一歩前へ!

さもない暮らしの小さな幸せを発見して一歩づつ歩んでいけたら・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中央アルプス 木曽駒ヶ岳、宝剣岳

2012-08-30 21:21:07 | トレッキング

 

             

                千畳敷カール ↑  百花繚乱のはずが、残雪がまだ残っていました。

       

 

 

2012年7月25日(水)、26日(木) 晴れ    高山植物を求めて木曽駒ヶ岳、宝剣岳へ  

 

 

遅くなるとロープウェイが、1、2時間待ちになるというので、始発のバスに乗るべく、早朝5時前に菅の台駐車場に入りました。

             

 

ここから、バスに乗り更にロープウェイに乗り換えます。 切符売り場 ↓ AM5:00を過ぎたら人が並び始めました

             

 

こんな看板が書かれています ↓  AM5:00現在 晴れ  気温11.1°C  

             

 

始発のバスに乗れ、順調にロープウェイにも乗り、一気に標高2612mへ 

             

 

ところが、ここで問題発生!!  あまりに早すぎて、お店が開いておらず、きょうのお昼御飯が買えませんでした

ロープウェイの駅を降りたら、始発に合わせて売店が開き、なんとかおにぎりを買うことが出来ました(ホッ)

 

無事お昼のおにぎりを買い、おトイレも済ませ、外に出ると、まず目に飛び込むのが、この風景 ↓

            

   

おもわずため息がでます   うわぁ~きれい~~   写真で見たのと同じだ~~

 

 

・・・つづく・・・           

             

 

 

 

 

コメント (10)

葉隠の術!?

2012-08-26 21:35:10 | いろいろ

 

               

                 

先日、玄関を入ろうとしたら、壁にゴミが付いていた ↑   取ろうと思って良く見ると・・・

 

 

               

                   ん?  ん?  む・虫??

 

 

               

あははは・・・・ 頑張って手(足?)なんか広げちゃって・・・・ピクリともしません。 

 

どこからどうみても、枯葉にそっくりです。  こんな風に、足まで枯葉に似せているんですね~

               

 

ところで、この虫?蛾?蝶? の、名前が分かる方いらっしゃいますか~是非、教えていただきたいです

コメント (12)

蓼科山‐③

2012-08-18 15:48:59 | トレッキング

 

     

  この広~~~い岩岩の場所が蓼科山の頂上です。  あいにく雲が上がってきてしまって、八ヶ岳以外は見えませんでした。

 

 

 

 

蓼科山荘を後にして、胸の高さまであるような大きな岩だらけの登山道を三点確保で登ります。

途中 振り返ると  こんな風景が ↓

               

             

北八ヶ岳に見られる縞枯れ現象 ↑  実際に見ると、本当に縞状に枯れているのがわかります。

諸説ありますが、シラビソやオオシラビソの森が、順次世代交代しているのだとか・・・

そういえば登ってくる途中にも、シラビソの若木がたくさん生えていましたね。

見上げれば、あの 傘のような虹をまとった太陽が ↓

                

 

そして、ようやく頂上ヒュッテが見えてきたら、山頂です。 2530mまで来ましたー

             

 

頂上は、大きな岩がゴロゴロした、広い広い空間でした。どんだけ広いかと言うと・・・↓

            

はいっ! こんな感じです。 見渡す限りの岩・岩・岩   真ん中にチョコット人が居るのが見えますか?

この岩、大きくて足がなかなか届かないので、非常に歩きにくいです

下に降りて歩けば・・・と、思うでしょ!?

でもね、岩と岩の隙間には、コケモモやガンコウラン、イワツメクサといった高山植物が、びっしり生えているんです。

それを、踏んで歩くわけには、いかないですよね~

 

まずは、一等三角点、タッチ ↓  そこから、ヨタヨタ、ピョンピョン 歩いて真ん中まで行き、蓼科神社奥宮に参拝しました。

       

 

頂上をグルット一周するだけで、30分はかかるとおもいます。   雄大な南八ヶ岳を見られて感激ーー!!

            

 

頂上ヒュッテで、スイカを食べました。 甘くて冷たくて、美味しかったです。 一切れ500円 二人で1000円也

            

頂上ヒュッテも、山小屋なので、宿泊できます。 もちろん、休憩&トイレだけでもOKです。

ここも、バイオトイレで、使用料200円です。

 

 

今回のルートは、最後まで、岩・岩の登山道でしたが、その脇には小さなお花達が咲いていました。

                        

                  ゴゼンタチバナ  ↑                        

                 

                  イチゴにそっくりなお花、名前がわかりません ↑

                    

                     コイワカガミ ↑

 

蓼科山 別名 諏訪富士とも呼ばれる秀麗な姿からは、想像もできなかった 岩・岩の山。でも、案外楽しかった  

今回の記事で、岩・岩って、いったい何回言ったでしょうね~(笑)

・・・おしまい・・・

 

 

 

 

コメント (6)

蓼科山‐②

2012-08-10 22:18:45 | トレッキング

 

                 

                   7合目登山口   登山届もここで出します。

 

 

 

日帰りなので、最短時間で登れるという、7合目登山口から出発です

ここには、トイレ(水洗)と、駐車場があります。 最近の山は、トイレが綺麗になってホント嬉しいです。

 

               

初めは、緩やかな道を小鳥の声を聴きながら楽しく歩きます。

この辺りは、コメツガやシラビソの木が多く、根元には若木がたくさん育っていました ↓

               

 

15分ほど歩くと、馬返しの看板 ↓  ここで、馬を返して歩いたのでしょうか・・・

             

 

確かにこの辺りから、道が険しくなってきました ↓

               

 

途中振り返ると、下の方に、女神湖が見えます ↓

              

 

 

             

少し開けた天狗の露地に到着です。 ここから見えた景色は・・・↓

             

おぉーー!!  あの、尖った山は、アルピニストの憧れ  や・槍ヶ岳ではありませんか

 

                  ズームでもう一度(笑)  北アルプス~

             

 

一気にテンションが上がったところで、さらに頑張ります

             

 

             

 

しばらくして、空が開けて明るくなってきたな~と、思ったら、将軍平に到着です。

             

ここは、『蓼科山荘』  宿泊もできますが、食事だけでも、トイレだけでも(笑)OKです。

ここも、バイオトイレで、臭くないです(使用料200円)

 

ここから、最後のひと頑張りで頂上です・・・が、さらに大きな岩・岩の道が待っていました

 

つづく・・・

 

コメント (14)

蓼科山

2012-08-05 23:46:11 | トレッキング

 

                

               北八ヶ岳の端にある『蓼科山』 に登ってきました。 7月18日晴れ(日帰り)

 

 

 

麓の町から見えた、蓼科山   蓼科高原と言った方が、分かりやすいかもしれません。

                

 

一見女性的な、その山容からは、想像もできないような、岩だらけの登山道でした。

                

 

途中で見上げた空には、太陽の周りをぐるっと一周する虹が・・・↓

                

 

初めて見る、 なんとも不思議な光景でした。  

 

詳しいレポは、次回に・・・

 

 

コメント (6)