DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

高山、まずは愛知県制覇(フライ級)

2019年07月08日 00時45分36秒 | 日本ボクシング

現地時間の数時間前(7日・日曜日)、名古屋工学院専門学校第3体育館で行われた試合結果です。
全日本ボクシング選手権・愛知県選考会・フライ級決勝:
元プロ・世界ミニマム級王者高山 勝成(名古屋産大)判定2対1(30-27x3)藤原 幹也(中央大)

*アマチュアでの世界王座獲得を目指し、プロから転向してきた元世界ミニマム級王者の高山。前日に行われたロペス フェリペ(立命館大)とのアマチュアでのデビュー戦に続き、年齢で一回り下ながらも、アマチュアの実績で上回る藤原との接戦を制し2連勝。また一歩、来年東京で行われるオリンピック出場に向け前進することになりました。

この2日でアマチュアのボクシングの難しさを痛感した高山。次は来月末、岐阜で行われる東海ブロック予選に出場を予定。それを乗り切れれば、11月に鹿児島で行われる全日本選手権に駒を進める事になります。

まだまだ始まったばかりのアマチュアでの戦い。高山の今後の活躍に、大いに注目が集まっていくことになるでしょう。


コメント   この記事についてブログを書く
« 高山勝成、白星発進(フライ級) | トップ | 中々決まらず(色々:07‐09‐19) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本ボクシング」カテゴリの最新記事