DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

藤本、無難に王座防衛に成功(OPBFヘビー級ほか)

2018年05月14日 11時43分17秒 | 世界ボクシング
今月7日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
OPBF(東洋太平洋)/WBOアジア太平洋ヘビー級戦:
王者藤本 京太郎(角海老宝石)TKO7回28秒 挑戦者アーロン ラッセル(豪)

*クルーザー級を主戦場にしてきたラッセルを迎えての防衛戦。序盤は慎重に戦っていた藤本ですが、徐々にスピードで圧倒。最終的にはラッセル陣営からタオルが投入され、王者がTKO防衛に成功しました。

OPBF王座の3度目、WBO地域王座の2度目の防衛に成功した藤本。目標はもちろん世界ヘビー級王座挑戦ですが、世界王座統一に向けて動き出しているヘビー級王座。しばらくは保持している王座の防衛戦が続きそうです。


日本スーパーライト級戦:
王者細川 バレンタイン(角海老宝石)TKO7回1分21秒 挑戦者デスティノ ジャパン(ピューマ渡久地)

*昨年師走に、3度目の王座挑戦で王座を獲得した細川。初防衛戦に迎えたのは、24勝中何と22ものKO/TKO勝利がある輸入ボクサー・デスティノ。予想通りというのでしょうか、4回には両者がダウンするという激しい試合となりました。しかし王者が徐々にペースを掴んでいき中盤TKO勝利を収めることに成功。苦しい試合でしたが、保持する王座を死守することに成功しています。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« まだ現役だったのか...(... | トップ | リナレス、終盤に力尽きる(W... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事