一歩前へ!

さもない暮らしの小さな幸せを発見して一歩づつ歩んでいけたら・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

長瀞アルプス

2013-02-28 11:22:41 | トレッキング

 

               

                 長瀞アルプス ↑ この尾根道を歩いて行きます 

 

今年最初の山歩き 雪山なんてとても無理なので、雪のない低山という事で、秩父の長瀞アルプスにしました。

2月22日 快晴  

コースは、秩父鉄道 野上駅⇒萬福寺⇒氷池⇒野上峠⇒宝登山⇒寶登山神社奥宮⇒寶登山神社⇒長瀞駅⇒野上駅

約4時間30分の道のりです。

 

まずは、野上駅に車を置いて(一日 300円) 以前は無料でしたが、最近有料になったみたいです。

               

小さな駅ですが、横に水洗の綺麗なトイレがありました ↓

                

 

駅前をまっすぐ行くと、手書きの看板が ↓ 分かりやすい

                

 

ここが萬福寺横の登山口 ↓  私は、通り過ぎようとしちゃいました(笑)

                

 

少し歩くと、気持ちの良い尾根道に出ます ↓ 落葉している冬の時期は、日差しも眺望も良好です。

                

 

一つ目の尾根を越えると、氷池への分岐が ↓

                

この氷池 かき氷用の天然氷を作っている所です。  一度 見てみたかったので、寄り道します

せっかく尾根に上がりましたが、谷にある氷池なので、必然的に下ります(約一名がブータレましたが、無視して進みます

 

ひたすら下ってやっと着きました 氷池 ↓ もちろん関係者以外立ち入り禁止

                 

テレビのニュースなどで見て、想像していたよりも小さく感じました。

 

こんどは登って、もとの分岐まで戻ったら野上峠を目指します ↓

                

 

野上峠は、とくに見晴らしもなく、休憩中の方々がいらしたので先に進みました。

あっ!、コガラちゃん 見っけ~ ↓  ラブりー

                

シジュウカラよりも一回り小さくて、胸のネクタイ(黒い色)も、蝶ネクタイのように小さいです。

               

 

 

しばらく歩くと、宝登山 登山口の分岐にでました ↓ 

               

 

おぉーっと、今までの歩きやすい道とは、打って変わって急登の階段です ↓

               

 

やれやれ やっと超えたわ~と、思ったら またまた 階段です

               

 

まじっすか~と、更にこの後 もう一回 階段を越えたら 頂上につきました ↓

               

 

つづきます~

 

コメント (8)

さくらさく♪

2013-02-16 20:44:03 | 花と緑

 

               

           梅も桃もいっきに飛び越えて、桜です(笑)    “啓翁桜” という名前だそうです。

 

 

2月の初め 長男から宅配便が届きました。

細長~い箱に桜の模様    中を開けると、お花屋さんに出荷されるような蕾の状態の桜の枝が入っていました。

一瞬 桃の花かとおもいましたが、まぎれもなく桜の花でした

 

息子にお礼の電話を入れて、「こんなしゃれた事ができるのは、mちゃん(お嫁さん)でしょう?」

と言うと、「違うよ、もう数年前から俺が送ってるんだよ」 と、息子

 

にゃゅ!?  家には、初めてだわさ!!

「あはは、、、。  mちゃん実家には、送ってたけど、家には、初めてだな~」 だって。。。

いいさ、いいさ、、、どうせ、親なんてそんなもんさ、、、

 

…という訳で、今年初めて我が家にお目見えの、“啓翁桜”です

最初は、こんな感じ ↓  枝を水切りして、下の方を十字に割って、玄関廊下に置きました。

                

沢山あったので、お友達に半分おすそ分けして・・・でも、まだ、ほとんど蕾ばかりです。

 

一週間後、 ちらほらと、蕾が開き始めました ↓  小振りの可愛い花です。

                

 

 

そして、2週間後  ほぼ満開に ↓  縁に少しフリルが入っていてキュート

                

 

 

 

そしてこちらは、息子がお正月に帰省した時の手土産のお酒 ↓ 桜つながりで・・・

                

                   でわざくら 一路(出羽桜酒造)   

インターナショナルワインチャレンジの酒部門で、ベストオブサケの称号を取ったお酒だそうです。

小樽で買った 冷酒グラスで おつな冬の花見となりました

 

3週間目の現在も、まだ咲き続けています

                 

 

受験シーズンまっただ中の皆さんに “さくら咲く!” の吉報が届きますように・・・

                

 

コメント (12)

去年の話でごめんなさい―③

2013-02-11 14:08:21 | トレッキング

 

  

   

      歩き疲れた後の冷たいコーヒー 美味しかった~

               

 

 

・・・前回のつづきです・・・

 

車山肩から、グルット回り込んで八島湿原にたどり着きました(途中おにぎりない事件とか、いろいろありましたが・・・)

ここには、八島ビジターセンターがあり、湿原の事や霧ケ峰周辺のことが色々展示説明してあります。

そして、歩くのが苦手なあなたに朗報(笑)

このビジターセンターまで、車で来ることもできます。 実際、観光バスで来て、湿原だけ散策している方がたくさんいらっしゃいました。

 

 

さて、お手洗いから戻って来ると、夫がにこにこしながら手招きします  なに?と行ってみると・・・

              

腹減ったろう? ソースかつ丼たのんでおいたよ!  だって・・・少しは悪かったと思ってたのかな・・

 

お腹も一杯になったし、出発です。  

今度は、湿原の反対側を通り、旧御射山を経て、車山の肩までもどります。

              

 

この辺りも、お花がいっぱい咲いています。 場所によって微妙に咲いている種類が違うので沢山の花が見られます。

   

  イブキボウフウ   ↑                            クサフジ と ハナアブ? ハチ? ↑

    

   白い星のような花 オカトラノオ ↑                 ヤマホタルブクロ ↑

 

   ←ヤナギランが群生

 

   

 

そして ヨツバヒヨドリ ↓  実はこの花に アサギマダラが たくさん止まって蜜を吸っていました。

    

ビジターセンターの説明では、ヨツバヒヨドリは、毒をもっているそうで、その毒蜜をアサギマダラが吸って、他の鳥や虫に食べられないように防衛しているのだそうです。

 

しばらく歩くと、旧御射山につきます。 

    

     ここにはヒュッテがあり、休憩もできます。           旧御射山神社 ↑ (諏訪大社 下社 奥宮)

 

で、、旧御射山の名前の由来は、こちら ↓

 

鎌倉時代には、今で言う、流鏑馬のような演武が行われていたそうです。 その桟敷後 ↓

     階段状になっています。

 

旧御射山を抜けたら、今度は車山肩にむけて、ひたすら登ります ↓

    

 

この最後の登り、けっこう急だし、暑いし、疲れました~

ようやくたどり着いた、車山肩 コロボックルヒュッテ があります ↓

      

この裏手に、テラスがあり 蓼科山を望みながら、お茶が飲めます。一番上の写真にあるのが、そちら

そして、モンベルの会員証を提示すると、100円引きのサービス。 前に行った蓼科山荘もそうでした。

 

道のあちこちで、ジッジジ・・と鳴いていた ノビタキ ↓

    

 

最初から最後まで、ず~っと 見守ってくれていた 蓼科山 ↓

  

 

下山後の日帰り温泉で飲んだ牛乳 ↓  美味しかった~

     

 

 

・・・おわり・・・ 

 

 

 

 

 

 

コメント (5)

去年の話でごめんなさい―②

2013-02-01 17:17:08 | トレッキング

・・・①からの、続きです。

前回、私たちは歩いて車山の頂上まで来ましたが、登山はちょっと。。。でも、雄大な景色は眺めたいわぁ~と言うあなた(笑)

ご安心ください!  ここの頂上には、展望リフトがあり、わずか数分で頂上&雄大な景色が目の当たりにできるのです。

 

   

ほらっ ねっ!  左が頂上にある車山神社、中央にある建物がリフトの到着駅、そして、後ろには雄大な八ヶ岳連峰がそびえているのです。

 

車山を後にして、蝶々深山にむかって、こんどは下ります下ります(せっかく登ったのに。。。)

              

ニッコウキスゲ 少しだけ残って咲いていました ↑  でも、まわりには鹿避けの電気柵が・・・

 

向こうの山が、蝶々深山だと思います ↓ なが~い一本道

              

 

この辺りもお花がたくさん咲いていました。 そして、もれなく虫さんが付いてきます(笑)

   

  

 

石ころの道を通り過ぎると、こんどは木道です。 このあたりは、車山湿原かな ↓

          

 

    ここは、アザミが群生していました ↓     黄色い秋のお花も咲き始めています

    

 

とにかくだだっ広いので、霧が出た時など迷ってしまわないように、標識をしっかり確認して ↓ 

          

 

下ったと思ったら、また登って、ようやく蝶々深山(1836m)に着きました ↓  ここで、問題発覚!

          

 

ここで、お昼を食べる予定でいました。 ドジな こしあぶら夫婦 前回 木曽駒でおにぎりがなかなか買えなくて焦った事を覚えていらっしゃいますか?

今回は、そんな事の無いよう、あさ4時に起きて、おにぎりをつくってきました(エッヘン!)

それと、ちびちびカップラーメン。  雲取山に行った時に、ポットを持ってくるのを忘れた 夫!!

今回は、私がしっかり、ラーメンとお湯のポットを持ち、おにぎりを夫に頼みました(もちろん念を押しましたよ!)

 

 

と、ところが、いざ お昼を食べようと思ったら、おにぎりがザックに無い!! と、のたまうではありませんか!

まじかよ  と、思いながらも喧嘩をしても仕方がないので、日陰のない、くそ暑い 蝶々深山の頂上で熱々のカップラーメンをたべました

 

 

さあ、暑いので、そそくさと撤収です。 次は、物見岩に向かいます

途中の花達に癒されて、怒りも静まりました。

    

     キオン ↑                                   ノハナショウブ ↑

 

ここが、物見岩(1780m) ↓  この岩が、物見をしているように見えるから? ここから八島湿原に向けて、またまた下ります。

            

 

またまた、たくさんのお花達~

   

 コウリンカ ↑                       コオニユリ ↑

    

   ハクサンフウロ ↑                            小振りで多花の アサマフウロ ↑

    

  ノリウツギ ↑                                 ワレモコウ ↑

    

   大好きな クガイソウ ↑               これ、なんだっけ? 忘れた

他にも沢山の種類の花達が咲いていました。 全部わかると楽しいだろうなぁ~

 

なんだかんだで、八島湿原に来ました。  向こうの稜線を、ず~っと歩いてきたんですね~↓

        

右上 ココという→の所に、車山の丸いレーダーが見えます ↑

 

この後、ビジターセンターに寄って、また グルット湿原をまわって、車山の肩まで登ります

 

・・・つづく・・・

 

 

 

 

 

 

 

コメント (6)