一歩前へ!

さもない暮らしの小さな幸せを発見して一歩づつ歩んでいけたら・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

札所巡り・・・つづき

2008-05-09 18:37:29 | 見て歩き

18番 神門寺(ごうどじ)のご朱印と散華

 

 

 

 

総開帳では、普段は厨子の中にしまわれている、ご本尊を拝見するのが目的ですが、この、ご朱印を集めるのも楽しみのひとつです。

 

各寺社ごとに特徴があり、皆さん達筆で、また、墨の良い香りにも癒されます♪

 

総開帳の間だけ、特別に散華もつけてくれます。

 

 

<散華(さんげ)とは・・・>

法要などの時に、供養のために蓮の花びらなどをまく事にはじまり、今は、蓮の花びらをかたどった紙でできている。

 

 

 

15番 少林寺(しょうりんじ)のご朱印と散華

   

 

少林寺は、散華にも書いてあるとおり、色とりどりの牡丹の花がたくさん咲いていて綺麗でした。

 

 

 

 

<おまけ>

テクテクと歩いていたら、踏み切りでSLに遭遇

にわか鉄道小僧となり思わずパチリ

   

 

 

  

一日、一往復しか走っていないそうですが、まず、下りに遭遇

あちこち歩いてきて、また、最後に上りに遭遇

なんとラッキーな事でしょう

 

コメント (6)