一歩前へ!

さもない暮らしの小さな幸せを発見して一歩づつ歩んでいけたら・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

妙高山登山

2017-10-17 06:40:01 | トレッキング

前日に のんびりした分 今日は、ハードスケジュールです(笑)

本当は、火打山から縦走したかったのですけど、高谷池ヒュッテが改装中で20名しか泊まれず

予約ができませんでした。仕方なく、妙高山のみ日帰りという訳です。

 

最短距離ということで、ゴンドラのコースを選びましたが、朝8時からしか動きません。。。

しかも、16時が最終  7時間のコースタイムで休憩を入れたらぎりぎりの時間ですね

             

朝一番のゴンドラに乗って15分 到着して トイレによったらもう8時30分です

             

初めは、スキー場を歩くのですが、気持ちばかりが焦って、ついついハイペースに・・・

意外にキツイ勾配に心拍数があがります

 

             

コースタイムより少し早く大谷ヒュッテに到着  この先トイレがないので、ここで休憩します(笑)

 

             

天狗堂に着きました。 ここで、昨日の黄金の湯からの燕コースと合流します。

 

            

途中 開けたところに出ると、きのうカフェから見た、野尻湖が見えました ↑

 

 

             

このコース一番のハイライト 鎖場です。  ここは、狭いので、登る人と下る人で渋滞が起きます。

実は、意外に鎖場好きの こしあぶらです(笑)

 

              

鎖場の次は、どこが道だか良く解らない 岩岩の所を通ります。

でも、ちゃんと赤ペンキで→マークがあるので大丈夫です。

 

             

そして、山頂に着きました~!! 標高2454mです!!

             

 

             

今日は良く晴れていて 北アルプス↑ や 日本海 ↓ も見えました!

             

             

帰りの時間が気になるので、そそくさとお昼を食べたら下山します。

帰りは、走るように下りましたよ~(笑)

 

             

予定より だいぶ早く大谷ヒュッテまで下って来たので、一安心です。

紅葉もだいぶ進んでいますね ↑ 足元にはリンドウも咲いています ↓

              

 

ここからは、すこしゆっくり 楽しみながら歩けました。

感想・・・

楽してゴンドラでと思いましたが、時間に縛られて かえってキツカッタ・・・

やっぱり 山は、早立ちが基本ですね!

コメント (2)

お正月には富士山!

2017-01-10 22:48:52 | トレッキング

今年の 初夢は過ぎてしまいましたが・・・

とりあえず 一富士 二鷹 三なすび の、富士山だけでも~

  

丹沢連山の右に雪を被った富士山です(高尾山山頂から)

もう少し ズームアップ  ↓  少し霞んでいますが 見えますか?

  

 

昨年の11月29日に、高尾山デビューの次男と三人で 高尾山に行って来ました。

夫と二人で登るよりも ずっとずっと楽しい

 

 

もうひとつのお楽しみは、去年 高尾山口駅に隣接して出来た 温泉です!

登山の後の温泉は、何よりの楽しみ!!

入館料1000円と少し高い気もしますが、一応 東京都ですからね 土地代という事で・・・

 

 

そして、秋は 新蕎麦の季節   高尾山は、とろろ蕎麦も 名物なんです。

  

 

新蕎麦の合図の、杉玉 ↑  初めて見ました。

  

 

もちろん、とろろ蕎麦を食べて帰ってきました。 

あっ 他の二人は 鴨南蛮 でした(笑)

 

 

 

コメント (6)

高尾山に厄除け参り

2016-04-17 23:00:30 | トレッキング

四月に入り、水中(プール)から陸上(登山)にあがる機会が増えてくるので(まるで両生類)

足慣らしに厄除参りをかねて高尾山へ行きました。 

             

               ちょうど満開の桜と滑空するムササビ ↑  

 

今回は、以前にも歩いた稲荷山コースを歩きます。

             

春の高尾山は、すみれの花がいっぱい ↑ 写真だと見えづらいですね~

 

クロモジの花 ↓ 枝をこすると良い香りがします。 この枝で和菓子などの楊枝が作られます。

             

 

このコースの最初で最後の難関 ↓ なが~い階段があります。

             

 

でも、ここを乗り切れば パッと頂上にでます ↓

             

ヤッター! 富士山が見えてるーー!!   右の方 ↑

アップにして見ますね ↓  まだ、上の方は真っ白です

             

 

新しい山頂標識ができていました ↓

             

 

前回よりも30分早く 1時間半で着きました。 やっぱり体力がついてきてるんだなと嬉しくなりました。

 

チョコット休憩したら、1号路を薬王院まで降りて厄除け参りをします。

   

 

お参りの受付と、古い木札を返納したら、本堂に入って待ちます。

             

成田山新勝寺から、いらした修験者の方達と一緒でした ↓

             

 

大きな太鼓の合図とともに、沢山のお坊さんが入って来られ、護摩を焚いてお経をあげてくれます。

写真は撮れないのですが、その迫力はすごいです。

新しいお札とお守りをいただいて、精進料理を食べるのを楽しみにしていたのですが

予約をしていない方は、そば御膳だそうなので、それなら下の手打ちそばを食べようということで下山

 

               階段わきの枝垂れ桜が綺麗でした ↓

             

 

1号路の下山途中に咲いてたお花 ↓ ヤマルリソウ 男坂の階段脇に咲いていました。

             

 

更にテクテク下っていくと・・・ ↓ ヨゴレネコノメ 真ん中の粒々の所が花です。

             

 

更にさらに下っていくと ↓ ニリンソウ が咲いていました!

             

 

そして、手打ちそばの自然薯蕎麦を食べて、高尾まんじゅうを買って帰りました。

お天気もまずまずで、楽しい一日でした

それにしても、外国の観光客がたくさん   またまた、適当英語でおしゃべりしちゃいました

 

前回の記事は  こちら

前々回の記事は こちら  よろしかったらご覧になってくださいね!

 

             

 

          

 

             

コメント (6)

今年もよろしくお願いいたします。

2016-01-03 16:34:38 | トレッキング

             新年あけましておめでとうございます!!  

                       

           

 

ここ埼玉は、穏やかな新年を迎える事が出来ました。

長男たちのいる東北地方は、吹雪いていたそうですが、それでも 例年になく雪が少ないそうです。

皆様の所はいかがだったでしょうか?

 

昨年末に富士山の姿を求めて歩いた、陣馬山をご紹介します。

ここは、奥高尾とも呼ばれているルートがあり、高尾山から縦走してくることもできます。

しかし、今回の目的は、富士山を見る事なので、早朝すぐに頂上に行ける和田峠からの陣馬山になりました。

             

和田峠には、茶屋と駐車場があります。 そして ↑ いきなりの急登階段です

でも、この階段を抜けると、 ↓ こんなのんびりとした気持ちの良い道です。

             

 

こしあぶら、この先で アオゲラに出会いました アオゲラは、初めて見るので心の中でヤッター!!と思いました。

なぜ、心の中かと言うと・・・大声をだすと逃げちゃうからです(笑)

 

ウキウキしながら、さらに階段を進むと そろそろ頂上かな~という辺り。。。↓

             

霜でカチンコチンの土です。 帰りは、ぬかるんで大変な事になりそうです。

 

そして、30分程で頂上に着きました ↓ シンボルは この白馬の像

             

神奈川県育ちの こしあぶら 学校の教科書の表紙に、この白馬の写真が載っていて、これは一体何処にあるのだろうと思っていました。

そして、陣馬山という山の頂上にある事を大人になってから知り、一度見てみたいとずっと思っていたのでした。

あれから ウン十年(笑) ようやくその願いがかなったのでした~

 

陣馬山の山頂は広く、360度の展望です。 朝早いので、澄み切った空に富士山が良く映えます。

             

平日も営業している清水茶屋さんの奥には、富士山、南アルプス、秩父の山々、左手には、丹沢の山並み

そして、後ろを振り返ると、遠く相模湾に江の島も見えました!

 

朝ご飯を食べても、まだまだ時間があるので、とりあえず明王峠まで歩くことにしました。

             

途中 奈良子峠を経て40分程で、明王峠に到着です。 茶屋がありトイレもあります。

             

ここからも富士山が望めます。

             

奥高尾の茶屋は、一部を除いて たいていが土日のみの営業 すいてる平日狙いの我々は、利用できません

             

峠まんじゅうとお味噌汁 飲みたかったな~ 仕方ないので、持参のミルクティーで温まります。

時刻は11時 あわよくば高尾山まで縦走しようかと密かに思っていた こしあぶら

悲しいかな車で来ているので、必ず駐車場に戻らないといけません 日没が早い今の時期 縦走は断念しました。

せめて次の堂所山まで行こうと思いましたが、小屋の手入れに来ている方が、行っても巻道になるし、展望はないよーと、おっしゃるので、のんびり引き返すことになりました。

コースタイム50分で再び陣馬山山頂に到着  おにぎりとカップラーメンでお昼です。

             

 

お昼を食べてのんびりしたら(・・・って、ずーっとのんびり歩いてるんですけどね)下山開始です。

             

登りよりも下りの方が急傾斜に感じますね ↑ 長~い足のこしあぶらが写ってます

 

あっという間に、駐車場に着き、まだまだ明るいうちに家に着きました。

こんな の~んびりした山行も、なかなか良いものです。

 

ブログのアップも、の~んびりになるかと思いますが、今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

コメント (8)

雨の西吾妻山

2015-10-11 23:23:41 | トレッキング

このところお出かけ続きで、なかなか写真の整理もできず、ブログも随分長い事ご無沙汰してしまいました(ゴメンナサイ)

今頃ですが、レポを書いておきますね。

 

 

一人目の孫が生まれた時は、お宿から鳥海山をながめ、いつか登ってみたいと思い 翌年登りました。

そして、今回 二人目の孫が生まれた後は、山形県白布温泉からの西吾妻山です(必ず温泉が付きます)

写真は無いのですが、この白布温泉 頭より高い位置から 三本の滝のように温泉が流れ落ちているんです!

その湯量にまず圧倒され、頭から温泉を浴びるというのを初めて経験しました

 

2000m越えの山ですが、白布湯元からは、ロープウェイとリフト3本を乗りついで、1820mまで上がれてしまいます          

 

ロープウェイ駅を降りると。。。

             

はい、真っ白です。。。  でも、雨の登山の練習にきたので、、、と、強がってみる(笑)

             

長命水の出ている岩 お猿さんの顔です ↑

リフトから見える、ナナカマドの実が赤くなっていました!  今頃は、きっと葉も赤くなっていると思います。

             

 

およそ45分かけて3本のリフトを乗り継いでようやく登山口に着きました。

             

最初から、岩だらけです ↑

しばらくすると分岐点に、、、雨の平日なので、だ~れもいません ↓

            

こんな時は、地図を良く見て間違わないように気を付けないといけません

山の上に広がる広い湿地帯 晴れていれば、向こうの雲の中に山頂が見えるはず ↓

           

 

湿地帯を抜けて、岩ゴロの道を進むと、天狗岩の広場に到着 ↓

           

こんなガスガスの時は、方向を見失わないようにしないと迷子になります

まずは、無事に登山できるように祠にお参りをして ↓

            

登山道に戻り、岩ゴロのうえに雨で川のようになってきた道を進んで 山頂に到着です ↓

            

吾妻山連峰最高峰 西吾妻山 2035m 山頂標識 ↑  樹林に囲まれ眺望はありません

西吾妻小屋方面にまわれば、眺望も開けるのですが、今日は雨でそれも期待できないので、来た道を戻ります。

半分ほど下ってきたら、少しガスが切れてきました 雲の向こうには、山形や福島の山々が見えているはず。。。

            

 

今回は、雨とわかっていて登った山でしたが、展望がないのは、やっぱり少し残念

それでも、足元に咲く きれいなリンドウの花に癒されました~

            

 

最後にもう一度、白布温泉で疲れを癒して帰りました。 やっぱり 山の後の温泉 最高です!!

    

 

コメント (6)

四阿山はオレンジの海‐③

2015-07-09 23:01:39 | トレッキング

大変遅くなりましたが、前回の続きです

 

根子岳との分岐を過ぎ、木の階段を登りゴツゴツした登山道を歩いて、ピークに着きました~

             

頂上には、二つの祠が建っていました。 風雪に耐えていまにも傾きそうです ↓

             

 

このどんよりした写真でも、お分かりの通り眺望はまったくありません

なので、ちょこっと休憩したら、とっとこ下山します

 

頂上付近に、たくさん咲いていた黄色いお花  ミヤマダイコンかな~と思いますが、良く解りません。

             

アップにしてみますので、お分かりの方は教えてくださいね!

             

 

上の方のレンゲツツジは、まだ蕾でした。 下界から順に咲いていくので、案外長い期間楽しめるのかも・・・

             

 

少し下りてくると、ガスが切れて登ってきた道が良く見えます ↓ 

              

 

途中で見かけた 綺麗な声で鳴きつづけていた鳥さん ↓ あなたは、だぁ~れ?

             

 

こんな蝶々も 発見 ↓ 羽を閉じていると、真っ黒で 周りと同化して見えます。

             

ところが、開くと あらっ!!ビックリ!! 驚くほど鮮やかです ↓

             

大き目玉と見せて驚かせているのかも・・・クジャク蝶 という名前です。

 

どんどん下って牧場まで来ました。 朝は出ていなかった お馬さんが三頭 木の陰で休んでいます。   

             

もちろん牧場なので、牛さんもいます(笑)  この方達のお乳の牛乳 美味しかった~

             

 

 

 

さて、今宵のお宿は、こちらのホテル ↓  

                

こんな景色を見ながらの、温泉露天風呂が気持ち良かったです ↓

              

  

実は、こちらからも登山道がのびています。 なので、車でなければこちら側に下りてくれば早く着きます。

                       

                      

 

ホテルの玄関に立っている本物そっくりの熊さん

              

手に持っているプラカードには・・・↓  やっぱり熊がいるんですね~

             

 

長~いレポにお付き合いいただきありがとうございました。   お・わ・り

             

 

コメント (4)

四阿山はオレンジの海‐②

2015-06-30 23:47:29 | トレッキング

前回のつづきです

沢を渡ると登山道らしくなってきます。 白樺林の足元は、ピンクの絨毯のように群生していたのは・・・ 

             ベニバナイチヤクソウ ↓ アップにしていますが、小さくて可愛い花です。

             

 

そしてお目当てのレンゲツツジが現れました~まずは、白樺とのコラボ~

             

回り込んで登っていくと、更にたくさんのレンゲツツジが咲いています ↓

             

こっちにも~ ↓ ウフフ、、、アップで一枚

             

まだまだ、その上にも~山全体がオレンジじゃないかと思うほど沢山咲いています。

             

 

そうこうしている内に、小四阿到着 ↓ この辺りから樹林帯を抜け見晴らしが良くなってきます。

            

 

お隣の根子岳が見えてきました ↓ こちらは、花の百名山です。

            

尾根歩きになると、高山植物が増えてきます ツマトリソウ ↓ 花弁が七枚もあります。

            

ミツバオウレン ↓ 葉が三つ葉に似ています。

            

そして、一番目立っていたのが ↓ ハクサンチドリ 鮮やかな赤紫色が目を引きます。

            

毎度お馴染み ゴゼンタチバナ ↓ 秋には赤い実をつけます。

            

小四阿、中四阿を過ぎて、根子岳との分岐を過ぎると ↓

            

こんな階段が見えてきます ↓ その奥のピークが頂上です。

            

だいぶガスってきました。。。眺望は無理かな~

 

つづく・・・

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

四阿山はオレンジの海

2015-06-18 01:45:47 | トレッキング

ご無沙汰していますが元気です。

6月に入り急に成長した野菜たちと日々格闘しております。。。

今年もラッキョウいっぱい漬けました! 梅も漬けました! 桑の実ジャムも作りました!

去年作って好評だった きゅうりのQちゃん風漬物も第一弾漬けて食べ終わりました(笑)

そんな色々記事にしたい事たくさんありますが、取りあえず季節が過ぎてしまわぬ内に、山レポ載せます

 

これは、今年ではなく一昨年の7月1日。。。遅すぎてゴメンナサイ

 

レンゲツツジが沢山咲く山なので、6月に行きたかったのですが、お天気と休日が合わず遅れてしまいました。

今年行く方は、今が一番いい時ですよー!   

 

 菅平牧場から入りました ↓ 根子岳は以前登った事があるので、今回は四阿山方面へ

            

 

駐車場の近くにトイレと売店があります。 牧場の中をゆるゆる歩き

             

 

この看板から登山道 ↓ アヤメがきれいでした!

             

 

最初は、白樺林の中を気持ち良く歩きます ↓

             

 

途中 沢を渡って・・・ ↓  ひんやり気持ちが良いです。

             

 

つづきます。

           

コメント (4)

瑞牆山‐②

2015-02-04 23:23:50 | トレッキング

前回のつづきです

 瑞牆山荘前の登山口から、写真をとったりしながら、のんびり歩いて約1時間で富士見平に着きました。

ここには、富士見平小屋があり休憩や食事をする事もできます。 また、水場とトイレ(チップ制)もあります。

そして 何と言っても富士見平というくらいですから、富士山が見えます!!

             

お天気が良いので、こんな富士山を見ながら ↑ お茶を飲んでトイレを済ませて(笑)出発です。

 

小屋の脇を通り、急な下りを15分ほど歩くと天鳥川に出ます。 これを渡ると、大きな岩だらけの道に豹変します。

             

パックリ割れている所から 桃太郎岩と呼ばれています ↑ 右側の階段を上がります。 人が小さく見えます。

 

大小さまざまな岩の道を、エッチラオッチラ乗り越えていくと、オオヤスリ岩が目の前に現れました ↓

             

遠くから見てもすぐに分かるほどの大きな岩 ↑ デカイです

 

このオオヤスリ岩を回り込んで大きな岩を乗り越えていくと・・・・  

                      ↓

 

 

                      ↓

 

 

                      ↓

 

 

 

 

 

着きました~!!   瑞牆山 2230m 山頂で~す   

             

 

そして、あの見上げていたオオヤスリ岩が下に見えま~す ↓ 地平線上には、南アルプス

             

 

右を見ると、すぐ近くに八ヶ岳が見えます ↓  って事は、八ヶ岳に登ると瑞牆山が見えるって事かな・・・ムフッ

             

 

反対側には、向こうから瑞牆山を見た 金峰山 ↓ 五丈岩が目印ですね!

             

 

 

そして・・・ドドーーンと見えるのが 富士山!!

             

やっぱり富士山が見えるとテンションが上がります~

この景色を見ながら、お昼のおにぎりとチビチビカップラーメンを食べる幸せを味わいました~

 

 登り約3時間 下り約2時間 のコースタイムに2時間の休憩(笑) 全部で7時間もかかってしまいました

だって・・・素晴しい景色で下りるのがもったいないんですもの・・・

 

  

 

 

コメント (4)

瑞牆山(みずがきやま)

2015-02-01 00:36:21 | トレッキング

             

             

                          金峰山から見た瑞牆山 ↑

 

以前 金峰山に登った時に、頂上付近から見た瑞牆山(上の写真)の独特の姿に驚きました。

一目でそれと分かるゴツゴツとした岩だらけの山  あんな所にどうやって登るのだろう・・・

それから約一年半後の昨年10月末 疑問を解消すべく登って来ました(笑)

 

 

岩山のイメージとは違って最初は穏やかな樹林帯歩き

             

 

お天気も良く青空に紅葉が綺麗に映えます

             

 

そして足元には、落ち葉の絨毯 ↓ 10月末の山梨は冬がもうすぐそこという感じでした。

             

 

しばらく歩くと、ようやく山頂を見る事ができました ↓ ベンチも置かれていて休憩ポイントになっています。

             

 

金峰山からも良く見えたオオヤスリ岩(左の大きな岩)がそびえたっています。

 

・・・つづく・・・

             

            

コメント (2)