DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

内藤、冷や汗の初防衛(OPBFスーパーライト級ほか)

2018年05月18日 04時34分17秒 | 世界ボクシング
今週15日・火曜日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
OPBF(東洋太平洋)スーパーライト級戦:
王者内藤 律樹(E&Jカシアス)判定2対0(114-112x2、113-113)挑戦者ジェリッツ チャベス(比)

*順調に試合をコントロールしていた内藤ですが、終盤戦に思わぬ落とし穴が。11回、12回と立て続けにダウンを喫し王座転落の危機にさらされます。しかし最後はうまく切り抜けゲームセット。僅差の判定で、1月に獲得した王座の初防衛に成功しました。


日本スーパーウェルター級王座決定戦:
新藤 寛之(宮田)判定3対0(95-94x3)丸木 凌介(天熊丸木)

*2年前に日本ウェルター級王座を失った新藤と、同じく2年前に今回争われた王座に挑戦し、敗れている丸木の対戦。初回に先制のダウンを奪った新藤が丸木の追い上げを何とかかわすことに成功。僅差の判定ながらも、日本王座の2階級制には成功しています。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ミニマム級(05‐17‐18) | トップ | 今週末の試合予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事