DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

チュー2世、早くも次戦を予定(色々:08‐10‐18)

2018年08月10日 01時24分00秒 | 世界ボクシング
最近(2018年8月10日ごろ)のニュースです。

1)今月3日に自身節目となる10戦目のリングに登場した元統一スーパーライト級王者コンスタンチン チュー(露/豪)の実子ティム。その一戦で白星を綺麗に10個並べることに成功しています。今年既に3度のリングに登場しているティムですが、来月8日に早くも次の試合を予定しています。対戦相手は未定ですが、キャリア初期の段階では、このようにどんどんと実戦をこなしていくことがベストでしょう。

2)先月21日に無冠戦のリングに登場し、韓国の裵 永吉を初回でTKOに下しているWBCスーパーフライ級保持者のシーサケット ソー ルンビサイ(タイ)。10月6日に予定している3度目の防衛戦の挑戦者が、メキシコのイラン ディアスに決定しています。

3)WBCミニマム級王者ワンヘン メナヨーシン(タイ)が今月28日、比国のペドロ タドゥランを相手に保持する王座の10度目の防衛戦を行う予定です。ワンヘンがこの試合に勝利すると、フロイド メイウェザー(米)が築いてきた50戦全勝記録を追い越し、51連勝という殊勲の記録達成となります。

4)ゲナディー ゴロフキン(カザフスタン)が剝奪されたIBFミドル級王座の決定戦が11月10日、米国のニューヨーク州で行われます。この決定戦に出場するのは、以前から予定されていてセルゲイ デレイジャンチェンコ(ウクライナ)と元WBA保持者のダニエル ジェイコブス(米)。

5)WBOミドル級王者ビリー ジョー ソーンダース(英)と指名挑戦者デメトリアス アンドラーデ(米)による一戦は10月20日、米国はマサチューセッツ州のボストンで決行されます。

6)先月16日にマニー パッキャオ(比)に完敗し、WBAウェルター級王座から転落しているルーカス マッティーセ(亜)。今月に入り、現役からの引退を発表しています。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 中谷、二桁防衛に到達(OPBF... | トップ | 今週末の試合予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事