DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

マカブ、アフリカの地で空位の王座獲得(WBCクルーザー級)

2020年02月03日 23時02分57秒 | 世界ボクシング

先週1月31日・金曜日、アフリカのコンゴで行われた試合結果です。
WBCクルーザー級王座決定戦:
イルンガ マカブ(コンゴ)判定3対0(116-111、115-111、114-112)ミハウ ツィエスラク(ポーランド)

*1974年10月30日に、世界ヘビー級戦、ジョージ フォアマン(米)対モハメド アリ(米)という伝説の一戦が行われた同国。その時はザイールという国名で世界に知られていました。その後幾多の内戦を経験し、国の体制も大きく変わった同国。ようやくボクシングの世界戦を開催できるまで国力が回復しました。

2018年11月に、当時の4団体統一王者アレクサンデル ウシク(ウクライナ)がトニー ベリュー(英)の挑戦を退けて以来初めて行われたWBCクルーザー級の世界戦。2016年5月にそのベリューに敗れて以来の世界出場となったマカブが、東欧の実力者ツィエスラクとのダウン応酬の激戦を制し判定勝利。故郷に錦を飾ると共に(と言っても1年半前には同国で試合を行っていますが)、念願の世界のベルトを腰に巻くことに成功しています。


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正式発表、尚弥対カシメロ!... | トップ | 田中、フライ級王座を返上 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事