

 

こ~んな広い所が、標高2000mにあるなんて、不思議な感じ 右の奥の方に小っちゃく見える建物の所まで行きます ↓

   

 

ビーナスラインを上がって、山本小屋駐車場まで行き、そこから 牛伏山を登り ↓

          

 

美ヶ原高原美術館を、裏からチラ見して(笑) ↓  

          

 

途中歩くところは、こんなとこ ↓ 人間のほうが、柵の中を歩きます(笑)

          

 

 

お目当てのマツムシソウは、こんな雰囲気 ↓  種になっちゃてます~

                

  でも、まだ咲いているものもあり ↓      

          

種と半分づつの株もあり ↓

          

いろいろな、マツムシソウの姿を見る事が出来ました

          

 

牛伏山をおりたら、こんなポニーと戯れながら ↓

          

 

右を向いても、ずぅ~っと牧場 左に小さく美しの塔が見えてます ↓ 

          

左を向いても、ずぅ~っと牧場 ↓  あれっ?  何かにお気付きになりました?

          

 

そう! 牧場なのに、牛が居ない。。。。???

 

 

・・・と、思いきや、 はいっ! 牛さんたち、ここに集まっていました ↓

          

ここは、塩くれ場といって、塩をここで与えているんです。 岩塩かと思ったら、普通の塩みたいでした。

岩の上にまかれた塩を、舐めています ↓

          

 

塩くれ場近くの、バイオマストイレ(人間用) ↓ 

          

近寄って見ると、こんな可愛いプレートが・・・ ↓

          

 

ルートマップ ↓  右上の、牛伏山から美しの塔を経て現在地、百曲り園地  これから、アルプス展望コースを行きます

   

 

この辺りの岩は、すべて鉄平石 ↓ 岩が平たく割れていきます。 昔は、瓦やタイルの代わりに使ったそうです。

          

 

足元から、良い香りが ↓ なんと天然のタイムありました! 

          

 

王ケ頭まで、あと2.2㎞  眺めの良い気持ちの良いコースでした ↓

          

 

つづく・・・

コメント (12)

今日の一品++

2013-09-24 00:19:03 | 美味しい物

先日、お肌のとっても綺麗な俳優さんが、「毎日アボカドを食べています。」と、話しているのを聞いて

・・・そういえば最近食べてないな~やっぱり、アボカドは美肌に良いのね・・・と、こしあぶらの心の声

そんな折、ママ友たちとの遅い遅い暑気払いに行った居酒屋で、アボカドのお料理を食べたので、真似して作ってみました。

 

名付けて、“海老とカシューナッツのアボカド和え”です ↓

          

お店で出たのは、蒸し鶏とカシューナッツだったのですが、海老のほうが彩が綺麗だろうなと思って海老にしました。

車海老なんか使っちゃえば、もっと色鮮やかで綺麗なんですけど、予算的には、そうもいかず。。。

 

一般的な冷凍むき海老(笑)を、茹でてさましておきます。

アボカドは、中身をくりぬいてスプーンでつぶし、レモン汁とオリーブオイルをかけ、混ざったところで、マヨネーズを入れペースト状にする。

市販のカシューナッツ(おつまみ用でもOK)と、海老を入れて混ぜ合わせ、味を見て足りなければ塩少々を足せば、出来上がり

久しぶりに食べたアボカド、美味しかったです これで、美肌になれれば 言う事なしですが

 

 

ところで、後ろにチラッと見えている物、気になりませんか?  それは、こちら ↓

          

 

日本百名山にもあげられている、新潟の巻機山(まきはたやま)に、夫が登ってきて、そのお土産です。

その名も、巻機 という名のお酒。  うまい水にうまい酒あり  すっきりとした口当たりで美味しいです。

このお酒、こんな賞もとっているんです ↓  世界が認めた優秀味覚なのですね!

          

ちなみに、ミシュランと同じで、三ツ星が最高らしいです。

 

 

 

 

コメント (8)

今日の一品+

2013-09-18 23:26:05 | 美味しい物

すさまじい勢いで日本を縦断していった台風! 皆様の所は、大丈夫でしたでしょうか? 大きな被害が無い事を願っています。

台風一過の、昨日今日 秋晴れのすがすがしい日になっています。 

そして、食欲の秋もやって来るのであります

 

さて、きょうの一品は、まず こちら ↓  自家製の新生姜、 お味噌をつけていただきます。

          

市販の物より一回り小さいのですが、その香りは、とてもすがすがしくて辛すぎず本当に美味しいです。

 

もう一品は、こちら ↓ 友人が、秋田で釣った天然鮎を自家製干物にして持ってきてくれました。

          

小振りの鮎でないと、うまく干物にできないそうで、さっと焼いて頭からパクパクといけちゃいます

↑の新生姜を、甘酢漬けにしたものを添えて・・・ (ちょっと漬かりすぎちゃった)

 

さらにもう一品(笑)  毎度おなじみ茄子料理 ↓ 茄子いっぱい採れるんです

          

小さめの茄子に、適当に切り目を入れて、縦4等分くらいに切り、素揚げします。

甘酢醤油(酢・砂糖・醤油)を作っておき、揚がった茄子の油をキッチンペーパーで拭き、熱いうちに漬け込みます。

仕上げに、ねぎを散らして、出来上がり。

茄子の色が鮮やかで、甘酢味がさっぱりしていて、美味しいです

 

コメント (10)

蔵王連峰

2013-09-08 17:17:54 | トレッキング

暑い暑いと言っているうちに、いつの間にか9月になってしまいました  

昨年の9月に行った記事ですが、これから行かれる方の参考になればと思いUPします。   

 

      

          こうして見渡してみると、いくつもの噴火口跡があり、ずっと昔からの火山活動の歴史を感じます。

 

 

蔵王山という山は無く、地蔵山、熊野岳、刈田岳 などを総称して、蔵王連峰と呼びます。

蔵王温泉に泊まり、ロープウエイを利用して、地蔵山から歩くつもりでしたが、ロープウェイが点検のため、運行休止とのこと

仕方なく、蔵王エコーラインを車で上がり、刈田岳から熊野岳の往復になりました。

 

駐車場から少し歩くと刈田岳、 頂上から蔵王のシンポルお釜を望みます ↓

          

 

刈田岳には、蔵王権現を祭った刈田嶺神社があり 狛犬さんもちゃんといます ↓ なんとご朱印もありました!

       

 

刈田岳山頂裏手にある避難小屋 ↓ コンクリート造りで、がっちり石組みの屋根、冬用に2階部分にも出入り口があります。

           

 

これから行く熊野岳までのルート ↓ この辺りはなだらかで広く、風がビュンビュン吹き抜けます。

          

 

こんな吹きさらしじゃ、お花も咲いていないかな~と思っていたら、どっこい頑張って咲いていました。   

   

            オヤマリンドウ                                      シラタマノキ

 

刈田岳から1時間ほどで熊野岳山頂に到着です ↓  ここが蔵王連峰の最高峰1841mです。

           

 

          熊野岳山頂にある蔵王山神社(熊野神社) ↓ 鳥居をくぐると・・・

           

 

グルット石垣に囲まれた祠があり、両脇の狛犬さんは、風化が激しく山頂の厳しさを物語っています。

            

 

ここから、地蔵山には行かず、駐車場のある刈田岳方面に戻ります。 途中にずっと立っている、柱のような高い棒

           

濃霧の時や、雪の時の道しるべになっているようです。 とても広くて平らなので、視界が効かないと、道に迷いやすいと思います。

 

 

無事下山して、前日泊まったホテルに向かいます ↓ ホテルヴァルトヴェルク

           

なぜなら、下山したら温泉に入りに来ていいよーと言ってくださったので・・・しっかりお言葉に甘えさせていただきました

 

こちらは、大浴場と露天風呂、その他に野天風呂があるのですが、この、野天風呂がすごく気持ちいいのです

           

ホテル敷地内の川の脇に、湧き出ている温泉で、白濁の湯につかっていると、自然と一体になった感じがします。

ニホンカモシカにも、出会えるかもです。 じっさい 私は、ホテルの庭で遭遇しました

 

            

 

コメント (4)