DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ロマチェンコ、挑戦者を一蹴(WBA/WBOライト級)

2019年04月14日 03時20分59秒 | 世界ボクシング
現地時間の昨夜(12日・金曜日)、米国・カリフォルニア州で行われた試合結果です。
WBA/WBOライト級戦:
王者ワシル ロマチェンコ(ウクライナ)TKO4回58秒 挑戦者アンソニー クロラ(英)

*試合前の掛け率は「100対1」でロマチェンコの圧倒的有利。その掛け率通りの結果にはなると思っていましたが、英国人はホルヘ リナレス(ベネズエラ/帝拳)と2度の好試合を演じていただけに、もう少し善戦すると予想していました。

蓋を開けてみると、挑戦者はロマチェンコに全く対抗できず。英国外でのビックマッチ出場からの萎縮か、初回、2回と後手後手に回ってしまったクロラ。それに加えて両者のスピードは雲泥の差がありました。


(クロラを全く寄せつけなかったロマチェンコ)

3回、王者が左をクリーンヒットしてからは試合はますます一方的に。その回終了間際にスタンディング・カウントを聞かせたウクライナ人は、4回早々英国人をKO。予想以上の実力差を見せつけ、WBA王座の2度目、WBO王座の初防衛に成功しています。


(顔から崩れ落ちたクロラ。痛そう...)

相変わらずの強さを見せつけたウクライナ人。次戦の対戦者候補として、WBC王者のマイキー ガルシア(米)、WBC1位のルーク キャンベル(英)、WBCスーパーライト級王者ホセ カルロス ラミレス(米)の名前を挙げています。


(帝王ロマチェンコ。次は誰と対戦するのか?) 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 今週末の試合予定 | トップ | 吉野、連続KO防衛更新(日本... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ハンター)
2019-04-17 23:10:24
とりあえずコミーかマイキーと統一戦をやってからSフェザーに戻って伊藤かファーマー辺りからベルトをいただいてからデービスかベルチェルトと統一戦をやってほしい
Unknown (Corleone)
2019-05-02 05:02:02
コメントの返信が遅くなり申し訳ありません。

本当は、マイキーがウェルター級に挑戦するのではなく、ロマと統一戦を行うのが一番だったんですけどね。マイキーはもういいとして、コミーを倒してIBF王座を吸収。現在の王者たちの顔ぶれを見ると、ライト級より、スーパーフェザー級の方が面白い選手が揃っているように思います。単発でいいので、スーパーライト級トーナメントの勝者との試合も見てみたいですね。

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事