一歩前へ!

さもない暮らしの小さな幸せを発見して一歩づつ歩んでいけたら・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

水仙ロード♪

2010-01-27 23:14:02 | 見て歩き

いつ見ても可愛いな

 

 

「日本寺」の次は、前から行ってみたかった水仙ロードを歩きます。

お昼を食べたラーメン屋さんで
(何故に海に来てラーメンかと言うと・・・この後、宿で海の幸を食べるんだから、昼はラーメンが良い!!・・・と、夫がのたまうので。。。)

水仙ロードの行き方を聞いたら、なんと往復3~4時間かかるとの事

「日本寺」で、思いのほか時間がかかってしまい、なお且つ、鴨川まで約1時間の道のりを考えて、行ける所まで行こう・・・という事になりました。

山で鍛えた足で、どんどこどんどこ歩きましたよ~


そして、道の両側には・・・

 

                 

 

~~~~~水仙・水仙・水仙~~~~~

 

 

 

途中には、こんなのも↓ありましたが、どれだか???

     

水仙ひろばに到着して、水仙祭り(この日限りですって)で、甘酒を御馳走になって、来た道を戻りました。

 

      

 

木になっているレモンって、おしりがぷくってなってて、ラブリ~

今夜のお宿は、鴨川温泉 これから房総半島を横断しま~す

 

 

コメント (8)

日本寺

2010-01-23 23:30:16 | 見て歩き

表参道 仁王門。 左右には、金剛力士像があります。

 

 

子供たちが小さい頃、磯遊びに館山に出かけた時、良く目にしていた「鋸山ロープウエイ」の看板。
鋸山って、どんな山なんだろう・・・と、ず~っと思っていました。

今回、鋸山の事を調べていたら、なんと山全体が「日本寺」というお寺になっていたんです。
“日本”なんて、すごい名前を付けちゃうお寺って・・・って事で、行ってきました(笑)

やっぱり、すごいお寺でした。 「日本寺」←クリック

 

では、ご一緒に~

まずは、上の写真、仁王門から・・・ロープウエイで登る人が多く、こちらに回る人は少ないそうです。

そして、観音堂↓   観音様は、ご開帳の年しか拝観できません。

 

             

 

ここも信仰の山になっていたと思われ、あの武甲山のように、所々に、○丁目の石碑がたっています。

             

 

そして、驚くのが、その階段の多さです。

  
  
  ねっ、どこに行くにも階段だらけです。

その数、2639段あり、日本で二番目に長いそうです。

って言うと、一番はどこか気になりません?  

 

ひとつとして、同じ顔が無いと言う、千五百羅漢

     「あちゃー!」って、言ってるみたい(笑)

 

こんな、にっこり笑って、おしゃべりしているみたいなのも↓

    ばーちゃんを、思い出しました。

 

   これは関係ないけど、コゲラの巣穴

 

 

あれこれ見ながら、長い長い道のりを歩くと、そこには・・・

 

             

日本一の大きさ(高さ31・05m)を誇る大仏さまがいらっしゃいます・・・正しくは、「薬師瑠璃光如来」様

お薬師さまは、病気や怪我を治してくださる方ですよね!
左手に持っているのは、薬の入れ物なんですって・・・(お茶かと思いました

もちろん、夫の頭の怪我の全快と、家族の健康をお願いしてきました。

 

さて、このあと恐怖の展望台へと行きます。

 

          

通称、“地獄のぞき” 切り立った岩の上で、足元がえぐれています。
高所恐怖症の、夫は、なかなか近寄ろうとしませんでした

そこから見える風景が、こちら↓

         

東京湾が一望できます。 遠くには、富士山も

地獄のぞきの下には、百尺観音像が彫られています↓ こちらも大きいです。

 

         

 

 

頂いてきた御朱印が、こちら↓

         

 

今回、ご朱印帳を新しく買ったのですが、なんとその表紙には・・・

 

         

ジャーン!!  天皇家の菊の御紋が・・・「日本寺」 恐るべし。。。

 

 

まだまだ、つづきます~(笑)

 

 

 

 

 

コメント (10)

車窓から・・・

2010-01-20 13:28:10 | 見て歩き

お出かけは朝日と共にが我家の鉄則

 

 

先週末、千葉に、ふらっと旅に出ました。
こんな風に言えるほど、交通網が発達して、近くなりましたね~ビックリです。

 

では、まずは、車窓から~

 

             

これは、作りかけのスカイツリー  まだ、半分位の高さです。
完成すると、634メートルになり、ムサシ(武蔵)と言うのだそうです(えっへん!)

・・・って、知ったかぶりをしましたが、mokaさんに(←詳しく載っています)教えていただきました~

 

 

こちらは↓、何処の観覧車かな・・・??

             

御存知の方は、教えてくださいね

 

 

 

長~いトンネルを走り抜け、

             

 

地上に出ると、そこは・・・↓

             

海ほたる!!   初めて行きました

     

全長の3分の2は、トンネルで海の下を通っているんですね~知りませんでした

ニュースなどで、渋滞している所を良く見ていたので、全部が橋のような気がしていました。

 

             

朝日と、平和の鐘(だったかな・・?)・・・最近、記憶力が。。。

 

こちらは↓、千葉県、木更津方面です。

       

 

こうして見ると、はるか彼方ですね~
朝、早く出発しているので、まだ、駐車場もアクアラインも、ガラガラです。 お店も開いていませんが。。。

 

いざ、千葉に向けて、ゴーゴー

 

・・・・つづく・・・

      

 

コメント (12)

おみやげ編ー②

2010-01-14 23:16:35 | いろいろ

いかにも海のおみやげって感じ

 

 

 

12月に次男が、大学の研究室の研修で、船で小笠原に行ってきました。
およそ2週間の航海のうち、島に上がれたのは一日半だけ

その他は海の上で、ひたすら漁をして、研究を続けていたらしい。。。
何の研究をしているのかは、さっぱり分からない母ですが

それでも、島では、シュノーケリングの体験をして、イルカと一緒に泳いだ とか
透視度が36メートルもあるんだよ!綺麗だった~☆ と、楽しそうに話してくれた♪

限られた時間の中、おみやげを買ってきてくれたのは、褒めてつかわす(笑)
しかも、父親の好きなザトウクジラのタオル(二人分)に、母親の好きなクッキーと、つぼを押さえているし・・・

 

・・・で、私が目を奪われたのが、こちら↓

            

おぉ~~、なんと美しい海~~幻想的~~

こんな所で泳いできたのね~~、いいないいな~~

羨ましいぞ~~!!

 

コメント (8)

おみやげ♪

2010-01-11 16:55:39 | いろいろ

出来損ないの大根ではありません(笑)

 

 

今年のお正月も、息子が友達を連れて帰省してきました。
嬉しい事に、大学時代の友達は、北は北海道から南は沖縄まで、全国にいます。

。。。あっ、、、え~っと、私の友達ではなく、息子の友達ですが。。。
一度会ってしまえば、み~んな友達!! が、我が家流です~

夏に来たのは、群馬県の方、今回は、長野県の方。

おみやげに、上の写真のような、可愛い大根を頂きました。  
長野で大根と言えば、辛味の強い大根が有名ですよね!?

わさび大根?って、聞いたら、ねずみ大根と言う名前がついているそうです。

             

             ほらっ、ねっ! ねずみに見えてくるから不思議

 

すりおろした大根の汁を、味噌で溶いて、そばつゆにするのだとか・・・

でもね・・・食い意地張りまくりの我家、汁だけなんてもったいない・・・
ぜ~んぶ蕎麦猪口に入れて、麺つゆで割って食べました(笑)

山葵に似た、ピリッとした辛さで、すごく美味しかったです。 最高の年越し蕎麦になりました。

 

 

・・・で、息子のおみやげは、こちら↓

             

              袋吊り雫酒、 “限定品” 「栄光富士」

 

いかにもお正月に相応しい、名前のお酒です。   
そして。。。“限定品” の言葉に弱い母ですが。。。息子よ、お前もか!!

 

 

コメント (10)

黒豆

2010-01-08 12:51:43 | 美味しい物

松の葉が、スーッと通る位柔らかいです。

 

 

 

今まで、母から教えられてきた豆の煮方で、何の迷いもなく煮ていた黒豆。

一晩水に浸して、ふやけたらコトコト煮て、柔らかくなったところで、まず、お塩
それから、お砂糖を入れたら、煮すぎると固くなるので火を止める。

↑これが、母から教わった豆の煮方でした。

 

ところが、年賀状を出さない分、比較的余裕のあった年末、豆の袋を何気なく読んでみたら・・・

 

『お勧めの調理法』 と書いてある
豆にそんなに色々な調理法があるのか!?と、読んでビックリ

全く違う、黒豆の煮方が書いてあった。  物は試しと、その通りに煮てみました・・・

 

 

あらっ!、びっくり~   美味しい~、柔らか~い、味しみてる~

まさに、目からうろこでした。

 

 

 

<材料>

黒豆     250g
水       7カップ(1.4リットル)
砂糖     1.7カップ(220g)
しょう油    大さじ2
塩       小さじ1/2(3g)

水は、常に豆が浸かっているように、砂糖はお好みで加減して・・・

 

 

<作り方>

① 豆をたっぷりの水で優しく洗い、ザルに上げておく。

② 豆以外の材料、(水・砂糖・醤油・塩)を、厚手の鍋に入れ、ひと煮立ちさせて火を止める。

③ 水気を切った黒豆を、温かい煮汁に入れて蓋をし、一晩置く。

④ 翌日、鍋ごと中火にかけ、泡(アク)をすくい取り、ごく弱火にしてコトコト煮る(3~5時間)。

⑤ 柔らかくなったら、そのまま、一晩つけ置き味をふくませる。

 

☆黒豆が膨らむ時に、水ではなく砂糖水を吸うので、中まで味がしみるんですね!

☆砂糖を先に入れると固くなる、と母が言っていたのに、この方法だと全然平気です。

☆柔らかいのに皮も破れず皺もよらず、もっちりしています。

☆薄味にできるので、煮汁も飲めちゃいます(ポリフェノール、たっぷり)

 

。。。で、ひとつ疑問。。。この方法、知らなかったのは、我家だけ???

 

 

<おまけの話>

豆の器の下に敷いてあるのは、以前に着物の端切れで作ったコースターです。
梅の柄が、お正月らしいかなぁ~と、使ってみました。

 

          

 

左は、私の付け下げの袂を短くした時の端切れ 
右は、母が娘時代に着ていた羽織の布

昔の着物の方が、驚くほど色使いが大胆で、色合いが綺麗で素敵です

 

コメント (10)

今年もよろしくお願い致します。

2010-01-03 23:38:16 | 花と緑

バラの花のような葉ボタンに一目惚れ

 

 

毎年、パンジーやビオラなど、色とりどりの花を、玄関わきに植えるのですが
今年は喪中という事もあって、葉ボタンで、少しシックな色合いにしました。

 

4日から仕事始めという方も多いと思います。
我が家も、息子が帰り、夫も明日から仕事始め、私も5日から仕事始めです。

 

一週間あったはずの、お正月休みは、あっという間に過ぎて、まだまだ、やり残したことがいっぱいです。
とは言いつつも、特段変わった事もなく、平凡な新年が迎えられた事は、幸せな事なのだと思います。

 


今年は何故か、例年のような、“今年は頑張るぞー!”みたいな気負いがなく
穏やかな一年が過ごせれば良いなぁ~と、思っています。

 

また、ボチボチとブログもUPしていきますので、お付き合いの程よろしくお願い致します

 

 


コメント (15)