一歩前へ!

さもない暮らしの小さな幸せを発見して一歩づつ歩んでいけたら・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天城石楠花が見たくて天城山へ-②

2013-06-26 22:07:47 | トレッキング

その①からのつづきです。

 

万二郎岳から万三郎岳に向かう道には、馬酔木(アセビ)の木がトンネルになって沢山生えています。

          

ちょうど綺麗な白い花が咲いていました ↓

          

 

でも、肝心の石楠花の花は、まだ出てきませんね~

          

石楠立(ハナダテ)に着きました ↑ この辺りは石楠花がたくさんある所 期待がふくらみます

          

 

ところがあったのは、こんな蕾が二か所だけ・・・?? 他の木には、蕾すらついていませんでした。

          

春先の低温で、蕾が落ちてしまったのかもしれません

でも、まだ桜が咲いていました ↓ マメザクラ その名の通り、小さくて可愛い花です。

          

 

気を取り直して、万三郎岳に向かいます  途中の立派なブナの木 ↓ 森の主の雰囲気です。

          

 

万三郎岳 1405.3m 到着です ↓ 一等三角点もありました。

           

 

           頂上からの富士山!!

          

 

 

・・・と、ここまでは順調に来ましたが、このあと下りのコースが、長い長~い階段が続くのです

相方は、足が攣り、私は膝が痛くなり、思いのほか時間がかかりました。

それでも、こんな花 ↓ に癒されながら歩きました。(名前のわかる方教えてくださいね)

          

 

          

上から落石が落ちてこないか。。。と思いながら、涸れ沢を渡り ↑

こんな綺麗な緑の森を抜けたら ↓

          

 

ゴールの登山口に到着です ↓

          

 

参考コースタイム

9:41 天城高原駐車場登山口 ― 11:07 万二郎岳 ― 12:54万三郎岳 - 15:57 登山口着 (昼食・休憩含)

 

今夜は、車で30分程の伊東温泉に泊まって、温泉にはいり、美味いお酒とお料理で至福の時を過ごしました

 

 

翌日は、道の駅伊東に寄り道 ↓  

            

実はここ、私の友人の設計なんです。 昔から、こんな絵を書いていました(笑) ↓

          

初めて見た時は、道の駅らしからぬ、幼稚園のような色遣いに、へっ?! と、思いましたが

          

ヨットハーバー側から見ると、北欧の港町の雰囲気  なるほど~これが狙いだったのか!

形に残る仕事をしてるって、羨ましいな~と、思いました。

          

ヨットハーバーには、青くて綺麗な魚がたくさんいました。名前は分かりませんがベラの仲間なのかな? 

それと、たくさん植えられてた この花 ↓ 名前が分かる方 教えてください 甘い香りがしていました

          

          

 

 期待していた石楠花は見られなかったけど、楽しい旅でした!  ・・・おわり

 

 

 

          

 

          

コメント (4)