DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

三代、6戦目で王座奪取に成功(OPBFスーパーフェザー級)

2018年06月28日 04時51分05秒 | 世界ボクシング
今月20日、東京・ディファ有明で行われた試合結果です。
OPBF(東洋太平洋)スーパーフェザー級戦:
挑戦者三代 大訓(ワタナベ)判定2対1(115-113x2、113-115)王者カルロス マガレ(比)

*プロデビュー僅か6戦目でOPBF挑戦となった三代。アマチュアでは60戦近いキャリアを持ち、昨年3月にプロデビューを果たしている23歳。対するマガレは三代の6倍のキャリアの持ち主。これまでに9つの敗戦を喫してきましたが、ロシア(2度)、豪州、ガーナ、マレーシアでの試合経験もあり、日本ではこれまで3戦全勝(全KO)という筋金入りの実力者といっていいでしょう。

そんな強敵を相手に三代はフルラウンドに渡り奮戦。中盤戦に危ない場面もありましたが、何とか逃げ切ることに成功し王座奪取。同門の大先輩である内山 高志より2戦早く同じベルトを獲得することに成功した三代。今後はどこまで内山に近づく事が出来るのでしょうか。ちなみに内山はOPBF王座獲得時から圧倒的な強さを見せ、その王座を5度の防衛に成功。世界王座挑戦時もチャンピオンを飲み込む形で世界のベルトを獲得しました。三代の目標は当然の如く内山を超える事。かなりの難題になりますが、新王者の今後の成長に期待しましょう。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 岩佐、指名挑戦者撃退なるか... | トップ | ベルチェル、古豪に快勝(WBC... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事