♪HAVE A NICE DAY♪

のんびり独り言♪

シング・ストリート 未来へのうた

2016-08-21 20:43:06 | 映画さ行


あらすじ
1985年、ダブリン。両親の離婚やいじめで暗い日々を過ごすコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は、音楽好きな兄と一緒にロンドンのミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみという14歳。ある日、ラフィナ(ルーシー・ボーイントン)を見掛け瞬く間に恋に落ちた彼は、思わず「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまう。慌ててバンドを組んだコナーは彼女を振り向かせようと、クールなPVを撮るため音楽活動に奔走する。

シネマトゥデイ


この作品は予告で観た時から楽しみにしてました
アメリカ舞台のように去年観たような
「ピッチ・パーフェクト」のような派手さはないけど
80年代の洋楽大好きな私は楽しめた~~~!
イギリスのかっこいい音楽もいいのです

もう~~デュランデュランの「リオ」が懐かしい~~
主人公のお兄ちゃんがレコードをかけたり、テレビのミュージック・ビデオを
観ながらデュランデュランの魅力を語るところなんかは
そうそう!なんてうなずきたくなるしで(笑)

主人公が髪の毛を染めると
音楽やファッションも影響を与えたD・ボウイの事も
「ボウイみたい」とセリフで出てきたりと
嬉しくなったり。。。

オリジナルの曲も良かった


ラストは「小さな恋のメロディ」も思い出しちゃったという
青春作品だった~~

イチゴけずりとメロンけずりを食べた
やっぱり、いちごけずりのほうが好きだな~

コメント (4)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« ペット | トップ | ミケランジェロ・プロジェクト  »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2016-08-21 22:58:49
洋楽好きな方には堪らない感じですね♪
俺は全くって言っていいほど洋楽は無知で(汗
でも案外耳に残っていて、歌っている人や題名は分からなくても「この曲知ってる〜」ってことはよくあります☆
懐かしい〜 (あんこ♪)
2016-08-22 07:29:04
いちごけずり!w
メロンけずりも食べてみたい、北海道やな〜

この映画よさそう〜でも田舎ではしてないよ(泣)
↓はしてます。
映画館に涼みに行こうかな〜
台風どうですか?心配してます。
こちらは一粒も降らず煮えてます。
けんさんへ♪ (daisuki-johnny)
2016-08-22 20:42:53
そうそう!結構流行った曲などは
CMとかでも使われたりしますよね♪
私も題名は出なくても
ああ知ってる♪懐かしい♪ってあります♪

そうなんです♪
曲もレコードだったりイギリスのバンドだったりと
音も懐かしい感じで楽しめました!
あんこ♪さんへ♪ (daisuki-johnny)
2016-08-22 20:50:23
丁度、メロンけずりやってたので食べてみましたが
柔らかい感じでした。
やっぱりイチゴのほうが美味しかったですよ♪

80年代な感じが、音楽のだけど
雰囲気も懐かしくて♪
楽しめました!
ちょっと、突っ込み所もあるけど・・・

ありがとうございます。
私の所は、全然ですが・・・これからでしょうか。
でも被害が大きいところもあって心配です。。。

早く、もう少しでもいいから
涼しくなるといいですね~~~
あんこさんも気をつけて下さいね!

コメントを投稿

3 トラックバック

シング・ストリート 未来へのうた (試写会) (風に吹かれて)
悩み多き思春期をバンドで吹き飛ばせ! 公式サイト http://gaga.ne.jp/singstreet7月9日公開 監督: ジョン・カーニー  「ONCE ダブリンの街角で」 「はじまりのうた」
MVを作り、彼女を作り・・・ (笑う社会人の生活)
19日のことですが、 映画「シング・ストリート 未来へのうた」を鑑賞しました。 1985年 ダブリン 両親の離婚や転校、いじめで暗い日々を過ごすコナーは兄と一緒にミュージックビデ......
シング・ストリート 未来への歌 (映画的・絵画的・音楽的)
 『シング・ストリート 未来への歌』を渋谷のシネクイントで見ました。 (1)8月7日に閉館となる映画館の最後の公開作品だというので、行ってきました。  本作(注1)の冒頭では......