box観戦記録

100%自分用のリストです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エドウィン・バレロ対エクトール・ベラスケス(2009/12/19)

2009-12-21 19:26:02 | ボクシング
WBCライト級タイトルマッチ

全勝全KOの2階級制覇王者エドウィン・バレロ選手(Edwin Valero)が4月に獲得したライト級王座の初防衛戦に登場。バレロ選手の地元ベネズエラにベテランのエクトール・ベラスケス選手(Hector Velazquez)を迎えて行われたタイトルマッチ12回戦はバレロ選手が終始ペースを圧倒する内容の末に6回終了後にベラスケス選手コーナーがギブアップするTKOでバレロ選手が初防衛に成功した一戦でした。

久しぶりの試合、久しぶりの地元ということもあってかいつも以上に最初からエンジン全開のバレロ選手。左ストレートを強振しながら突進し挑戦者をロープ・コーナーに釘付けにします。
ベラスケス選手が右ストレートや右フック、左フックなどをカウンターで決める場面も再三見られたのですが、バレロ選手のプレスに圧し込まれまくりの状況下では威力も半減。終始バレロ選手のハードなアタックが圧倒する内容のままベラスケス選手が6回終了後にギブアップしてワンサイドマッチは終了しています。

来年2月に暫定王者のアントニオ・デ・マルコ選手との一戦を予定しているバレロ選手。相変わらずの防御ゼロボクシング+格落ちの相手が気にはなりますが、いいチューンアップにはなったのではないでしょうか。2月の試合は米Showtimeが中継することでもありますし存在をアピールする試合内容を期待したいです。

バレロ選手は26勝(26KO)。ベラスケス選手は51勝(35KO)14敗2分。

エドウィン・バレロ対アントニオ・ピタルア(2009/04/04)
エドウィン・バレロ対嶋田雄大(2008/06/12)
エドウィン・バレロ対サイド・サバレタ(2007/12/15)
エドウィン・バレロ対マイケル・ロサダ(2007/01/03)

アントニオ・デマルコ対ホセ・アルファロ(2009/10/31)

コメント (5)   この記事についてブログを書く
« フェルナンド・ゲレロ対ジェ... | トップ | バネス・マルティロシャン対... »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あ)
2009-12-22 03:56:05
うーん、バレロは何と言うかマッチメーク的に「試されない王者」の代表格ですよね。
今回の相手も、近況実績からしてみて挑戦者の資格があったかどうかさえ疑問でした。(しかも階級も下ですし)
内容もパワーで圧倒したものの、あまり鮮やかな試合じゃなかったように感じました。
正直、数字上の戦績と比較するとパンチ力は疑問が残ります。以前から思ってましたが、バレロの相手って危ないタイミングでパンチをもらっても意外と倒れませんよね。本当に戦慄のパンチャーなんでしょうか?

そろそろ、真価が問われる試合を見たいものです。
Unknown (プクー)
2009-12-22 16:01:04
この人のファイト写真はいつも強烈ですね。いつもエンジン全開の圧力で荒っぽくて下手糞っぽくみえますが色々な選手とのスパーリング映像見てると攻撃的ながらもクールで大人っぽいボクシングしてるので評価せざるをえないです。かつてのモラレスとのスパーみましたがどっちが王者だかわからなかったです。まぁスパーは参考になりませんが。
Unknown (カチガラス)
2009-12-22 19:44:14
 バレロのファンですが、今現在の、そして過去の対戦相手の質からして何を言われても反論できない。
 それが悔しい。
 ライセンス問題もあるでしょうが、是非とも心奮わす試合を組んで欲しいものです。
 彼のスタイルからボクシング識者であるほど嫌悪してしまうでしょうが、それを含めてバレロは好きなボクサーですね。
Unknown (管理人)
2009-12-23 22:54:24
>あさん
私はバレロの事を戦慄のパンチャーだと思ったことは一度もありません。
パンチが弱いとは言いませんが、同じ全勝全KOが売りだったフレイタスやムガビ、ベイリーなんかを最初に見たときのパンチの強さに対して抱いたインパクトみたいなものはバレロには皆無です。私の意見ですけれど。

>プクーさん
プクーさんご自身がおっしゃるとおり、スパーは参考になりません。
ボクサーは本番の試合で何を見せたか、何を成し遂げたかで評価されるものでしょう。
この人を下手糞だと思ったことはありませんが、今のスタイルで勝ち続ける事は不可能だと私は確信しています。

>カチガラスさん
米国での試合が再び難しい状況になっている現状を見て、流石に本人も己を知った最近なんではないでしょうかね。
次の試合は米国で放送される事ですし、完全に見捨てられているわけではないです。なんだかんだ言ってファンや関係者の関心も高い選手です。コツコツと結果を出し続けていれば、必ず大きなチャンスは来るはずです。
結果と言うのは勝利でなくてもいいんです。弱い相手にKO勝ちすることよりも、強い相手に力を見せながら敗北の方が遥かに価値のあることなのですから、タフな本物の相手との試合をどんどんこなしていって欲しいですね。
Unknown (あ)
2009-12-24 22:14:36
>管理人様
同感です。
バレロは戦績と謳い文句で期待して実際に見たらガッカリ…の代表格かもしれません。
極端な話、ジュリアン・ジャクソンみたいなパンチさえイメージしてましたから。
近年の近い階級であれば、フレイタスの方が遥かにインパクトありましたね。

取りあえず、バレロのパンチについて同じようなことを考えている方がいて安心しました。

コメントを投稿

ボクシング」カテゴリの最新記事