DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

藤本、世界へ前進?(OPBF/WBOアジア太平洋ヘビー級)

2017年11月14日 00時01分21秒 | 世界ボクシング
今月4日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
OPBF(東洋太平洋)/WBOアジア太平洋ヘビー級戦:
王者藤本 京太郎(角海老宝石)KO5回2分50秒 挑戦者ランドール ライメント(豪)

*今年の1月に念願のOPBF王座を獲得し、5月にはWBOの地域王座も吸収しました。2冠王になった後の初の防衛戦となった今回の一戦。試合開始から挑戦者をスピードで圧倒し、最後は右でフィニッシュ。王座の防衛と共に、このレベルでは安定した力を持っていることを誇示しました。

藤本が目指しているのは、OPBF王者としては先輩で、現WBO王者ジョセフ パーカー(ニュージーランド)への挑戦。日本人選手が世界ヘビー級戦の舞台に立つことは並大抵の事ではないでしょうが、この日のようなパフォーマンスを続けていれば道は開けていくことでしょう。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怪物、全勝全KOで世界に到達 | トップ | 有川、王座統一に成功(日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事