一歩前へ!

さもない暮らしの小さな幸せを発見して一歩づつ歩んでいけたら・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

幸せな日♪

2012-10-29 22:14:33 | いろいろ

 

        泊まったホテルから見下ろした交差点 ↓  こんな所にもサクランボが・・・

           

 

           

          

 

 

10月27日の土曜日、長男の結婚披露宴の日でした 

5月の結納から、まだまだ先の事と思っていましたが、あっという間にやってきました

 

           

 

 

 

人参のグラッセは、ハート型  クレソンの矢が刺さってる~

          

 

な~んて、花婿の母は、お気楽に楽しんでいましたが、やっぱり最後の感謝の言葉には、ウルウル 

 

 

         

 

           楽しくて、幸せな ひとときを過ごしました

 

            

 

 

 

 

コメント (16)

紅葉を求めて焼岳へ-2

2012-10-19 21:25:23 | トレッキング

 

 

・・・前回の続きです・・・

 

常緑樹林帯をぬけて、ダケカンバやナナカマドの紅葉と熊笹の緑の美しいコントラストを見ながら、歩きます。

             左を見ても ↓ 

            

             右を見ても ↓

            

             上を見ても ↓

            

             そして、足元を見ても ↓ シラタマノキ♪

            

            み~んな、紅葉しています!

 

でも、そんな ルンルン気分はここまで、この先は・・・

 

           

硫黄のにおいと共に、蒸気がモクモクと立ちのぼっています。 焼岳は、北アルプス唯一の活火山である事を体感します。

この蒸気のすぐ横を回り込んで、岩を登っていくと現れたのが ↓ 以前の噴火口に水がたまった池です。

           

 

岩峰が写りこんだ綺麗な池をやり過ごして更に登っていくと ↓ こちらが北峰

           

ここも蒸気がモクモク、岩があたたかいです。 これを登りきると・・・

           

焼岳 北峰 2393m 頂上に到着です。 現在、南峰 2455mは、危険のため登頂禁止です。 

数年前までは、この北峰も登頂禁止だったそうです。

ところで、頂上で休んでいる方達 ↑、全員向こうを向いています(笑)

 

その訳はね・・・ 

 

           

この絶景が見えるからなんです ↑ 

雲で隠れてしまいましたが、穂高連峰に槍ヶ岳、笠が岳などが、どど~んと見えるんです!!

 

反対側を向くと、こちらが、南峰 ↓  北峰のほうが、噴火口のすぐ横なんですけど。。。

           

下を見れば、上高地 ↓ 白く蛇行しているのは、梓川

           

はるか向こうを見れば、 乗鞍岳 ↓ う~ん 素晴らしい~

           

 

秋は、風が冷たいので、お弁当を食べたら、早めに撤収です(笑)

 

こっちに行くと、焼岳小屋 ↓ を経て西穂高岳へ縦走、或いは、上高地に下りることができます。

           

私たちは、来た道をもどるので こちら ↓

           

 

上から見ると、結構な傾斜ですね~↓ この、谷底まで下るんですよ~

           

 

名残惜しいけど、ナナカマドちゃん、さようなら~ 

           

           

あとは、ひたすら 下ります、下ります。。。

 

熊笹に、陽が当たってキラキラ輝いてました ↓

           

 

そして、無事 下山しました

 

          

お宿に戻って、温泉で汗を流し、お土産の山バッジを買い、ロビーから見える穂高連峰 ↑ をながめて、大満足で帰路につきました!

    

           

 

 

 

 

           

 

 

 

コメント (6)

紅葉を求めて焼岳へ

2012-10-18 01:20:30 | トレッキング

         真っ赤に色付いたナナカマド、綺麗でした~♪

          

          

10月12日 紅葉を求めて、北アルプスの焼岳に登ってきました。

まだ、8月に登った車山や9月に登った蔵王山のレポがあるのですが、紅葉の時期はあっという間に過ぎてしまうので、

これから行かれる方の参考になればと思い、先にアップします。

 

北アルプスは、上高地から入るのが一般的ですが、マイカーで登山口まで行けるところという事で、焼岳の新中の湯コースを日帰りで・・・

前日に、登山口にある一軒宿(秘湯を守る会会員)に宿泊、翌朝 登山開始です。

          

 

旅館の裏山に登山道の入り口があります。 

          

 

しばらく行くと、道路(安房峠)を渡ります。 宿泊以外の方は、ここが登山口です。 10台程度の駐車スペースがありました。

          

 

初めは、気持ちのいいなだらかな道、この辺りは まだ、紅葉はしていませんでした。

          

 

ウキウキワクワクしながら歩いていくと、すぐにこんな↓ 大きな石だらけの急登がはじまりました

          

 

コメツガなどの常緑樹のうっそうとした森を、ひたすら登ります。 白キクラゲみたいなキノコ ↓

          

 

常緑の樹林帯を抜けて、ようやく紅葉が現れはじめました ↓

          

 

おぉー!!  絶好の休憩ポイント 穂高岳が見えます♪  期待感が高まります!

          

 

そして・・・ついに、目指す山頂が見えるところに出ました~♪

          

 

 

つづく・・・

          

          

          

 

 

 

 

 

コメント (6)

保存食♪

2012-10-09 23:27:32 | 美味しい物

 

このところ山の記事ばかりでしたが、家にいる時は、こんなことをしていました。

 

 

主人の菜園仲間に いただいたラッキョウで、甘酢漬けを ↓ 4瓶も作り

          

 

たくさん採れるナス・キュウリ・ミョウガを、梅干し作りでとれた赤梅酢でしば漬けにしたり 

          

 

中でも、今年の一番のヒット作は これ ↓ 

          

夏の間 毎日 山ほどとれるキュウリを、ピクルスにしてみました。

いつもは、浅漬け感覚で食べる少し甘めのものですが、今回は、長期保存がきくように、酸っぱいものです。

 

これが、大人な感じで なかなかいけます    のおつまみや

 

以前に冷凍しておいた、加熱用トマトを使った ハッシュドビーフに添えてみたり

         

え~っと、どちらかというと、ハヤシライスと呼ぶ方がふさわしいかも。。。

 

ハンバーガーだって、レタスと自家製トマトとピクルスをプラスしたら、とても100円〇ックとは、思えないでしょう(思える?)

          

 

ピクルスの作り方

① キュウリに塩を全体にすり込み、塩水につけて浮かないように重石をして一晩置く。

② きゅうりの水気をふきとり、保存瓶にきっちりと詰めて、赤唐辛子を加え、冷めたビネガー液をひたひたに注ぐ。

③ 2~3日後から食べられるが、しばらく置いた方が味がなじんで美味しいと思います。

 

 

材料

きゅうり5~6本に対して、塩大さじ1、赤唐辛子2本、塩水(塩大さじ1.5 水1カップ)の割合で適宜

 

<ビネガー液>

酢               2.5カップ

シナモン           2~3cm 

クローブ           3個

オールスパイス      3個

粒こしょう          3個

ベイリーフ          2枚

上記の割合で全部を合わせ、蓋をして20分加熱し、そのまま冷ます。

スパイス類は、固形がなければ、粉末のものを代用しても可

 

          

 

 

 

コメント (4)

中央アルプス 木曽駒ヶ岳、宝剣岳ー⑥

2012-10-02 22:35:20 | トレッキング

 

中央アルプス 木曽駒ヶ岳、宝剣岳‐⑤ の続きです

 

さて、荘厳な御嶽山への夕陽を眺めた後は、部屋に戻りヘッドライトの準備をして(8時には消灯なので)、星空を観察です‐☆

空いっぱいの星で、天の川はすぐ分かりましたが、その他の星座は、星がありすぎて見つけるのに時間がかかるほどです(笑)

流れ星も、あちこちに沢山流れるのですが、早すぎて願い事を思う暇もありません

 

夕陽を見て、満天の星を見て、大満足で寝た後は・・・・

 

 

 

ジャ―――ン!!  

 

 

  

   

 

東の空が明るんできて・・・シルエットは、八ヶ岳連峰です ↑

 

 

 

   

 

朝日が昇ってきました   八ヶ岳からのご来光です!! 

 

 

   

そして、すっかり陽が昇って、くっきり見えてきた八ヶ岳  ↑  一番左が前回登った蓼科山です。

 

夕陽は、荘厳な雰囲気、朝陽は、希望の光 とでも言いましょうか・・・ため息が出ます

 

 

さて、頂上山荘の様子をご紹介します。   朝ご飯 ↓

    

     

  部屋の中 ↓          

  

そして、とっても綺麗なトイレ ↓  山の上とは思えません

  

 

大満足で、小屋を後に出発です。

 

馬の背から、北アルプスがクッキリ~  あっ!  右の方に歩いている人が見えます ↓

  

この稜線を歩いたら気持ち良いだろうなぁ~ (私たちは、アイゼンを持っていなかったので断念)

きょうは、伊那前岳経由で帰ります。

 

 

昨日は、雲がかかっていた御嶽山も、はっきり!くっきり~!! ↓

  

 

そして、伊那前岳から見る北アルプスも、はっきり!くっきり~!!  ↓

  

 

昨日歩いた、千畳敷カールも、はっきり、くっきり~!!  ↓

  

 

そして、もちろん 南アルプスも はっきり! くっきり~!!  ↓

  

 

おまけに、こちらも、はっきり、くっきり~!! ↓  富士山

  

 

 

 

 

楽しかった、山歩きも もうすぐ終わり・・・安堵感と寂しい気持ちと・・・

  

 

 

カールに戻ってきたら、昨日つぼみだった ミヤマクロユリが開いていました

   

 

 

ロープウェイにのり、バスに乗り下界へと戻ります。 途中 ニホンカモシカに出会いました ↓

   

 

 

〆は、温泉で・・・  菅の台駐車場から、徒歩5分のこまくさの湯

   

  露天風呂から、さっきまでいた、宝剣岳、駒ケ岳が見える

 

 

 

長~いレポに最後までお付き合いいただき有難うございました

 

  

 

 

 

 

 

 

         

コメント (12)